« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月30日

2007_0930200709300010.JPG
ハガキ 9月30日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ココ最近ようやく涼しくなってきたような感じがしますね。
明日から10月。いよいよ衣替えですね。
玄游書展も、もうすぐです。
大勢来て頂くことを願っています。
書の楽しさや、奥深さが少しでも伝わればと思っています。
さてブログも19000人に近くなり20000人も目前です。
20000人突破したら、記念に何か考えます。
しのぶさん、コメントありがとうございます。
空は日々また時間ごとに表情が変わります。外に出たときにちょっと見上げてみたりすると意外な表情が見れる時がありますよ。楽しいです。

2007年09月28日

レースのカーテン

2007_0928200709280016.JPG
ハガキ 9月28日
それはもうまるで レースのカーテンをひいたような 雲だったのです
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は昼から岩国教室。
帰りの玖珂ICまでの間、ふと空をみるとなんとも綺麗な。
飛行機雲がヨコ一直線に伸びて、雲がその下にだけあるのです。
ほんとにレースのカーテンをひいたような。下の写真。
車を停めてすぐに携帯でパシッと。
それをイメージして書いてみましたが、いかが?
空.jpg

2007年09月27日

まつぼっくり

2007_0927200709270015.JPG
ハガキ 9月27日
松ぼっくりがあったとさ 高いお山にあったとさ ころころころころ あったとさ
お猿が拾って たべたとさ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
広田孝夫の詩。昭和11年9月に作曲された童謡です。
誰でも知ってる童謡です。いや意外に知らない子どもも多いかな。
いま流行の歌もいいけど、小さな子が公園などでこういう童謡を口ずさんでいたりすると、
ほっとさせられるのです。
そう感じるボクはもう充分オジンなのだろうね。
いやいや充分オジンです。オジンという言葉も死語かも。
古い気持ちももったオジンでいいよね。うんうん。

2007年09月26日

りんどう

2007_0926200709260013.JPG
ハガキ 9月26日
龍胆(りんどう)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
りんどうをイメージして紫で書きました。
なんとなく竜胆と書きたかったのです。
小筆を全部おろした筆で書きました。
タテ線をスカッとさせたかったのです。
タテ線に対してヨコ線は少し強めのタッチで。
タテの流れが強調できるように。

2007年09月25日

月に願いを

2007_0925200709250012.JPG
ハガキ 9月25日
月に願いを
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
星に願いをするのもいいけど、今日は月に願いを。
今日は稽古も休み。たまってる仕事もぼちぼち片付ける。
ハガキは、いつもは本画仙貼りのものをつかうので墨はよく入ります。
昨日や今日のハガキはまったく墨の入らない、そして表面がすこし凸凹してるものです。
昨日は防府教室で油煙墨を磨って書きました。
今日はちょっといい松煙墨を磨って、筆は6センチくらいの羊毛長鋒です。
ゆっくり運筆します。腕も大きくゆったり動かします。墨がはいりませんので紙の上に乗っかってたまってます。
乾くまで時間はかかりますが、墨溜まりができて、いい味わいがでます。

2007年09月24日

昨日、今日、明日

2007_0924200709240010.JPG
ハガキ 9月24日
昨日 今日 明日 どんな日を過ごしたってどんな日を迎えたってそれが私の歴史となるのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は少しは涼しかったかな。
昨日は、娘達と墓参りへ。墓へ向かう途中、ぽつぽつと雨が降り始める。
二つの墓へ参るんだけど、不思議なことに、両方とも車から降りて、墓へ参る間だけ雨が止むんです。コレも日頃のボクの善行のおかげ?
んなことぁないか。たまたまだね。
今日は朝からまあまあ涼しかったかな。昼前からちょっぴり汗はかきましたけど。
午後から防府教室へ。いい天気でした。
夜の部では、先日の夕焼の話で盛り上がりました。
帰ってから聞いたんだけど、山陽小野田は午後雨が降ってきたらしい。
雨を避けるボクはやっぱり日頃の善行のおかげ?????
んなことぁないね。
ひまわりさん、コメントありがとうございます。お疲れ様でした。パソコンがきたんですね。
おめでとうございます。

2007年09月22日

すんごい夕焼

2007_0922200709220012.JPG
ハガキ 9月22日
光芒(こうぼう)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いやあ一昨日の夕焼はすごかった。神秘的だった。あんな夕焼、見たこと無いです。
夕方、子供の指導が終わって帰宅途中、なんとなく西の空を見たら・・・・・・
な、な、な、なんじゃあれは!って感じで、ビックリってもんじゃなかったです。おもわず携帯で写真を撮ったけど、良く撮れてなくって残念。
でもこの光景を見てない方は残念ですね。
今日の夕刊にも出てたんですけど、光芒という珍しい現象みたいです。
家に帰ったら下の娘がクラブから帰ってきて「ねえねえ、今日の夕焼、すごかったよ。光がネェ、オレンジと水色と交互にパーとのびちょったんじゃけぇ!」
僕「おうおう、すごかったお父さんネェ写真撮ったぞ」
娘「えー。すごい見せて見せて」
写真をみて「・・・・・・?なんかようわからん」
そうなんです。それが下の写真。ほんとにかすかに光が分かる程度。
夕焼3.jpg
でも、みなさんご安心。昨日上の娘の携帯の写真で、「お父さんが言ってたのこれ?」
ってみせてもらったら「おお、これこれ」
友達が送ってくれた写メだそうです。
ってことでちょっと載させていただきました。下の写真です。これなら様子が良くわかるでしょ。
夕焼パート2.jpg

2007年09月20日

月到天心処風来水面時

2007_0920200709190010.JPG
ハガキ 9月19日
月、天心に到る処。風、水面に来る時
(月が空の中心に上がった頃、風が水面を吹き渡る時、自然はその美しい姿を見せる)という意味です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日は、帰宅が遅かったので今朝、更新してます。
一昨日に引き続き月シリーズです。
日中まだまだ暑いですね。昨日も真夏日です。いつになったら過ごしやすくなるのかねぇ。
水面を吹き渡る風が心地よい季節がはやくくるといいね。

2007年09月18日

月と雲

2007_0918200709180016.JPG
ハガキ 9月18日
空の野原のまん中でぱったり出あった月と雲
雲はいそぎでよけられぬ
月もいそぎでとまられぬ
ちょいとごめんと雲のうへ
すましてすたこらお月さん       金子みすずの詩です
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
きょうは沢山の字を書きました。ハガキなのでかなり小さいですよ。
先日宇部教室でいただいたんですけど、古代エジプトのビールを再現したものをさっき飲みました。
うまかった。
さて、疲れたので今日はもうやすみます。

2007年09月17日

一雨潤千山

2007_0917200709170015.JPG
ハガキ 9月17日
一雨(いちう)千山(せんざん)を潤す
ひと雨が千山を潤すという意味です。
文字通りの解釈では、一雨が多くの山を潤すということですが、禅の言葉で、ひとつの法が天下に広まり、衆生(しゅじゅう)を救うという意味らしいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日は月例審査。審査終了後、玄游書展の準備に担当の人達があつまり一仕事。
僕はちょっと見てて、ちょっと手伝って(おまかせしてるので)その後、審査後の月刊誌用の原稿整理と新しく原稿もつくり20時に終わって、ちょっと一杯・・・・・・
今日は朝から西部書作家協会展の審査で北九州へ、審査終了後、小倉の毎日新聞社西部本社で西部毎日書道会の会議。夜に帰りました。
審査の途中、すごい集中豪雨と雷。いやあ、すごかった。
審査会場を出る時は小雨になってましたけど。なもんで湿気もすごかった。
話は変わって先週はほとんど更新できてなくて、心配された方もおられたとか・・・・・
ご心配かけました。ちょっといそがしかったもので。また日々更新していきますよ。

2007年09月15日

面貌

2007_0915200709080010.JPG
ハガキ 9月15日
面貌(めんぼう) 顔つきとか容貌です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長い間、更新をお休みしてました。いろいろ忙しかったんです。ごめんなさい。
これは昨日の防府教室で書きました。でも昨夜も更新できず、今日になってしまいました。
いろいろな経験をまだまだして、いろいろな人にあって、一生懸命勉強して、一生懸命遊んで、いい顔つきをした大人の男になりたいです。
作品もいい顔つき、面構えをしたものを書いていきたいです。
水琴さんコメントありがとうございます。使ってみて下さい。
ひまわりさん、いい作品書いて下さい。生命感あふれるように気持ちを乗せることです。

2007年09月08日

2007_0908200709080003.JPG
ハガキ 9月8日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明日は玄游書展の審査です。大勢集まって投票審査します。
審査後、賞が決まりましたら先週作った台紙に作品を貼っていきます。
台紙の枚数もきっちり計算が出来ています。
台紙をどのように展示していくか、会場係の先生方が計算して準備もバンタン。
審査では別に集計をしていただく方もいます。
審査を手伝ってくれる若手も集まります。
こうやって書展までだんだんと近づいてまいります。
会員の皆さんの惜しみない協力無しには書展は成功しません。
ただただ感謝。そして会員の皆さんが毎週のように仕事に出ていただけるのもそれぞれの
ご家族のご協力とご理解があればこそ。
みなさんに感謝です。
『築』・・・きずくと書きました。

2007年09月07日

雲の連なり

2007_0907200709040001.JPG
ハガキ 9月7日
乳白色した雲の連なりが美しい山なみのよう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・久しぶりの更新です。
今日は宇部と岩国教室。
岩国からの帰り、下松SAで大きな飛行機雲をみました。でもそれは、先日作品に書いたのでパス。
山陽小野田に入ると夕焼が美しかったです。それに照らされるように、乳白色の雲がまるでカキ氷の大盛りのようで、それが横に見事に連なって綺麗でした。白じゃないんです。
乳白色なんです。家に帰って写真を撮ろうと思ってたんですが、帰ったときは感じが変わってました。
仕事が山のように積もってます。通信教育の方へのお手本明日は必ず書いて送ります。
ごめんなさい。
恵月さん、奨励賞おめでとうございました。お身体にも気をつけられながら、楽しみを続けて下さい。コメントありがとうございました。
水琴さん、ご連絡ありがとうございます。またがんばりましょうね。

2007年09月03日

本質

2007_0903200709030003.JPG
ハガキ 9月3日
本質(そのものとして欠くことのできない最も大切な根本の性質・要素)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
作品の本質ってなんだろう。
技術?心?精神性?
技術だけじゃあ、絶対に人は感動しないよね。作者の心が大事だよね。
じゃあ心だけではどう?
心があればどんなに書いても、表現してもいいかっていうと、これもどうだろうね。
感動までにはいかないかもね。
その心を表現する技術力は絶対必要だよね。
それがないと心を伝えることも出来ないんじゃないかなぁ。
でも技術の出し方も難しいよね。
自分の持ってるものを全て出すのがいいか。あえて全て出し切らない場合もあるよね。
むしろ持ってるものをまったく出すまいとして書くこともあるよね。
底に出す力があって、あえて出さない。
そうするとそれも技術だよね。
難しい。心は絶対必要。技術の出し方というか調和が・・・・・・・・・
でもでも、それだけじゃないよなぁ。
それを超越したところのものが絶対ある。うん。
それはなんなのか・・・・・・・・
無の境地?
どうだろう。
それが見えてくるには、僕はまだまだ若いと思う。
でも見えてくるまで、いや、見えてくるように精進していこう。
話は変わって、今朝起きて、裏庭を見ると木がばっさり倒れていた。(下の写真)
昨夜の雷?びっくりした。よくよく見るとどうも根元のあたりが朽ちていた。
2007_0903200709030002.JPG

2007年09月01日

乾坤一擲

2007_0901200709010006.JPG
ハガキ 9月1日
乾坤一擲(けんこんいってき)  運命をかけて、のるかそるかの勝負をすること。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
作品を書く時は、常にこれくらいの気持ちをもって紙に向かっていきたいし、格闘していきたいですね。
きょうから9月、こころなしか風も涼しく感じられます。
明日は玄游書展の学生展の展示のための台紙をつくる作業です。たくさんの方に協力していただきます。感謝感謝です。
その後、学生展の第1次審査です。

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示