« 2009年11月 | メイン | 2010年01月 »

2009年12月31日

ひたすらに

2009_1231200912310018.JPG
ハガキ 12月31日
ひたすらに
昨日は、すごい木枯らしで寒かった。
夜中もごうごうと風の音。目が覚めてみるとうっすらと雪化粧。
今日はただただ年内にやらねばならないことを、ひたすらにやっていくだけです。
今年はいろいろとありました。
昨年末から目の調子が悪くなり、右目はほとんど見えない状態での年越し。
片目だとなかなか遠近感もつかめず、苦労してました。
1月は空港パフォーマンスと玄游会35周年の祝賀会。
着々と準備を進めて楽しみにしていたのに、9日に入院・手術になってしまい、
残念ながらその二つには出席できず、悲しい思いをしました。
2月には退院し、目もばっちり見えるようになって、本当に普通に見えて、普通に書けてということが、どんなに素晴らしいことかというのがよくわかりました。
それまで片目の状態では筆が紙につく瞬間がよくつかめないんですよね。
とにかく書きづらかった。
それからというもの、うれしくてこのブログハガキも出張以外はすべて書いてきました。ひたすらに。
また各地の講習会や錬成会では始めてお会いする会員の方もおられ、あたらしい触れあいもあり、うれしく思いました。
僕自身の今年の新しい試みとしては、7月の大濤書展にて、初日に展示作品をその場で書く、そしてそのサイズは3m×5mで巍という一字を書きました。
多くの方に観ていただき、ありがとうございます。
その模様はカテゴリーの中の動画に入っています。
8月は全国的にご活躍のガラス作家の西川慎先生・池本美和先生から声をかけていただき、書とガラスのコラボレーションをしました。
2日間、来場者の前で制作させていただきました。
リハーサル・打ち合わせを含めとてもたのしく充実感にあふれる時間をいただきました。また書の新しい可能性という面でも大変勉強になりました。
お二人の先生には感謝感謝です。
玄游書展では35回記念展となり、たくさんの出品があり、また作品集も刊行しました。
この書展やヤングセミナー・古典研究会はじめ、いろんな行事では沢山のスタッフに支えられ本当にみなさんに感謝です。
来年ももうすでにびっしりとスケジュールが決まっていて、なかなか休みもない状態ですが、好きな映画を時々観ながらまた頑張っていきたいと思います。
作品的にも更に内面的なものを磨きたいと思っています。
今年一年このブログに付き合ってくださった方々、ありがとうございました。
来年(明日からですが)も更に頑張っていきますのでどうぞまたお付き合いください。
みなさんにとって来年もよい年でありますように。

2009年12月30日

思無邪

2009_1230200912300016.JPG
ハガキ 12月30日
思無邪(邪心がなく純粋な気持ち)
昨日は午前中、空港パフォーマンスのリハーサルで数枚書いてみましたが、
僕は2m×4mに一字で、筆もぶちでっかく、すっごい疲れます。
墨を含むと筆がかなり重く、弾力を保つように線を引くのはすごく力がいるのです。
当日までもっと体力つけておこう。
午後、通信教育の添削や午前中の筆洗い。この筆荒いがまたすごい時間と労力がいるのです。
夜は友人の市議会議員の後援会の集まりです。
半分は中学・高校の同級生で、やっぱり同級生はいいです。
昔ながらの呼び方で仕事のからみもなく、純粋にあのころに戻れる気がします。
たのしいひと時でした。
今日は気になりつつも毎年後回しになってしまう年賀状書きです。
がんばって400枚くらい書きますよ。
来月の総会の準備もしないとなぁ、資料作りがたくさんあります。

2009年12月29日

しばられるな

2009_1229200912290014.JPG
ハガキ 12月29日
しばられるな 自分で自分をしばるな
作品を創作していく上でなんとなく既成概念というか、こんなことやったら笑われるかなとか、おかしいかなとか、らしくないって思われるかなとか考えて、自分の殻をなかなか破れないってことがありますよね。
でも変えようとして、ただ面白おかしくやっただけのものは、やっぱり説得力もなく認められないものもあります。
でもそれを恐れてたらなかなか殻を破れない。
難しいですよね。
ただのヒラメキも時にはいいこともあるけど、やっぱり悩んで苦労して変わっていくんだと思います。
悩んだり苦労したりするのも一生懸命やればこそ生まれてくるものです。
そして今の自分に満足しないからこそ進化して変わっていくんだと思います。
そういう気持ちをもって作品に向かって生きたいと思うのです。
創造と破壊の繰り返しです。
時には自分を壊す勇気も持ちたいものです。
今日は午前中、空港パフォーマンスの打ち合わせと少し書いてみます。
みなさんに書の素晴らしさ、楽しさ、カッコよさを伝えられるよう頑張りたいと思います。
パフォーマンスは1月16日(土) 山口宇部空港2Fロビーにて。書き始めるのは16時30分です。ぜひ観てください。
またお知らせで告知します。

2009年12月28日

凛厳

2009_1228200912280014.JPG
ハガキ 12月28日
凛厳(けわしく、きびしい)
自分に対して凛とした厳しさを持っていたいといつも思ってるんだけど。
いつも挫けてます。
仕事でもそうです。会の仕事や公のものはもちろん、きちんとやっていきますが、自分のこととなれば、優先順位をつけて、まだまだと思ってるものはずるずると後になっていきます。
その辺がだらしないというか、厳しさを持ってないというか、最後の最後で、まぁいいか明日がある、なんて思ってしまうところがあるんだよね。
今日しといたほうがいいものは絶対今日中に、なんて気持ちのほうが弱いんだよね。
この歳になっても、まだそんなんですから。困ったものです。
こういうDNAは娘たちにも引き継がれているようで、なかなか僕としても自分を見ているようで強くはいえないのです。
まずは自分から改革していかんにゃあね。

2009年12月27日

今日も

2009_1227200912270014.JPG
ハガキ 12月27日
嫌なところがあったほうが人間臭くていいなんて自分を納得させながら
今日も暮れていく
ずーと前、何かを書こうとして書き損じたんだろうけど。紫色で何か書いてある
ハガキがでてきたのでそれに書きました。
寝る前にいろいろと考えるときがあります。
今日一日を省みて嫌なところがあったなぁとか、客観的にみたら俺って嫌な奴じゃなぁとか思うときがあるんですよ。
でもまぁ最終的にはいつも、そんなとこがあってもいいじゃん人間なんじゃけぇ
なんて納得(相田みつをさんの『人間だもの』じゃないけど)させながら寝てしまうのです。
さて、一月の空港のパフォーマンスのBGMを何にしようか昨日もいろいろ曲を聴いてみたけどこれっていうのがまだ決まらず。
結構この選曲って大事なんですよ。見た目から入るところがまた嫌なところじゃけどね。
曲が自分の書こうとする作品とイメージがピタッと合うと、やっぱり気持ちよく書けるんですよ。
それが合わなかったらリズムに乗れないですね。
今日もいろいろ聴いてみよう。もちろん聴きながら他の仕事はちゃんとしてますよ。

2009年12月26日

2009_1226200912260014.JPG
ハガキ 12月26日
懐(ふところ)
でっかく、深く、そんなふところを持ちたいものです。
きのうは『アバター』観ましたよ。
もう無茶苦茶面白いです。スゴイ映画です。
3Dも素晴らしいです。森の映像なんてすごく美しいです。
ストーリーも良かった。
内容は・・・・・・・
言わないほうがいいね。
絶対オススメです。

2009年12月25日

2009_1225200912250014.JPG
ハガキ 12月25日

今日はイメージできる言葉もなく、舞をデザイン的に書いてみました。
今日で年内の稽古は終了です。
今日は岩国に行きますが、帰ったら家族で『アバター』のレイトショーを観に行きます。3Dなんで楽しみです。

2009年12月24日

清心

2009_1224200912240016.JPG
ハガキ 12月24日
心を清くす(心を潔白にする)
昨日は宇部教室だったんだけど、年末だし、祝日だしであまり生徒さんは来られませんでした、夜暇だったので5年前の第30回玄游書展の作品集をみてました。
僕はその当時、浅田次郎の『壬生義士伝』を読んで感動し、映画『壬生義士伝』を観て感動しだったので、その主人公の吉村貫一郎のことばを書いたのです。
見てたら無性にまた『壬生義士伝』を観たくなって、帰りにすぐレンタルして帰りました。
よかったなぁ。
涙なくしては観られません。いい映画です。
吉村貫一郎は盛岡藩の下級武士です。しかし文武両道で藩の子供たちに剣術や学問を教えています。
貧しく飯もろくに食えず、とうとう奥さんが口減らしのために入水自殺をしようとします。貫一郎はそれを見つけてとめるのですが、「俺のあるじはお前たちだ、お前たちは俺が絶対守る」といってとうとう脱藩を決意し、京へ行って、新撰組に入るのです。
その中で藩の子供たちに「盛岡の桜は石ば割って咲ぐ、盛岡の辛夷は北さ向いても咲ぐのす。んだばおぬしらもぬくぬくと春ば来るのを待つではねぞ。春に先駆け世にも人にも先駆けて、あっぱれな花こば咲かせてみろ」と諭すシーンがあります。
その言葉を書きました。
観てない方、オススメです。
観終わったら24時半。「チップ、寝るぞ」って言ってチップと寝室へ。
まずチップを寝室へ入れて、僕はトイレへ。
帰ってくるとチップはもう先に布団の中へもぐりこんでいます。
いつも僕の布団にはレンジでチンする、湯たんぽのようなものを妻が入れてくれてるんですが、チップもちゃんとそれを知ってて、布団の中でそれをしっかり抱いて寝てます。「お前、取るなやー」って言いながら、おっさんが犬からむしり取る
深夜の寂しい図。
2009_1224200912240017.JPG
その時の作品です。150cm×150cm
素朴なんだけど芯の強さを出したくて中国の北魏の時代の線のスタイルをイメージして書いてみました。

2009年12月23日

足ぶみ

2009_1223200912230015.JPG
ハガキ 12月23日
ひとりで青空みてゐたら ひとりで足ぶみしましたよ
ひとりで足ぶみしてゐたら ひとりで笑へて来ましたよ
(金子みすず『足ぶみ』より)
来年のお知らせです。
1月16日 16時ころから
山口宇部空港2階ロビーで大作書きます。
2m×4mです。
今年は急遽出演できませんでしたので楽しみです。
僕のほかに、長岡祥鳳さん・田村毅童くんが書きます。
僕は1字を書こうと思っています。
また詳しくはお知らせに書き込みます。

2009年12月22日

明日へ

2009_1222200912220014.JPG
ハガキ 12月22日
明日へ
昨日は防府教室。
帰りに観ました『2012』。
レイトショーで21時30からで終わったのが24時10分。
あっという間の160分です。無茶苦茶スゴイです。
マヤ文明の予言、2012年12月21日に世界は滅亡するというのが題材です。
惑星直列によって起こる地殻変動で、大地震・大津波で世界が終焉を迎えるというものです。
映像とストーリー展開がすごいです。
最終的には現代版「ノアの方舟」とでもいいましょうか。
スケールの大きい内容でした。
そして人間の家族愛・友情・また人間の身勝手さもよく描かれています。
観た後は、家族への愛情と明日への希望は失うまいと思うのでした。
家に帰ると25時半ちかく。
風呂に入ってすぐ寝ましたが。
朝、妻が起しにきて(あっうちは別寝ですので、別に仲が悪いわけじゃありませんので、寝る時間帯が違うので別寝にしてるのです)
(ちなみに起すときには布団をいきなり剥ぎ取るように言ってあります。一発で目が覚めます。すこし腹は立ちますけど)
僕、昨日の映画の感想を言おうとしてまだ布団の中から「あのさぁー『2012』(にいまるいちにい)ってさぁー」
すかさず妻「にいまる いちにさんって誰よ」
僕「・・・・・・」
わけのわからん会話から今日も一日始まります。
さぁ明日への希望をもって今日もガンバロっ!

2009年12月21日

眞楽

2009_1221200912210022.JPG
ハガキ 12月21日
眞楽(まことのたのしみ)
昨日は午後少し娘たちのショッピングに付き合って、夕食を食べて帰りました。
チップにもクリスマスプレゼントということで、服を初めて買ってみました。
はじめは雨の日の散歩のためのレインコートがいいかなと思って見てたけど、
なかなかピンとこなくて、じゃあ普段着にしようということで選んでみました。
いろいろあるんですね。
着ぐるみもありました。アライグマとかトラとかパンダとか。
犬を別の動物に変身させてどうするん?
フードがついてるのもあったけど、チップはたぶん嫌がるだろうなと思って、
ごく普通の(ごく普通って?動物に服を着せること自体普通じゃないし)チェック柄のシャツにしました。
あんなちっちゃい服が以外に高いんだよなぁ。
さっそく帰ってから着せてみると、まぁーよく似合うこと。
娘たちは「見て見て、奇跡的なかわいさじゃしー!」
チップも嫌がりもせず、気に入っているようです(と思ってるのはこっちだけ)
チップにしてみたらいい迷惑かもしれないけど、でも暖かそうにしてます。
こういうのも親バカっていうんだろうな。
2009_1221200912210020.JPG
ぼく、可愛い?

2009年12月20日

生也

2009_1220200912200019.JPG
ハガキ 12月20日
生也(しょうや・死中に活を得る心)
昨日は作品書いてました。書いてるとね、こんな気持ちになることあるんですよ。
なかなかうまくいかず、イメージとかけ離れていく。
用具を変えてみたり、墨を変えてみたり、書きぶりをかえてみたり・・・・
でもなかなかうまくいかない、イメージと違う。
そんな時ふと、あれっ?って思うことあるんですよ。
ふっと、んっこれでいけるんじゃない?
なんてね。
それはね、気持ちなんですよ。
制作していってるとね、自分で気づかないうちに気持ちがどんどん萎縮していってるんですね。
っていうか迷路の中に入り込んでいくって言うか。
もーどうにもならんって時に気持ちが自然に切り替わるときがあるんですよ。
スイッチが入るって言うかね。
そうなると作品ががらっと変わるんですよ。
はじめからそうなることはあまりないけどね。

2009年12月19日

七凹八凸

2009_1219200912190018.JPG
ハガキ 12月19日
七凹八凸(しちおうはっとつ・自在自在の用い処を形容した語)
相変わらず寒いね。
今日、明日は久しぶりに休みが取れます。
休みといっても、自分の仕事はあるわけで、作品も書かなけりゃいけません。
構想も練れてイメージは出来てきたので、さぁそれがうまく表現できるかどうかです。
自分のイメージにあわせて、筆も選別し墨の濃度も考え、リズム・タッチ・速度などなどを考えていくのです。
当然イメージどおりに行かないときもあるわけで、
そんなときは何かを変えてみる。
用具を変えてみることもあるし、書きぶりを変えてみることもある。
そしてそこであたらしい発見をすることもあるのです。
もうこれだって固まった考えじゃなく頭を柔軟に持っていたいと思うのです。
あしたは家族サービスでもしようかな。

2009年12月18日

雪花に先んず

2009_1218200912180013.JPG
ハガキ 12月18日
雪、花に先んず(春の花より早く雪が花のように美しく降る)
雪が少ーしだけ降りましたね。
昨夜、寝てても窓がガタガタと風が強くてうるさいうるさい。
音だけでもぶち寒そうです。
今朝起きて庭を見ると躑躅(つつじ)の頭に白いパウダーをかけたように
わずかに雪が降ってます。
娘も学校に行く準備をしながら「ぶち寒いしー!」
チップも最近は僕の布団に入ってきて暖かく朝まで寝ています。
寒かったらね、僕の布団に来て肩をトントンたたくんですよ。ちょっと開けてやるとすーと中に入って朝までぐっすりです。
僕も湯たんぽがわりに丁度いいんです。
2009_1218200912180014.JPG
庭のつつじです。パウダーをかけたよう。
2009_1218200912180017.JPG
こんな日はまだまだ布団で寝ていたいチップです

2009年12月17日

冬の夜空

2009_1217200912170014.JPG
ハガキ 12月17日
冬の夜空は寒々として星の瞬きも冷たく感じるのです。
まぁー昨日は寒かったぁー。
宇部教室だったんだけど、まあ外に出ることもないだろうと、防寒着も着ず、
ふつうにジャケットで出かけたんだけど、夕方ちょっと郵便局に歩いていくのに、
まぁー寒いわ寒いわ。血管がキューとなってぶち切れそうでした。
さて、昨日と今日は創玄展の作品の鑑別です。
これで作品を決定して年内に整理して、年が明けて東京に送るのです。
みんな一生懸命書いてます。生命感にあふれています。
今日も昼からと夜に鑑別します。
みんなそれぞれ作風が違います。それぞれにタッチやスピード、リズムが違うのです。当たり前の事だけど、とても大切なことなんです。
外は極寒でも、作品を見るとわくわくしてホットになってきますよ。

2009年12月16日

2009_1216200912160013.JPG
ハガキ 12月16日
並  ならんでたっていたいのです あなたと
真ん中は並という字です。
まるでペンギンが並んで立っているような感じになっちゃいましたね。
今年も残すところあと2週間です。
1年経つのは早いよなぁ。
年取ってきた証拠だなぁ。
みなさんは今年一年はどうでしたか。
僕はといえば,書けることのよろこび楽しみを再認識した年でした。
なので2月からはこのブログもほとんど毎日書いています。
これからも時には悩み苦しみもがきながらも芯は楽しみながら書いていきたいと願っています。

2009年12月15日

こころは

2009_1215200912150010.JPG
ハガキ 12月15日
曠心江海を将って斎しく送り、宏量宇宙と同じく寛うす。
(心は極めて大きく大川や大海のようにひとしくしなければならないし、度量も
また広く宇宙のように寛大にする)
いい言葉です。
できるだけこれに近づきたいと思います。
まだまだ度量はぶちちっちゃいです。
心の器を大きくせんにゃあね。
ここ最近あまりウォーキングができていません。
朝ついつい時間を逃してしまい、まあええや、昼にでも歩こうなんて思いながら
仕事を始めると、時間がないのを理由に歩かないままです。
これじゃあいけん。自分にたいしてゆるゆるです。
器もなにもないもんじゃん。気を引き締めなおそう。

2009年12月14日

煌めく

2009_1214200912140010.JPG
ハガキ 12月14日
煌めく 浪浪浪浪浪浪浪浪浪浪浪
昨日は曇り空で海はなんとなくどんよりしてた感じ。
月例審査は検定の課題が発表されてると、どうしても競書の出品が少し減ってきますね。検定に懸けて勉強していくのでしかたのないことかも。
一般部においては個性のある作品が結構ありますね。
その人にしかない線やリズムがあるのです。その人にしか引けない線があるのです。
そういう作品が増えてきたことはとてもいいことです。
いろいろ冒険してみることも大切です。
自分がやっていることが、はたしてちゃんとした道なのかどうか、それを試すために競書に出品してみるということもいいでしょう。
単なる我流でしかないものはそのように評価されるかもしれませんしね。
どんどん挑戦してみるべきです。
夜は執行部会。
今年度の決算、来年度の予算の検討。
また来年度からの更なる飛躍をめざしどのように活動していけばいいかなど
話し合いました。
帰ってから録画しておいてもらったマイケル・ジャクソンのツアーを少し見ました。
Billie Jeanのダンスなんて圧巻ですよね。素晴らしい。
ひそかにムーンウォークを真似てみようとする僕でした。

2009年12月13日

深くさぐれ

2009_1213200912130012.JPG
ハガキ 12月13日
深くさぐれ 広く知れ
今日は朝から月例審査です。
今日の会場は海の前のきらら交流館です。
窓からすぐ前がビーチでとても気持ちのいい会場です。
そして今日はWOWOWで「マイケルジャクソンHistoryツアー・イン・ミュンヘン1997」があります。
録画しなきゃね。
ってことで妻に予約録画を頼みました。
自分では予約できないんです。やり方がわかんないんです。はい。
ぜんぜん広く知ってないじゃん。
では、行ってきます。

2009年12月12日

今日を抱いて

2009_1212200912120011.JPG
ハガキ 12月12日
今日を抱いて眠ろう そしてあたらしい明日を迎えよう
またへんな夢を見ました。
審査会か講習会か行ってるんですけど、見たこともない会場。
広ーい体育館のようなところへ行くと、なにやら業者さんのような方々が5-6人
おられます。
そしてそこには、見たこともないような乗り物が。
バイクをもう少し長くしたような感じで、かなり車高が低いです。
「先生、新しいバイクが完成しました。是非試乗してみてください。」
「ふーん」ってな感じで、まぁ乗ってみようかなと。
バイクのように座るのではなく、かなり前につんのめった格好で、ほとんどうつ伏せ状態です。
スイッチを入れます。動きません。
業者さん「あれっバッテリー充電してなかった?」
そうです。電気で動くんです。
何度かカチャカチャしてるとゆっくり動き始めました。
会場にいるほかの方たち「おーーーーー」
結構スピードも出てきて、スムーズに動いています。
会場をグルグルと回っています。でも体勢は結構キツイ。
電動なんでものすごく静かです。
すると業者さんが「先生、先生!そのハンドルの真ん中にレバーがあるでしょ」
「それをね、ゆっくり手前に引いていってください。」
言われるとおりにします。
すると車体がだんだん浮いてきます。
「うぉー、う・う・う・浮かんできたーーーーーーー!」
さらにレバーをぐっと引くと、もっと高く上昇します。
天井すれすれまで行ってます。
むちゃくちゃ気持ち良いです。あれ夢で飛ぶのって、すんごい気持ち良いですよね。
結構な時間、空中遊泳を楽しみました。体勢がきついのがいまいちでしたが。
業者さん「先生、いいでしょ。これ今予約取ってるんですよ。来年売り出します。
50万円です。」
僕「買う買う、ぜったい買う。予約お願いします!」
まんまとはまってます。
業者さん「それ商品名はエアロバイクって言うんですよ。」
なんのこっちゃ。そこで妻が起しに来たので、おしまいです。
でも気持ちよかったなぁ。
こんな夢見てるんだから、のうてんきだよなぁ。
さぁて、今日の仕事は明日の月例審査の準備と来年度の計画もろもろを更に練っていくために明日行う執行部会の準備です。

2009年12月11日

黒の複雑

2009_1211200912110010.JPG
ハガキ 12月11日
黒の複雑
墨の色はほんとうに難しい
そして、墨の色はほんとうに楽しい。
そしてそして、墨の色はほんとうに深くて、複雑で、無限なのです。
黒と一口に言っても、ほんとうに無限の色がそこには存在するのです。
楽しいですね。
また同じ墨でも、紙質やタッチによっても全然違ってきます。
あーこれで墨色がわかったぁ。なんてことは絶対ありません。
だからずーと勉強できるのです。

2009年12月10日

2009_1210200912100012.JPG
ハガキ 12月10日
魁(さきがけ・物事のはじめとなること)
辞書をぱっと開いて目に付いた字を書きました。
今日は特別何も書くことがありません。
ただ雨が降るだけ。

2009年12月09日

IMAGINE

2009_1209200912090011.JPG
ハガキ 12月9日
IMAGINE
Imagine all the people Living for today・・・・
想像してごらん すべての人が現在ここに生きていること。
昨日はジョン・レノンの命日です。
1980年12月8日に凶弾に倒れました。
世界中で悲しい出来事があるとよくこの曲が映像とともに使われたりします。
それだけ静かなこの曲の中にこめられているメッセージ性が強いのがよくわかります。
テロや戦争、国と国、人と人との争いが絶えません。
戦争をしている国ではこの曲はタブーだそうです。
また宗教間の争いもそうです。
この曲に書かれている当たり前のこと、想像してみましょうよ。

2009年12月08日

師走

2009_1208200912080010.JPG
ハガキ 12月8日
師走 紅葉を纏った桜も今はまるはだか じっと厳しい冬を耐え
あの春の芽吹きを待つのです
昨日の防府教室、いつものように斜め前の公園に行ってみる。
2週間前はまだ赤々と紅葉を纏っていた桜の樹もまったく葉っぱが残っていません。
寒さが余計身にしみます。

2009年12月07日

あの空へ

2009_1207200912070035.JPG
ハガキ 12月7日
あの空へ舞いあがる
先週一週間は出張があったりとかで教室休みにしてたけど、
今日からまた再開です。
みなさん検定を書いたり、創玄展を書いたり、競書を書いたりと忙しいのです。
でもまぁいろいろと書くものが多いから上達もしていくのです。
まぁ自分のペースを崩さずやっていけばいいのです。

2009年12月06日

心酔

2009_1206200912060037.JPG
ハガキ 12月6日
心酔(夢中になってふけること)
今日は宇部玄游の勉強会。
主に検定の作品を書きます。
当然、審査があり、昇段できない方も大勢います。
良い作品を描くには夢中になって紙に向かうのです。
行きは妻に送ってもらい、帰りはウォーキングがてら歩いて帰ります。
約40分のウォーキングです。
途中の歩道でちょっとよそ見してたら、ほんの少しの段差につまづいて、
オーットットットッ・・・・・
ってなことで、こらえきれず前につんのめり、でも手をつきそうになったときに、
見事な回転レシーブ(自分ではそのつもり)。
ごろんと一回転した後、何事もなかったように立ち上がり、また歩き始めます。
車が沢山走ってましたが、さぞかし皆笑ったはずです。
50近いおっさんが突然歩道でごろんと回転すれば、絶対笑っちゃいます。
2009_1206200912060036.JPG
勉強会風景です。

2009年12月05日

渾然一体

2009_1205200912050036.JPG
ハガキ 12月5日
渾然一体(すべてがとけあって差別のないさま)
さっき朝のテレビ番組見てましたら、番組の最後に星座占いをするんですが、
うお座(僕の星座)の全体運は最高でしたね。
特に映画を観るのがいいそうなんですが。
うーん残念。
今日は観にいけません。
今日の夜は照濤書道会の忘年会です。
まあ、最近はあまりお酒も飲みませんから大丈夫だけど、明日は宇部玄游会の
勉強会があります。

2009年12月04日

2009_1204200912040035.JPG
ハガキ 12月4日

今日福岡から帰ってきました。
昨日の解説にもたくさん来ていただきました。
作品制作の心情や鑑賞についても話をさせていただきました。
解説後も何人かの方から声をかけていただき、いろいろ話をさせていただきました。
いい時間が過ごせたと思います。
午後は夕方近くから天神の硯山さんへ遊びに行きまして、筆を2本と中国の古い民家の窓枠を2点買いました。
この窓枠を額として使うのです。値段もね、結構するものなんですよ。
こういうものはまた制作意欲が湧くものです。
17時の閉館後、後期展のために、作品の掛け替えです。
20時30分くらいまでかかったかな。
その後、井之上南岳実行委員長、毎日新聞社事業部の方、日美さんと食事。
そして、よく寝ました。今朝はゆっくり起きて(9時起床だったなぁ)お昼に帰ってきましたよ。昼からはたまっている仕事です。
ちょっと留守にすると仕事がたまっているのです。
最近は出張続きでウォーキングも出来てないので、明日からまた再開です。
2009_1204200912040030.JPG
真面目に解説してますよ。

2009年12月03日

自然

2009_1203200912030020.JPG
ハガキ 12月3日
自然
いまから福岡へ向かいます。
11時から毎日書道展九州展の作品解説です。
自然体で解説しようと思っています。
17時からは後期展の準備のため、掛け替え作業をします。
そのまま宿泊して明日帰ります。
ではでは。
京都在住Nさんコメントありがとうございます。
これからも見てくださいね。

2009年12月02日

些些

2009_1202200912020019.JPG
ハガキ 12月2日
些些(ささ)ほんのわずかなさま
辞書をパラッとめくって出てきた言葉です。
響きがなんとなくよくて書きました。
ほんのわずかに書いてみました。(つもりです)
素朴に素朴にと思って書くのは難しいですね。
そう思いながら書いているうちは素朴になりません。
なかなか無心になれないものです。
今日は朝から月刊誌の発送作業です。
教室は休みにしてますので、たまった事務処理も済ませます。
さっさとやっちゃおう。

2009年12月01日

昨非今是

2009_1201200912010018.JPG
ハガキ 昨非今是(さくひこんぜ)
境遇などが一変して、きのうよくないと思ったことが、今日はよいと思われること。
先ほど福岡から帰ってきました。
毎日書道展オープニング・祝賀会、大盛況でした。
3日(木)の11時から僕が作品解説します。
よかったら来て下さいね。福岡市美術館です。
みんな良い作品を書いてます。でも明日はもっといい作品を・・・・・
そんな願いをこめて。
2009_1201200912010001.JPG
オープニングでのテープカット
2009_1201200912010004.JPG
大楽華雪先生・石飛博光先生による作品解説。
井之上南岳実行委員長が紹介されます。
2009_1201200912010016.JPG
祝賀会でのひとコマ。
受賞者の顕彰後、左より田村毅童くん(佳作)・内田杏苑さん(秀作)・藤本芳霞さん(佳作)・長岡祥鳳さん(佳作)
2009_1201200912010017.JPG
祝賀会の抽選で鈴川臥流さんに大楽華雪先生揮毫の色紙が当たりました。
ご満悦の顔。
僕も2枚の色紙を提供させていただきました。当たった方、喜んでいただけるといいのだけれど。

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示