« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月31日

CIMG1215

ハガキ 10月31日

団結の団

団体の団

行事を行うたびに感謝するのが、この団結力。

これが会を支えているのです。

そしてその団結 力を支えるのが、信頼関係だと思うのです。

会員のみなさんの信頼を裏切ることのないよう、またもっと増すように

もっともっといろんな意味で勉強しなければと思うのです。

どうぞよろしくお願いします。

チップ

チップ2

ごめんなさい。

親バカです。

帰ったらきのうカットしたチップがお出迎えー。

今日買ったあたらしい服を着て。

おもわずシャッターを押してしまいました。

なのでみなさんにお披露目します。

ほんとにごめんなさい。

親バカです。

秋季研究会

会場

30,31日の2日間、秋季研究会でした。

会場は宇部市のココランド山口。

たった今帰宅しました。

充実した2日間だったと思います。

みなさんがんばって、いい作品を書かれていましたよ。

日ごろの競書りの勉強、創玄展の作品制作とさまざま、

参加者もベテランから初心者まで、そして学生さんまで、幅広い年代層があつまり総勢72名。

初参加の方も数名おられ、とても嬉しいことです。

この輪がもっと広がっていくことを願っています。

体育館

この体育館が会場となります。

会場風景

熱気にあふれてきますね。

 

聞き逃さず

講師は書道研究玄游会名誉会長の桂雪、そして照濤。

みんな熱心に聞き逃さないように聞いています。

かなり貴重な話が聞けるのです。

これは研究会に参加しなければ聞けないのですよー。

2日目の今日、杖をついたおじいさんが会場に乱入?いやいや、ふらーと入ってこられて、会場をゆっくりと一巡。

うなづきながらゆっくり歩かれ、ひとこと

「うーん、天地を揺るがすのぅ」

と言われたとか。

うれしいお言葉です。

鑑別

最後にアドバイスを含めて作品選別をし、終了します。

みなさんお疲れさまでした。

2010年10月28日

秋物感人

CIMG1195

ハガキ 10月28日

秋物(しゅうぶつ)人を感ず。

(秋の景物が人の心をうごかして悲します)

うーん秋となればもの悲しい感じになるのですね。

僕は全然そんなこと思いませんけど。

でも寒くなるのが急すぎますよねぇ。

秋を感じる間もなくもう冬かよっ。って感じですよね。

木枯らし1号ももう吹いたとか。

あれだけ酷暑の続いた夏からいきなり冬です。

もの悲しいというより腹が立つくらい。

今朝はもうじき山口へ。

2カ月ぶりの目の検診です。

検診ではね瞳孔を開きますんで、検診後数時間は眩しいです。

帰ったらたっぷりの原稿書きが残ってるのになぁ。

まぁしょうがないなぁ。

しかし、原稿書き大分進みましたよ。もうちょっとです。

頑張ってます。

あきおさん、コメントありがとうございます。

これからもブログよろしくお付き合いくださいませ。

2010年10月27日

出逢いは奇跡

CIMG1194

ハガキ 10月27日

寒いねー。

急に寒くなったねー。

昨日なんか、宇部教室も本部教室も暖房つけてしまいました。

急に変わりすぎるって。

朝のウォーキングも寒い。

まあそのうち慣れるだろうけど。

寒くなるのはいいんだけど、僕は手が冷えるのでそれがいやなんです。

この時期からいつも手が冷たいのです。

昔はぽかぽかしてたんだけどなぁ。

今朝ハガキを書いて数枚失敗したら本画仙ハガキがきれちゃって

いろいろ探したら平成10年の年賀状の余りが数枚出てきましたので、それに書きました。

2010年10月26日

色即是空空即是色

 CIMG1193

ハガキ 10月26日

色即是空空即是色

形あるものはすなわち何も無いのであり、何も無い状態はすなわち形あるものである。

あれからポニーテール、すっかり元気になりました。

CIMG1191

葉っぱも伸びてきましたねぇ。

2010年10月25日

万華鏡のよう

CIMG1190

ハガキ 10月25日

万華鏡のよう

自分が動かなければ景色は変わりません。

そして思いもよらない景色が出てくることもあります。

昨日は京都から家に帰りついたのは22時くらい。

新山口まで娘の運転で家族が迎えに来てくれていた。

心地よい疲れです。

さっそくブログの更新をして、録画を頼んでおいた『龍馬伝』を見て布団へ。

いままでの人生の中で大河ドラマを一回も欠かさず見続けているのは初めてです。

最近寝る時は、湊かなえさんの『往復書簡』を数ページずつ読んで寝てましたが、昨日読み終わりました。

面白かったです。手紙だけで構成された小説、思いもよらない展開。

昼間は空き時間にちょっと高校の教科書『日本史』を読んでます。

なぜかちゃんと教科書を読みたくなって取り寄せて読んでます。

なかなか面白いです。

本といえば先日会員さんからいただいた絵本『大きな木』(シルヴァスタイン著、村上春樹さん訳)と詩集『くじけないで』(柴田トヨさん著)

これも良かったですね。胸にじんときました。

さぁてと今日から一週間原稿書きの追い込みです。

月末までに仕上げないといけないのが沢山あって、まだ少ししか進んでなくて・・・・

ちょっときつい一週間になりそうです。

まぁやるこたぁやるけどね。

あきおさんコメントありがとうございます。

宏達(こうたつ)という言葉がありまして、僕が考えた言葉ではありません。

心広く物事の理に通達するという意味です。

2010年10月24日

京都研究会

 CIMG1186

京都研究会から帰ってきました。

会場は綾部市里山ネットです。

もと小学校です。

約30名の参加で、遠くは大阪・三重・滋賀、そして舞鶴・福知山、地元の綾部市からの参加です。

輪が広がっているのがとても嬉しく思います。

充実した2日間だったと思います。

CIMG1189

CIMG1188

書作風景。熱気にあふれています。

夜は寒くなってさすがにストーブつけてましたね。

CIMG1184

もと小学校なんでね、会場の体育館に向かう渡り廊下。

なかなか味がありますねぇ。

CIMG1185

「ショウトウセンセーイ、朝ご飯でーす」

呼んでもらってます。

また来年の春にみなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

2010年10月23日

行ってきまぁす

さぁいまから京都行ってきます。

帰るのは明日の22時くらいかな。

京都の研究会です。

みなさんいい作品が書けますように頑張ってきます。

今日はハガキが書けませんでした。

2010年10月22日

遥か遠く

CIMG1179

ハガキ 10月22日

遥か遠く

明日から京都です。

それまでにはまだやっとかないといけないこともあるわけで・・・・

いやいや、あえての余裕です。

今日は宇部・岩国コースです。

2010年10月21日

終点のない道

CIMG1178

ハガキ 10月21日

終点のない道

僕たちは終わりのない道を歩いています。

それは先が見えないということじゃなく、いくら勉強しても

まだまだ先には勉強しなきゃならないことがあるんです。

作風にしたって留まってちゃだめだと思っています。

しかし、無理に変えようとするんじゃ駄目だと思っています。

勉強していく中で、精進・修行していくなかで思想的なことや

求めるものが自然に変わっていったときに、それも自然にに変わっていかなきゃと思っています。

とにかく終わりない道を、先を見つめながら歩いていきたいですね。

さて、本会の勝木紅香さんがブログをはじめられましたので、リンクしました。

ご覧になってみてください。

2010年10月20日

CIMG1176

ハガキ 10月20日

つねに動いています。流動しています。

先日の娘の話

高校生の娘の携帯はフィルタリングサービスっての、悪害サイトにアクセスできないようにブロックしてあるんですけど、

ある日、娘が「お父さんのブログを携帯で見ようとしたけど見れんじゃったよ」

なんじゃそれ。

僕のブログは悪害サイトなんですかねー。

2010年10月19日

あえての余裕

CIMG1175

ハガキ 10月19日

あえての余裕

今日は朝、市役所に市長を訪れ、厚狭地区水害への義援金を届けました。

書展前の準備や審査会での募金、会期中での募金。

全部で62,440円でした。

ご協力いただいた皆様にこころより感謝申し上げます。

いろいろ忙しくしてるとねぇ、あえての余裕をぶちかますのです。

いかにも余裕ですって顔だけでもね。

いまこれ書いて妻に「ほれっ」って見せたら

「あのねぇ、なんでも書きゃええっちゅうもんじゃないじゃろー」

ってか。

あえての余裕です。

さぁて教室に出かけよう。

2010年10月18日

コラボ作品

CIMG1172

西川慎先生、池本美和先生とのコラボ作品を我が家の玄関に飾りました。

上に掛けてあるのは制作前の予想図というか、絵コンテのようなものです。

これも作品です。

絵は西川先生。書は照濤。

CIMG1173

花知鳥鳥待花、山是山水是水

CIMG1174

さすがに絵も上手い!

CIMG1170

ハガキ 10月18日

昨日は月例審査でした。

書の命は線だと思っています。

その線が生きていないと、いくらいい形を書いても、いくら構成を考えても、その作品に説得力がないとおもっています。

では生きた線。

どういうこと?

これがやっかいなのです。

答えはこれだって、明確に言葉として表現できない部分があります。

生きた線の中には

躍動的なもの、静かなもの、弾むもの、沈むもの、軽快なもの、弾力的なもの・・・・

さまざまあります。

これは技術的なものから生まれるものです。

ただその線を引くときに気力というか、そういうものが萎えた線は、どこか説得力がないものに感じると思います。

気力をこめ、どんな線状でも筆力・気力を感じるものを書きたいと思いますし、審査する時もそういうところを見ていきたいと思います。

子供のお習字の作品は

低学年はまず形を正確に書くことを要求されます。

高学年になるとはやく正確に書くことを要求されます。

ただ単純にスピードをはやくというよりは、書くときのリズムというかそういうことかな。

縦画、横画、左払い、右払い、はね、などそれぞれすべておなじスピードというわけにはいかないですよね。

それに見合った速度もありますから、そこでその動きが連続していくと、そこにリズムが生まれてくると思います。

そのほかに

わが会では『想像力と感性を育てる』ということで古代文字を素材として半紙に漢字一字を書く部門があります。

これはいわゆるお習字作品とは違って、いかにその文字を表現するか自由なのです。

ただこの自由が難しい。

なんでもかんでも適当に書くことが自由かというとそれも違うと思うのです。

ただ面白い形を表現をすればいいのか、斬新なことをすればいいのか、子供本人も迷うかもしれませんね。

ここでやはり線が重要なキーワードになるような気がするのです。

どういう線を引くのか、どう生きた線を引くのか、それがポンイトになってくると思うのです。

ただ面白い線を工夫して考えて、気力もなくデザイン的なものにはしった線はやはり、生きてこないと思うのです。

そう考えれば、ただデザインをしたような作品は魅力が出てこないと思うのです。

そこに充実した線が存在しているのかどうか、

当然大人が書くような線のようにはいきません。高度な技術的なものも要求するのも難しいと思います。

でもやはり線に目を向けなければと思っています。

そう考えれば、一般にしても学生にしても審査もよくそのあたりを見ないといけないと思っています。

自分の理解を超えた作品を見たときにどう評価するか

わからないから、「まぁこれはいいものだろう」とか「わからないから斬新だ」とすぐに決めつけてしまうのも怖い気がするのです。

そういうときにはやはり線に立ち返るべきだと思うのです。

そしてその理解を超えるものがあれば、さらに自分がまた勉強するしかないと思っています。

長々と書きましたが僕もまだまだ未熟者です。

これからももっと技術的にも磨いて、そして人間的にももっと精進して

線を鍛錬していきたいと思っています。さらにいい審査が出来るためにも。

2010年10月16日

変化斉一

CIMG1168

今日の一作 10月16日

変化斉一(へんかせいいつ)

(変化する中にも一貫性があること)

そうですね。

ポリシーを持った変化をしていきたいですね。

そして無理やり変化させるのではなく自然に変化していきたいです。

サイズ 135cm×35cm

墨 甘露墨

筆 かずら筆

紙 水泡箋(ピンク)

まだ濡れてますから、明日乾いたら墨色がどうなってるか。

明日へ

CIMG1167

ハガキ 10月16日

明日へ

うーん、まだ書斎が片付きません。

物を運び出した時には、よくこれだけのものが部屋の中に入ってたよなぁ、と思うくらいすごかったのです。

いま、いらないものをいろいろ処分しながら片づけています。

そのまま捨てられず、シュレッダーにかけないといけないものもあったりで、けっこう時間かかってます。

なんとか今日中に片づけないと、また自分の仕事に支障がでます。

2010年10月15日

CIMG1166

ハガキ 10月15日

書斎の床板もきれいになりました。

昨日は楽しかったなぁ。

昨年の西川慎先生・池本美和先生とのガラスと書のコラボ作品に桐箱を作りまして、その箱書きをしにM・Mグラススタジオへ。

表に書くときの緊張感はたまりません。

さっさと書くようだけど結構緊張して、そして心がわくわくしてくるものです。

箱書きも作品の一部です。

気は抜けません。

我ながら結構いい出来かなとも思いました。

西川先生、池本先生にも裏に署名してもらい落款印を押してもらいました。

いやいやなかなかどうして、素晴らしいものが出来ましたね。

CIMG1156

圓と道

CIMG1157

CIMG1158

游・花ごころ・花知鳥鳥待花山是山水是水

CIMG1159

風・雪月花・以呂波・・・

CIMG1160

西川慎先生、真剣に署名。精神統一。

CIMG1162

落款印を。

CIMG1161

池本美和先生、緊張の署名。

CIMG1163

印も押してっと。

CIMG1164

できたできた。素晴らしい出来です。

我が家の宝になります。

日付は一応昨年のコラボをやった日付にしました。

CIMG1165

これ実物見たい人は家に来てくださいね。

この内何点かは家にありますので。

そして夜は西川慎先生と夕食を共にしながら語り合うのです。

これがまた楽しい。

作品について、美について、いろんな分野についての話など尽きません。

違う分野にいながらこうやって話が出来る人がいるということは、とても幸せなことです。

とてもいい刺激になりますし、またそのことによって自分自身の再確認もできるのです。楽しくて貴重な時間です。

お言葉に甘えてごちそうになっちゃいました。

2010年10月13日

あらたなる一歩

CIMG1138

ハガキ 10月13日

あらたなる一歩

今回の書展では少し冒険をした作品を発表しました。

そしてまたこれからあらたなる一歩を踏み出すつもりで精進していきたいと思うのです。

今日は来年1月銀座での新春展の出品表等を送らなくてはいけません。

作品は先日書き上げました。これも今までの自分の作風からすれば少し冒険したかなという感じです。

明日は書斎の床板をリフォームするので今晩はいろいろ移動しておかなければなりません。

第36回 玄游書展

会場1

会場風景。

詳しくは後日玄游ブログへ掲載します。

ワークショップ

ワークショップも大盛況です。

みんな楽しく体験して帰られました。

ミニタペントリーの制作でした。

西川先生・池本先生

ガラス造形作家の西川慎先生・池本美和先生が仕事中抜けて来てくれました。ありがとうございます。

いろいろ楽しくお話させていただきました。

ものを制作していくなかで考えることや根底にあるものは結構共通していることも多いのです。

話をしながらどんどん刺激されていく自分がいるのです。

表彰全景

表彰式の会場風景。

ホールは満席です。

喜びの受賞者とご家族のみなさん。

挨拶

表彰式でいささか緊張しながら会長挨拶をさせていただいております。

 

魁賞

魁賞副賞。

西川慎先生作のガラスの置き物です。

魁という文字が入っていますが見える?

さきがけ

この字が入ってます。

煌賞

煌賞副賞。

おなじく西川慎先生作。

煌という文字が入っています。

どちらも大変美しく重厚感もあります。

きらめき

この字が入ってます。

一分って

CIMG1136

ハガキ 10月12日

ねえ一分ってながいよね

昨日で無事書展も終了しました。

ありがとうございました。

沢山の方に来ていただきました。

遠くは加古川から社中のみなさんで車で。

熊本からお弟子さん親子と。

福岡からお弟子さん親子と。

松江からご夫婦で。

別府そして福岡からご友人と。

京都・綾部からも。

本当に感動的なそして夢のような3日間でした。

それもこれもスタッフのおかげです。

ありがとうございます。

3日間お客様が途切れることもなく、パンフレットも足らなくなるほどの入場者数でした。

なので、書展が終わると一気に疲れが襲ってきます。

昨日の夜はすべての作業を終了して自宅でぐったり。

夕食を食べてすこし転寝。

すると妻が

「ねえねえ、一分って長いよねぇ。」

そうだよね、一分って長いよなぁ。片足上げてその足を手で持って、そのままの状態で一分じっとできる?

これなかなか難しい。ふらふらします。

この一分って長いんです。

まぁどうでもいい話ですけど。

その後また妻が

「ねえ、風呂用意できたけぇ、入りー。気持ちええよー」

僕「うーん」

妻「はよーしいや。ポンズとパジャマが持って行ってあるけぇ」

僕「んー?ポンズ?」

妻「・・・・」

僕「ポンズってなによ?」

妻「もー何聞いちょるん。ポンズじゃなくてパンツ、パ・ン・ツ」

完全に疲れて頭ぼけてます。

まっこれもどうでもいい会話でしたけど。

2010年10月12日

市民憲章

市民憲章2

先日紹介した市民憲章の写真です。

山陽小野田市商工センターの玄関入口に設置してあります。

2010年10月11日

幸福か?

DSCF7379

ハガキ 10月11日

幸福(しあわせ)か?

はい。しあわせです。

そりゃぁね、生きていればいろんな困難や苦痛やあらゆることがありますよ。

でもね、いまはやっぱり幸せだなぁと実感しています。

好きなことが仕事にできて、そして自分を表現する場があって、会の方では素晴らしい会員のみなさんが集まり、スタッフがあつまり。

家族もいろいろ小さな悩みはありながらも、でも元気で過ごしている。

感謝ですね。

感謝をかみしめながら今日もがんばろう。

今日は午後から表彰式です。

そして、16時からは書展の撤去作業に移ります。

よっしゃー。

2010年10月10日

そよかぜ

DSCF7379

ハガキ 10月10日

そよかぜ

昨夜は作品制作でした。

毎日新春展(銀座)の作品がまだ決定してませんでしたので。

宿墨を使い、そして新しく甘露墨を磨っても使いました。

甘露墨は部屋中がなんともいえないいい香りが充満します。

香水とかよりもよっぽどいい香りです。

さて、今日は書展の懇親パーティー。

会場内でちょっとした立食パーティーします。

たくさん来ていただけるといいのだけれど。

2010年10月09日

満天の星

DSCF7378

今日の一作 10月9日

満天の星

サイズ 55cm×55cm

墨 玉品の宿墨

筆 猪筆

紙 単宣

書展初日終了。

今日は遠く京都の綾部から高橋翠城さんが来られました。

朝早くから出られたようで、ありがたいことです。

全体でも今日は沢山のお客様が来られました。

受付では山陽小野田市の水害義援金もお願いしております。

どうぞご協力のほどを。

DSCF7377

ハガキ 10月9日

今日から3日間楽しむぞー。

沢山の方に見ていただきたいと思います。

書の楽しさが伝わるはずです。

話しは変わって

10月頭から出ることも多く、なかなか自分の仕事がはかどらず

通信教育のお手本がまだ書けていません。

みなさんごめんなさい。

もう少しお待ちくださいませ。

(そんなの理由にもなりませんが)

2010年10月08日

第36回 玄游書展

会期は9日・10日・11日です。

会場は山陽小野田市民館体育ホール

時間は9時から17時

最終日は16時まで

是非お越しくださいませ。

CIMG0898

氷魚霜鶴

135cm×280cm

僕の作品です。

搬入・陳列作業も順調に終わりました。

8時から作業を始めて18時ころにすべて終了いたしました。

朝からの仕事の方、また昼からの仕事の方、ほんとうにご苦労様でした。ありがとうございました。

作業の様子を紹介します。

 wy展示開始

体育ホールに緑のシートを引き、パネルを組みました。

これから一般の展示です。

一般搬入

一般の作品は一点ずつ確認作業しながら展示部屋を決めていきます。

作業1

学生展は展示の準備をするまでが大変なんです(みんなが)

僕は見守ることが多いのですが。

作業2

作業3

作品を掛けるためにワイヤーを張るのです。

作業4

ワイヤーを張って支柱も立てていきます。

作業5

そして、作品を掛けていきますよー。

作業9

だいぶ掛ってきましたね。

作業7

作業6

同時進行で一般作品も展示が進みます。

展示後一般部作品の審査をしまして、

今年から新設された魁賞・煌賞を紹介します。

CIMG0901

魁賞・福田虹霞さん

CIMG0904

魁賞・内田杏苑さん

CIMG0905

魁賞・三戸穂雨さん

CIMG0902

煌賞・嶋田恵華さん

CIMG0903

煌賞・木村紘子さん

CIMG0906

煌賞・白石翠汀さん

そして、学生展の最高賞を紹介します。

 

CIMG0892

山口県知事賞・第1部

CIMG0893

大賞・第2,3部より

そして名誉会長・桂雪の作品です。

CIMG0899

斗転雲移

サイズ 150cm×150cm

吉福

CIMG0873

ハガキ 10月8日

吉福

よっしゃー。行ってきます。

とにかく皆さん怪我のないように。

2010年10月07日

草原

CIMG0872

今日の一作 10月7日

露の草原はだしでゆけば

足があをあを染まるよな

(金子みすずの詩)

サイズ 35cm×45cm

墨 阿膠墨

筆 牛耳毛

紙 単宣

さぁてと明日は朝から搬入作業、

すべて終わるのは19時くらいかなぁ。

一般作品は展示後、魁賞と煌賞がきまります。

月曜日の書展終了まで気が抜けませんね。

昨日は解説後、福岡の日動画廊での画家・堀研先生の個展へ。

素晴らしいです。

命を感じます。

どんどん引き込まれていきます。

いい勉強させていただきました。

第62回毎日書道展九州展作品解説

IMG_4515

作品解説をしてきました。

墨のこと、線の表現・表情のこと、景色のこと、作品を書くときの感情のことなどなどお話させていただきました。

メモを取りながら真剣に聞いてくださる方もおられ、有難く思いました。

色紙の抽選では、糟屋郡と方と中国から家族で来られてた方に当たりました。

中国の方は書がすきで観に来られてたようです。

竜胆

DSCF7376

ハガキ 10月7日

草や木はまづおのれの土を信じる

しかるのち

おもむろに芽生え

どっかと根をおろす

(佐川英三の詩『竜胆』より)

今日は搬入前の準備やら、たまった仕事やら忙しい一日になりそうです)

明日、搬入陳列作業が順調にいきますように)

2010年10月06日

守貞

DSCF7374

ハガキ 10月6日

貞を守る(心潔く正しく保つ)

そうありたいものです。正しく保ち続けることが、なかなか難しいですね。

さあて、福岡市美術館に行ってきます。

先週末からずっと出張続きで自分の仕事もぼっこり溜まっているはず。

郵便物などもぜんぜんチェックしてませんし、今日帰ってからが少し怖い感じですね。

金曜日の書展搬入も近づいてきたしなぁ。

なんだか落ち着かない心になってます。

2010年10月05日

第62回 毎日書道展九州展開幕

CIMG0858

10月5日

今日、九州展がオープンしました。

昨日の陳列作業も順調に進み、思わず早く終了いたしました。

すばらしい展示ができたと思います。

オープニングのテープカットの風景です。

東京より理事の田岡正堂先生、広島より大楽華雪先生、専務理事の糸賀靖夫様もご出席です。

テープカットのあとは田岡先生の特別解説です。

作品を作る上で大変参考になるお話だったと思います。

CIMG0860

田岡正堂先生の特別解説風景

CIMG0862

その後、うちの社中では出席したメンバーは自分の作品を桂雪より

批評してもらってました。真剣な話に聞き入ります。

CIMG0869

12時からは会場を移して祝賀会です。

ごあいさつ、ご祝辞の後、会員賞の顕彰からはじまり、毎日賞、秀作賞、佳作賞、U23入賞、そして初入選の方までの顕彰がおこなわれました。

その後、長い間出品協力された方の特別顕彰後、乾杯で祝宴が始まりました。

CIMG0865  CIMG0866 CIMG0867

左より、毎日賞の長岡祥鳳さん、秀作賞の藤本芳霞さん、佳作賞の小野圭泉さんです。

CIMG0864

西部毎日書道会の役員の揮毫色紙も抽選であたります。

僕も2点出しました。

なんとうちの社中のメンバーはけっこういいくじ運で、井之上南岳先生の揮毫色紙は鈴川臥流さんに。山内滴翠先生の揮毫色紙は池田知穂さんに、吉田成美先生の揮毫色紙は藤本芳霞さんに、清原大龍先生の揮毫色紙は角田小鈴さんに当たりましたねー。

参加されたら、いいことありますねー。

さあて、明日は僕が作品解説いたします。11時からです。

お時間のある方は是非お越しください。色紙2枚の抽選もあります。

朝8時に出発します。

草園さん、コメントありがとうございます。

みなさんに会えることが何より楽しいです。

これからも島根での輪(和)が広がっていくことを願っています。

2010年10月03日

空いっぱいの

CIMG0855

今日の一作

空いっぱいのお星さま

きれいなきれいなおはじきよ。(金子みすず)

サイズ 35cm×45cm

墨 阿膠墨(古梅園)

筆 牛耳毛

紙 単宣(薄ーい緑色してます)

さて明日は7時出発。

福岡市美術館です。

毎日書道展九州展陳列です。

そのまま宿泊して火曜日はオープニング・祝賀会。

いったん帰って、

また水曜日朝から福岡市美術館へ。

毎日書道展の解説です。11時からです。

お時間のある方はぜひお越しくださいませ。

見あぐれば

CIMG0856

ハガキ 10月3日

見あぐれば月まろく空にかかり

今日は周南市で父・桂雪が市美展の審査でしたので、運転手で同行。

書の部はもうひとり審査員がおられます。

審査員は平面の部の二名、立体の部に二名、書の部に二名、写真の部に二名です。

審査は公開審査です。

なので一般の方が審査会場に入って審査行為を見学できます。

当然事前予約は必要だと思いますが。

大勢の見学者の前で公開で公正に審査がされていきます。

いい審査会でした。

2010年10月02日

島根玄游書展

CIMG0848

昨日は岩国教室の後、松江へ。

松江に入ったのは21時30分くらいだったかな。

駅前のビジネスホテルで泊まりました。

今朝の朝食のことです。

バイキングだったのでひととおりおかずをとりまして、あとはご飯とみそ汁。

みそ汁はボタンをおしたらコーヒーが出てくるやつの機械と同じ。

お椀をおいてボタンをっと。

んっ?あまり入っていません。

もう一回。

入りました、入りました。いっぱいいっぱい。今度は表面張力状態です。入りすぎました。

おそるおそる、お椀をおぼんにっと。

案の定、みそ汁はこぼれます。

あっあっヂッゴッグッアッチぃー!!

おっ親指がー。

尋常じゃない熱さです。みそ汁ありえん熱さです。煮えたぎってます。

おもわずズボンにもぶちまけました。

冷たいおしぼりもなく、コップに冷水入れて親指突っ込むのもカッコ悪いしねー。

じんじん痛むのを我慢しながら食事して部屋に帰って冷やしました。

まっそんなこんなでその後書展会場へ入りました。

全紙1/2以下の作品群です。約30点。そして学生展。

会場は中電ふれあいホール。

作品はみんな明るい楽しい作品です。

みなさん楽しく書作されていますね。

お茶をいただきながら3時間くらい滞在しました。

最後に、会場におられた会員さんの作品のアドバイス、講評をさせていただいて帰りました。

12時30分にでて、ゆっくりゆっくり走って、18時30分帰宅。

帰宅前にレンタルDVDで昔の『十三人の刺客』を借りました。

明日は父・桂雪が周南市で仕事なので僕は運転手として同行。

7時出発です。

CIMG0850

みなさんと。

2010年10月01日

DSCF7373

ハガキ 10月1日

今日は宇部・岩国コースだね。

10月に入っていよいよ秋ですね。

ばらばらに割れた筆で書きました。

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示