« 2006年09月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月31日

黄鐘

2004_010110310001.JPG
ハガキ 10月31日
黄鐘  11月の別称です
明日から11月です。明日は国民文化祭の搬入・展示に立会いにまいります。
オープニングは3日です。会場は宇部市、万倉小学校体育館とその少し上の、
若者センターの2ケ所で開催されます。多くの方にご鑑賞いただければと思っています。会期中はいろんな催しやワークショプが開催されます。
お問い合わせや詳細は、宇部市の楠分局、生涯学習課で教えていただけます。

2006年10月30日

大輪

2004_010110300002.JPG
ハガキ 10月30日
大輪  手を取り合う人が多ければ多いほど大きな輪がつくれますよね。
2004_010110300001.JPG
大輪といえば・・・上の写真、なんだと思います。今日、防府の教室だったんですが、Oさんが「先生、いつも本の発送でたくさんいるでしょうから、持ってきました。」
ありがたく頂戴いたしました。
帰って、娘や妻に「これなーんだ?」
すぐに下の娘が「バウムクーヘン!」
実はこれ、ガムテープ。こんなの見るの初めてデス。
びっくりしたので、紹介します。

2006年10月29日

おどる

2004_010110290001.JPG
ハガキ 10月29日
躍る  おどる  踊る
昨日は大分に行ってまして、更新できませんでした。
『心躍って筆を持つ。心の躍る作品を書きたい。』
昨夜は大分で祝賀会があったのですが、その三次会で、ヒットパレードという店に行きました。名前からしてカラオケルームかなと思ってついていきましたら、オールディーズの生バンドの演奏・そしてお客さんは、みんな踊ってます。踊るような店に行くのは20歳のころは、時々ディスコに行ってたんですが、それ以来25年ぶりかな。照れながらも踊っちゃいました。(といっても少し体を動かす程度)でも、すごく楽しかったです。たまにはいいですね。
国民文化祭も近づいてきました。2年前から推進委員として関わってきました。
ひとつの行事にむかって、長い日数をかけて、またいろんな先生方と接することが出来て、とても勉強になりました。11月3日オープンです。書道展は万倉小学校体育館とそのチョット上の若者センターが会場です。

2006年10月27日

10段変速の自転車

2004_010110270002.JPG
ハガキ 10月27日
人生は10段変速の自転車のようなもの、自分がもっているものの大半は使っていないのです。
今日、勝手口の網戸が半開きのまま直進して、顔面をガーン。
その後、銀行に行って、車をバックさせる際、後ろを見ようとして窓から顔を出そうとしたものの窓ガラスがしまってて思い切りガーン。
何気ない動作はけっこうそのままぶつかると衝撃が大きいです。
帰って愛妻に2回ぶつけた話をしたら『あきさん、脳の使ってないところが多いんじゃないん?』
そうです。自分がもっているものの大半は使ってないのです。うんうん。
いろいろなギヤを使っていこう。

2006年10月26日

すずめうり

2004_010110260001.JPG

2004_010110260002.JPG
ハガキ 10月26日
すずめうり
今日、Nさんが母にと持ってこられました。
実の中に種があって、5月頃蒔くといいそうです。
これが天然の実かと思うほど、とても色が美しく、かわいい(上の写真)
ハガキもかわいく、素朴に書いてみようと思いました。

人尽楽

2004_010110250001.JPG
ハガキ 10月25日
人尽(ことごと)く楽しむ
いま帰りました。酔ってます。みんなが楽しめるっていいですよね。
そんな書道会がいいですよね。
今日の昼にこのハガキを書いたんですが、雅印が・・・・・。
なんと酔った勢いで押したら、・・・・逆さまでした。
あー。まっいいか。ごめんなさい。
おやすみなさい。

2006年10月24日

1024 003.jpg
ハガキ 10月24日の二度目
道 開通褒斜道刻石の臨書  このゆったり感がたまらなくいい。
いまブログひらいてみたら4000突破してましたね。
うれしくってもう一枚書きました。
4000人目の方、ご連絡お待ちしてますよ。

人間らしく

2004_010110240001.JPG
ハガキ 10月24日
人間らしく
男らしく?女らしく?いやいや、人間らしく。
自分自身の嫌な部分もふくめて、人間くさく生きていきたいと思います。
さあ、4000人目目前です。
4000人目の方、何らかの形でご連絡くださいね。
記念の景品を差し上げまーす。

2006年10月22日

心の開放

2004_010110220011.JPG
ハガキ 10月22日
心の開放
今日、錬成会が終わりました。いまから締め切りまでまだまだ時間があり、よい作品を書くためにも、紙に向かう時は心を開放させるのです。
さっきこのハガキを書いて愛妻に見せました。
妻『なんて書いてあるン』
僕『ん?2行目は開放』
妻『わかった!女の開放!』
僕『はあ!アホ、じゃあ俺は何者なんじゃ! あのね、ココロ、心の開放』
妻『ふーん』
僕『それだけかい、どうせ私は詩人じゃありません。』

2006年10月20日

鍛えるぜ

2004_010110200001.JPG
ハガキ 10月20日
精神の足腰鍛えるぜ
精神的にふらつかないようにしっかり鍛えていきたいなあ。
って気持ちで書きました。明日から錬成会。
このハガキをさっき妻に見せたら、じっと見て
『ぷはは、あきさん、詩人になれんね。』
なにー!そんなにおかしいんかい。気持ちの問題じゃ。
詩人になるつもりはさらさらなし。
これからも、くさい言葉に付き合って下さい。

2006年10月19日

MOSQUITO

2004_010110190004.JPG
ハガキ 10月19日
季節はずれのMOSQUITO 小さいながらもたくましい。

今日、事務所でパソコン打ってたら、季節はずれの蚊。こいつがしつこいしつこい。結構格闘しながら、最後はやっつけましたけど、敵ながらあっぱれ。

2006年10月18日

足跡

2004_010110180003.JPG
ハガキ 10月18日
足跡 深く、そして意味のある私の歴史を刻みたい。

見る人の心にずっと残るような作品が書けたらなあと思います。
作品で足跡を残していきたいですね。
ハガキの前にあるのは、玄游会の30周年の記念品のガラスのペーパーウエイトです。底には会長の書で切磋琢磨の琢という字が彫られています。

2006年10月17日

2004_010110170002.JPG
ハガキ 10月17日
時  誰にでも同じ時が降りつむ。無駄な時間なんてないよね。

はがきの前にあるのはちっちゃな狛犬です。
さて、もう何日かすると、訪問者数が4000名に達しそうです。
3000名目のかたには、記念品を差し上げました。(額入り小作品)
4000名の方には記念品は何にしましょうか。4000名丁度の方は、なんらかの方法でお知らせ下さい。

2006年10月16日

風の色

2004_010110160001.JPG
ハガキ 10月16日
風の色
収穫を終えた田圃の畦に立つと風の色もセピアに感じます。

昨日は酔った勢いで更新してしまいました。今日は大丈夫。
ところで風もいろんな色を感じることってありますよね。ちなみにセピアとは、イカ墨って聞いたことがあります。

さあ顔をあげて

2004_010110150001.JPG
ハガキ 10月15日
さあ顔をあげて
ごめんなさい、いままで飲んでました。もう諸事情は許せません。
今帰って(ただいま午前1時10分)思いついたまま書きました。
字も酔ってます。
さあ、顔をあげて。自信をもって頑張っていくぞー、てな感じです。
よっしぁー!!

2006年10月14日

43年前の僕とコラボレーション

2004_010110140001.JPG
2004_010110140002.JPG
ハガキ 10月14日
魚(甲骨文)
僕が2,3才のころ、僕の書いた絵を父がアルバムに丁寧に保管してくれたものがあります。(全部は揃ってなくて現存は5ページくらい)
下の写真は僕が3才になるちょっと前の作品(?)です。
父の書いている解説(すばらしい楷書です)には『原始の魚を思わせる様な単純な線質と構成』とあります。
あれから43年あのころのように純粋に書いてるでしょうか。

2006年10月13日

2004_010110130001.JPG
ハガキ 10月13日
継  継続は力なり
このはな何? 庭の隅に花だけにょきっとでてます。きれいなので一緒に撮りました。
何事も継続は力なりです。
このブログもがんばって継続していきます。
継続できるためにはやっぱり楽しみがないと困難ですよね。書も楽しんでいきましょう。

2006年10月12日

小春

2004_010110120001.JPG
ハガキ 10月12日
小春
女性の名前ではありません。十月の別称です。
ぽわんとしたあたたかな日をイメージしてみました。
今日はとても、うれしいことがありました。高校を卒業してしばらくして、書をやすんでた子が2年ぶりにまたやりたいと来てくれました。すっかり大人になってびっくり。
また、もうひとりその子の同級生なのですが、子供連れで遊びに来てくれました。立派なお母さんになってます。
うれしかったです。

霊機

2004_010110110001.JPG
ハガキ 10月11日
霊機(れいき)自由自在な働き
このハガキも昨日(11日)の昼に宇部教室で書きました。
が、やっぱりいろんな事情が邪魔をして更新できず。今日に至りました。
僕「さすがにいつもいつも諸事情じゃ、通用せんね」
妻「どうせ、あきさんの諸事情はたいした事情じゃないわーね」
僕「・・・・・そのとおりじゃのう」
というわけで諸事情なきよう、はやくお家に帰ります。はい。
今日の分は夜に書いてまた更新しまーす。
ちなみにこのハガキは赤ペンで原稿用紙風に罫線を書いてみました。

2006年10月10日

金木犀の風

2004_010110100001.JPG
ハガキ 10月10日
金木犀の香りを纏った風がわたしを優しく包む十月です
今日の午後、教室に出かけるため、庭を通ったら、先日までまだぜんぜん咲いてなかった金木犀が咲いてました。
横を通ると甘いにおいがします。ああ十月だなあ、と思いました。

2006年10月09日

今日の夕日

2004_010110090003.JPG
ハガキ 10月9日
今日の夕日は特別きれい
今日は玄游書展最終日、表彰式も順調でした。係りの方たいへんご苦労様でした。搬出作業にもたくさんの方が集まっていただき本当に感謝です。
会員おひとりおひとりが会の財産です。
無事全ての片付けも終わり、トラックを走らせました。途中車が西向きになった時、目の前におおきな、とてもうつくしい夕日がありました。
目にしみるような夕日でした。
さあ、明日からまた新しい仕事です。

2006年10月07日

飛び越えろ

2004_010110070005.JPG
ハガキ 10月7日
飛び越えろ
低い壁も高い壁も
今日は玄游書展初日、毎年やってますが、やっぱり失敗というか、細かいことを
うっかり忘れたり、色々あります。我ながら学習能力がないのかなと反省してしまいます。でも飛び越えられるよう頑張りたいと思います。

第32回 玄游書展

2004_010110070006.JPG
150㎝×150㎝
素琴横月短笛吟風
比較的硬めの筆で柔らかい線を出したかったです。
らもん箋を染めたものに書きました。墨が良く入る、にじみのつよい紙です。

2006年10月06日

めいげつ

2004_010110060001.JPG
ハガキ 10月6日
めいげつ 銀に光るお月さま
今日は玄游書展の搬入でした。たくさんの方にお手伝いいただきただただ感謝。
作業をすべて終えて会場から出て空を見上げたら見事な満月。銀色に光ってました。
あすからたくさんの方に来ていただく事を願って今日はやすみます。
そういえば、3000人目の方から連絡あり、後日景品を差し上げます。
(額入りハガキ作品をプレゼントしようかな)
次回は4000人目でーす。

2006年10月05日

明日がある

2004_010110050005.JPG
ハガキ 10月5日
明日がある
我が家の玄関前の門柱の下に、植えたわけでもないのに、綺麗な白い百合が
咲いています。
自然って逞しいですよね。
さあ、明日は玄游書展の搬入です。朝から晩までの作業です。
会員のみなさんのご協力にただただ感謝です。

叶松教室の子ども達

2004_010110050001.JPG
2004_010110050013.JPG
僕の唯一の子どもの教室です。
みんな楽しく練習してます。
真梨絵ちゃん、拓哉くん、龍祐くん、智也くん、慎也くん、茜里ちゃん、亮太くん、
悠郁ちゃん、陽平くん、勇太くん、和佳ちゃん、桃香ちゃん、里紗ちゃん、
愛ちゃん、菜々子ちゃん、健太くん、菜々香ちゃん、今日休みの俊也くん

打てば響く

2004_010110040001.JPG
ハガキ 10月4日
打てば響く
昨夜も諸事情があり更新できず、今朝になりました。
さて、とてもはずかしいことですが、このブログを開設したときにいただいたコメントは気付いたんですが、その後、コンメトの見方がよくわかってなくて、たくさんの方からいただいたコメントに今朝気付いた次第です。ゴメンナサイ。
「打てば響いてないじゃん!」
今度は、見方がわかりましたので、コメントまたください。励みになります。
話は変わりますが、訪問者3000名に達しました。3000人目は誰ですか?
自分だという方は、なんらかの方法でご連絡下さい。気持ちばかりの景品を進呈します。
ということで今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2006年10月03日

なみだ

2004_010110030001.JPG
2004_010110030002.JPG
ハガキ 10月3日
うれしくってながす涙はどんな宝石よりも、煌めいているよ
かなしくってながす涙はどんな海よりも深いよ
僕はこう見えても、けっこう涙もろいんです。
映画や、ドラマや、ドキュメンタリーなんか見てもすぐ涙がでてしまいます。
娘達と一緒にテレビを見てても、ぼろぼろ涙がでます。
恥ずかしいようだけど、まあそれでもいいかなと思ってます。

しあわせ

2004_010110020001.JPG
ハガキ 10月2日
与うるは受くるより幸福なり
昨日の昼間に書きましたが、よくあるパターンで21時に仕事から帰って、ちょっと友人と打ち合わせがあり、24時になったので、今朝更新しました。
いま(9時すぎ)に庭のどこで写真を撮ろうかなと思ってうろうろしてたら、妻が「そこの長い草抜いちょって」
僕「いま写真をと゛こで撮るか考えよるけぇできん」
妻「ねえ、本に書いてあったけど、男の人って、一つの事を考えよったら、他の事は出来んの?」
僕「そのとおり、じゃけぇ、抜かれん」
妻「えー!ほんとなんじゃ」
大笑いされてしまいました。
話はもどりますが、見返りを期待しないで、与えることができる人はすごいですよね。

2006年10月01日

秋風

2004_010110010001.JPG
ハガキ 10月1日
少し冷たくなった風が今宵私の頬をそっと撫でてくれる。
昨日は、毎日書道展九州展の打ち合わせ会議で北九州の毎日新聞社西部本社へ。
九州展では12月2日の土曜日11時より照濤が作品解説いたします。
今日は、西部書作家協会展の審査でまた北九州へ行きました。
夜、外へ出れば、もう風は冷たいですよね。すっかり秋です。
さて、ブログ訪問者のカウンターがもうすぐで3000人になりそうです。
カウンターは右の【カテコ゜リー】の下の【最近のエントリー】の下にでております。
ちょうど3000人目になった方は、ご連絡下さい。
気持ちばかりの粗品を差し上げますよ。

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示