« 2011年04月 | メイン | 2011年06月 »

2011年05月31日

TODAY

CIMG2547

ハガキ 5月31日

TODAY 今日を精一杯生きる それだけで素晴らしい。

昨日は午後から教室が休みだったので映画を観に行きました。

『プリンセストヨトミ』

面白かったですね。

大阪国って発想なかなか面白い。

奇想天外な内容あり、でも深く、そして父子の関係も。

おススメですね。

さて、気分もリフレッショ出来たし、また今日からバリバリ頑張れる。

翠花さん、コメントありがとうございます。

研究会の成果が出るようにこれからも楽しく頑張ってくださいね。

また次の研究会で会いましょう。

2011年05月30日

 CIMG2546

ハガキ 5月30日

古典研究会終わりました。

主催者側としては、いい研究会だったと思いますが。

自己満足ではいけません。みなさんにとってどうだったかな。

京都そして山陽小野田といずれもこんな研究会ができるのは素晴らしいスタッフがいて、そしてたくさんの参加の方がおられればこそです。

ありがたいことです。感謝です。

またいろいろご意見を聞かせてください。

それぞれ皆さんのなかに種が蒔かれましたでしょうか。

それを育てるのは、いまからの各自の継続した勉強になります。

見事芽が出て、花開きますように。

コピー ~ CIMG2502

受講の前に、桂雪名誉会長から古典を学ぶにあたっての講和。

みなさんしっかりメモをとられてました。

コピー ~ CIMG2503  コピー ~ CIMG2507

論経書詩担当講師の池田知穂さん

秋萩帖担当講師の鈴川臥流さん

講義のあとの臨書動画もわかりやすかったようです。

お疲れさまでした。

コピー ~ CIMG2505

会場には桂雪名誉会長のいろいろな古典臨書の折帖が展示されました。いやー美しいと思いました。

コピー ~ CIMG2516

熱気あふれる会場。

外は雨、台風の影響で帰りには風も強くなっていました。

たいきさん、コメントありがとうございます。

あたらしい引き出しを作ることは簡単ですが、その中に詰めていくことが時間がかかります。どうぞこつこつと継続して楽しんで頑張ってください。競書期待してます。

2011年05月29日

知識は経験

CIMG2498 

ハガキ 5月29日

真の知識は経験あるのみ(ゲーテ)

今日は山陽小野田で第15回玄游古典研究会

会場はセントラルホテル。

受講生71名・講師、助講師15名の総勢86名の参加です。

昨年より少し参加が増えたのは嬉しいことです。

古典の勉強は内容を知ることはもちろん大事なことです。

(時代がいつで、どこで誰が書いて、どういう内容で、どんな特徴で)

などなど、本の解説に出ているようなことを知ることも大事ですが、

これは読めば、また聞けばわかること。

本当にわかることは書かないとだめなのです。

経験することです。

その積み重ねが自分の技術力に繋がってくるし、本当の知識にもなってくるのではないでしょうか。

書く腕を持つことです。

今日の研究会がまたひとつ刺激になって、そう思っていただけることを願っています。

CIMG2499

今朝の味噌汁

安平麩入りです。

ふわふわのもちもちで美味しかったですね。

大きいので食べごたえがあります。

Nさん、ありがとうございました。

 

2011年05月28日

楽しめることは

CIMG2497

ハガキ 5月28日

楽しめることは山ほどある

ただいま22時10分前。

21時過ぎに家に着いた。

昨日夜に京都入りし、今日は京都駅前のキャンパスプラザにて

第5回関西玄游古典研究会そしてその後、関西玄游会の発足懇親会を終えて帰ってきました。

古典研究会では初参加の方を含め受講生30名、講師・助講師7名、総勢37名で充実した1日を過ごしました。

みなさんにとってはどうだったでしょうか、きっとなにか心にお土産を持ってもらったと思っています。

今回の古典は論経書詩と秋萩帖。

臨書からそれを応用した創作まで展開していきます。

それぞれ書作に2時間とってますが、あっという間です。

この研究会の目的は勉強していくうえでの動機づけです。

この短時間で作品を完成させることは非常に困難です。

完成しなくてもいいのです。

「ああ、こんな風に古典を見ていくんだ」とか

「あっこの線面白い」とか

「この線で今度作品作ってみよう」とか

いろいろ感じていただき、それを家に持ちかえって継続して勉強していただくことが、本当の目的です。

はじめて会う方、久しぶりに会う方、一年ぶりに会う方、ついこないだ会った方、またお 会いできて、話ができて嬉しく思います。

まだまだ書は楽しめることが山ほどあります。

楽しんでいきましょうよ。

コピー ~ CIMG2486

研究会風景。

とてもいい施設、そしていい部屋での研究会です。

コピー ~ CIMG2495

研究会後、関西玄游会発足懇親会。

高橋翠城関西玄游理事長による楽しい進行で、じゃんけんやクイズ大会で景品がもらえます。

さて、帰ってみたら

昨日のブログをみて

さっそく山口市にお住まいのNさんが安平麩を送ってくださってた。

ありがとうございます。

はじめて見ました。

さっそく明日の朝食の味噌汁に入れてもらいます。

うーん楽しみです。

うまいんだろうなぁ。

CIMG2496

明日は山陽小野田市で今日と同じ研究会をします。

さっ風呂入って明日のために、はよ寝よ。

2011年05月27日

悲劇を愛するチャップリン

CIMG2479 

ハガキ 5月27日

私は悲劇の底にはなにかしらうつくしいものがあるからこそ

悲劇をあいするのだ(チャップリン)

今日から3日間、体調を崩さないように頑張るでー。

今週頭からちょっと口内炎できてまして、あれビタミン不足らしいですね。身体が疲れているときなんか、なりやすいらしいですね。

疲れを吹き飛ばしてガンバロ。

昨日の『秘密のケンミンショウ』に山口県が出るとのことだったので

録画をしておいて先ほど観ましたが

「山口県民は安平麩という巨大麩をみそ汁に入れて食べる!?」

えー!?

スタジオはビックリですが、僕もびっくりです。

安平麩?

見たことも食ったこともありません。

「俺、山口県民じゃないのかなぁ」

山口市の方たちが登場してたけど山口市だけ?

知らないなぁ。この辺りにもあるんかなぁ、この辺りの方たち食ってんのかなぁ?

 

 

2011年05月26日

想ひの五月

CIMG2478

今日の一作 5月26日

『想ひの五月』

檜葉の茂みは昨日より

みどりの想ひを深くさせ

ひなげしの芽も首かしげ

そっとなにやら

ものおもふ

ゆびとゆびとを

くみあはせ

やさしい陽ざしの丘の上

ちひさく口笛

吹きながら

それからそれへと

ものおもふ

(サトウハチローの『想ひの五月』)

サイズ 135cm×70cm

墨 桂墨の宿墨(どんどん粘度と色が変わってきてます)

筆 大字は羊毛とムジナ2本で、細字は羊毛長鋒

紙 亀紋箋

先ほど、なんとなく今日は仕事お終いにしようと。

そんでもって、今日の一作を一枚。

今日は雨なので、サトウハチローの詩集『爪色の雨』から。

宿墨はもうすこしは大丈夫かな。

しかし底にはネバーと固まってます。

滲みも微妙ですが、悪い色ではないですね。

さて、明日は早めに出かける準備しよう。

忘れ物がないようにね。

そうです、僕は忘れ物が多いのです。

いつも行事等で出かける時、妻から

「忘れ物ない?大丈夫?」って聞かれるけど

「いやいや、今思い出すくらいなら、忘れものじゃないじゃろ」

なんて言いながら出かけてすぐに忘れ物を思い出すことが多いのです。

もっぱら近場の行事の時が多いので持ってきてもらったり、取りに帰ったりして済むんだけど。緊張感が足らんっちゅうことじゃね。

遠くに出掛ける時にはほとんどそんなことはありません。

ではおやすみ。

やればいい

CIMG2477

ハガキ 5月26日

なんてこたァない、ただやればいいだけのこと

さぁてと、今日は古典研究会の準備ラントスパート。

明日は宇部・岩国コース終了後、新山口から京都へ。

土曜日に京都で、古典研究会

そして日曜日に山陽小野田で、古典研究会。

充実した2日間になりそうです。

京都へは京都、大阪、和歌山、三重、福井から会員さんが集まります。

皆さんに会えるのが楽しみです。

古典研究会は昨年より少しではありますが、参加人数も増えています。

嬉しいことです。

みんなで盛り上げていきましょう。そして自分にとって充実した一日になるように何か吸収していただきたいと思います。

2011年05月25日

忍黙平直

CIMG2476

ハガキ 5月25日

忍黙平直(にんもくへいちょく)

(耐え忍びて黙し心を平かに正しくする)

いやーなかなか難しいことです。

黙しっていうのがね。

ついつい言ってしまうもんねぇ。

言った方が楽だもんねぇ。

まぁでもこんな姿勢も持ちたいものです。

古典研究会がじわじわ近付いてきます。

頭はパ二クる寸前です。

あっ、いやいや黙し、黙し。

黙って心を平かにして仕事します。はい。

2011年05月24日

丘の幻惑

飛会照濤作品

飛会書展の賛助出品作

ひとかけずつきれいに

ひかりながら

そらから雪は

しずんでくる

電しんばしらの影の

藍靛(インディゴブルー)やぎんぎらの

丘の照りかえし

(宮沢賢治の詩)

サイズ 135cm×105cm

雪がしんしんとふってくるようなイメージで書いてみましたが・・・・

自分との約束

CIMG2475

ハガキ 5月24日

あの日自分と約束したこと僕は守れているのだろうか

自分に嘘はついてないだろうか

僕はけっこう自分に甘いのです。

ヨシ、これをやろう、こうしていこうなんて自分に誓っても一時すると、

まぁええかなんて自分を甘やかすんですよね。

それでもいけんっちゅうことはないとは思うんだけど、そういうところは直したいと思っているのです。

これからもたぶん自分に沢山の嘘はついていくんだと思うけど、それは出来るだけ少なくしていきたいと思うのです。

さて、昨日防府教室でプレゼント企画の抽選をしました。

当選された方は、

京都府綾部市のYさん、山口県下松市のSさん。

ご応募ありがとうございました。

後日送らせていただきます。

さっ、今週は土日と古典研究会が続きます。

その最終準備に追われます。

体調も崩さず、頑張っていこう。

2011-05-23 17.47.12

防府・大濤書道会教室にて抽選しました。

2011年05月23日

CIMG2474

ハガキ 5月23日

鍛錬の鍛

毎日書道展の公募の部の審査も終わり帰ってきました。

丸2日間、朝から夕方までずっと作品を見っぱなし。

真剣に観てますんでね、いま肩がばりばりこってます。

今回は公募の部の入落が決まりました。

今回入選した方は表装したのち、6月に会友の作品と一緒に入賞審査に入っていきます。

そう、来月も審査があるのです。

みなさん出品するからには当然入選したいわけです。

しかし残念ながら入選できなかった方も半分はおられるのです。

惜しくも入選できなかった方は次へ向けて頑張ればいいのです。

結果は自分の書活動のなかの通過点です。

次に向けて線を鍛え、感性を鍛え、心を鍛えていきたいものです。

さて、審査会場は六本木・国立新美術館です。

審査の部屋以外では廊下も節電対策で電気も消してあります。

昨日の朝は余震で揺れましたね。

7時くらいだったかな、シャワーを浴びて、

身体をふいて全裸(フ○○ン)でテレビ観てたら、

「んっ?なにか揺れ出したど。」と思ってハンガーを見てみると服が揺れてるんで、あわててとりあえずパンツだけは穿きましたが。

やっぱ怖いです。

現地の方や、関東の方はたびたびの余震にもあいながら生活されているんですね。

昨日は審査会場を後にして、飛行機の時間まで少しありましたので、空港に行く前に、サントリー美術館(ミッドタウン内)に行きました。

『夢に挑む、コレクションの軌跡』展が最終日でした。

結構入館者が多くてじっくりとは観れませんでしたが、なかなか良かったです。

サントリー美術館入り口の特大ガラスの『み』は西川慎先生の作です。一見の価値あり。西川先生はリンクしてます。

M・Mグラススタジオのホームページをご覧ください。

ガラス作品も結構あり日本の江戸時代の切子や、ガレの作品、18,9世紀のヨーロッパの作品など美しかったですね。

他には、漆器・焼き物・鎧・書画・着物・などなど。

印象に残ったのは野々村仁清の鶴の香合でした。

小さなものですが、いやー見事。美しい。

少しの時間でしたが、充実してました。

さて、プレゼント企画の応募期間が終了しました。今日にでも抽選したいと思います。ご応募いただきました方々ありがとうございました。

 

2011年05月22日

見上げてごらん夜の星を

 CIMG2471

見上げてごらん夜の星を

ぼくらのように

名もない星が

ささやかな幸せを

祈ってる

手をつなごう

ぼくと

追いかけよう

夢を

二人なら

苦しくなんかないさ

(永 六輔の『見上げてごらん夜の星を』より)

サイズ 70cm×150cm

墨 桂墨の宿墨(まだあります。だんだん墨色が変わっていきますが、紙の関係で色がよくでません)

筆 ムジナ

紙 柿渋で染めてあります。ゴワゴワの紙です。

審査も終わり帰ってきました。

18時25分に山口宇部空港へ着いて、そのまま池田知穂さんの社中展懇親会会場へ。

社中展は生憎観にいけませんでしたが、懇親会には参加させていただきました。

そこでみなさんの作品の写真も見せていただきました。

素晴らしい書展の様子が伝わってきます。

そして社中の皆さんとの交流。全員とは会話がなかなか叶いませんでしたが、楽しい時間を過ごしました。

刺激をいただきましたので、21時過ぎに帰宅してさっそく筆をとりました。

毎日書道展の審査についてはまた明日。

CIMG2472

前半部分

CIMG2473

後半部分

2011年05月19日

結局は

CIMG2470

ハガキ 5月19日

結局は前を向いて進まんにゃあね。

人によっていろいろ悩みはあります。

身体のこと、家庭のこと、仕事のこと、また我々だったら作品のことなどなど、そりゃ生きてりゃ当然です。

そこで結局悩んであきらめたり、止めたりじゃなくて、前を向いて進んで行けるようになりたいものです。

では、いまから行ってきます。

帰るのは22日の夜です。

しっかり審査してきます。

100000人突破記念プレゼント企画はお知らせをクリック。

結局は

CIMG2470

ハガキ 5月19日

結局は前を向いて進まんにゃあね。

人によっていろいろ悩みはあります。

身体のこと、家庭のこと、仕事のこと、また我々だったら作品のことなどなど、そりゃ生きてりゃ当然です。

そこで結局悩んであきらめたり、止めたりじゃなくて、前を向いて進んで行けるようになりたいものです。

では、いまから行ってきます。

帰るのは22日の夜です。

しっかり審査してきます。

100000人突破記念プレゼント企画はお知らせをクリック。

2011年05月18日

大蜘蛛

CIMG2469

今日の一作 5月18日

大蜘蛛の虚空を渡る木の間かな(村上鬼城)

サイズ 70cm×70cm

墨 桂墨宿墨、あれからまた日が経って滲みが強くなってきました。

あともう少し残っています。

筆 三・羊毛 七・馬の尾

紙 亀紋箋

やっと今日のノルマの仕事終了。

古典研究会、山陽小野田開催も京都開催も昨年より人数が増えました。嬉しいかぎりです。

28日(京都)

29日(山陽小野田)

が楽しみです。

さて、明日からの東京、がんばろう。

 

 

CIMG2468

ハガキ 5月18日

隗(カイ・けわしい)

昨日は北九州の毎日新聞社西部本社を訪れて、西部社会事業団へ

みなさんからの義援金を届けてまいりました。

全部で約157万円集まったのです。

みなさんの温かなお気持ち、ほんとうに嬉しく思います。ありがとうございました。

詳しくは月刊誌6月号に掲載いたします。

CIMG2465

毎日新聞西部社会事業団、木村雄峰常務理事へ手渡しました。

社会事業団を通じて日本赤十字へいきます。

さて、昨日は月刊誌の後半原稿はほとんど印刷会社に渡すことは出来たのですが、もう少し残ってますので、その仕上げです。

古典研究会は昨日は全然手がつけられなかったので今日は頑張って。

あっそうそう先日、歯医者さんに行ったらいっぱいだったんで、帰ってきたからなんとしても今日は行っとかないと。

午後は15時から山陽小野田市文化振興ビジョン検討委員会。

18時に古典研究会打ち合わせをし、もろもろの仕事を夜にやっつけるつもりではいるんだけどね。

明日から4日間、東京なのでね。

今週は宇部では20日から22日まで文化会館で池田知穂さんの社中展があります。『飛えん書展』(すみません、えんという字が出てきません)池田さんは社中創立30周年の記念展です。

防府では21日、22日アスピラートで金重紅園さんの社中展『茜雲書展』があります。

行けないのが残念ですが、みなさん是非足を運んでください。

よっしゃー、今日もガンバロー。

2011年05月17日

千慮無惑

CIMG2462

ハガキ 5月17日

千慮惑う無し

(千度も多く考慮すれば決してまどうことはない)

面白かったぁー。すごかったー。『ブラックスワン』

ちょっとエグいシーンもありますがスゴイ映画でした。

衝撃的です。

今から観ようとされる方のために内容にはふれません。

予備知識なしに観た方が面白いと思います。

オススメです。

さて、今日は午前中に北九州市の毎日新聞社西部本社へ。

午後は月刊誌の後半原稿作成、古典研究会参加者入力などなど、

原稿の方は木曜日に上京するまでには仕上げておかないとなぁ。

そんなこと言いながら映画観てるんだもんなぁ。のんきと言えばのんき。

まっしっかり考慮しながら惑うことなく進みましょう。

100000人突破記念プレゼント企画、ご応募お待ちしております。

お知らせをクリック。

2011年05月16日

流されず浮かれず

CIMG2461

ハガキ 5月16日

流されず浮かれず

今日は昨日の審査原稿を印刷会社に渡し、歯医者さんに行って、午後は防府教室。

帰りには映画でも観たいなと思っています。

『ブラックスワン』が観たいですね。

ちょうどレイトショウの時間が合えばいいのだけれど。

100000人突破記念プレゼント企画、お知らせをクリックしてください。

2011年05月15日

月、雲が逃げてゆく

CIMG2460

今日の一作 5月15日

月、雲が逃げてゆく雲が追うてゆく(荻原井泉水)

サイズ 135cm×70cm

墨 桂墨の宿墨

筆 芯・羊毛 周・天尾

紙 羅紋箋(茶色)

墨がすーと入ります。が、墨色は今一歩でした。

筆は持っちゃりした感じです。素朴な宣を書くにはいいかな。

ちょっと写真はぼけてます。

今日の審査後の執行部会では書展公募規定の最終確認、そしてスケジュール確認、当番審査員確認等々。

書展の準備はもう始まっているのです。

100000人突破記念プレゼント企画は、お知らせをクリックしてください。

素誠

CIMG2458

ハガキ 5月15日

素誠(そせい)

まことということです。

先日、山陽堂さんからいただいたハガキに書きました。

今日は月例審査、持ってこられた作品、送ってこられた作品すべてと備品を車に積み込んで会場へ出かけます。

CIMG2459

この作品群を今日審査するのです。

送られてきた作品は封をあけて、このように学年別、部門別に仕分け作業をします。

事務局やそしておもにお手伝いいただいて、この作業をします。

ありがとうございます。

みなさんが一生懸命1ケ月頑張って練習した作品です。

今日は審査の後、本部教室へ戻って執行部会です。

書展の検討会議が主です。

 

2011年05月14日

平恕

CIMG2457

今日の一作 5月14日

平恕

(正しくて思いやりがあること)

サイズ 135cm×105cm

墨 桂墨の宿墨

筆 則天(玉川堂)

紙 単宣

連休明けてから仕事や手本書きで自分の作品からちょっと離れてました。

先ほど今日の仕事を切り上げたので、一作を一枚書き。

墨磨って結構経ちましたので、微妙な色になってます。

則天はよく使う筆です。開閉もよく活躍してくれます。

これは数年前買ってまだ使ってなかったものを先日から使ってます。

同じ大きさの則天を3本持ってます。

さっ、明日は審査です。

プレゼント企画のご応募お待ちしております。

浪漫

CIMG2456

ハガキ 5月14日

浪漫

若狭和紙のハガキです。

今日は九州創玄の会計引き継ぎをしましたら、明日の月例審査準備です。

つい2.3日前まで審査会場はきらら交流館だと思い込んでました。

今月は中央福祉センターが会場だったのですが、関係の方にはたいへんご迷惑をかけました。

あわてて連絡していただいた次第で。あせりました。

思いこみは怖いですね。

何事も準備と確認が大切です。

来週はいよいよ毎日書道展の公募鑑別審査です。

19日から22日まで、六本木・国立新美術館です。

それまで体調を崩さないように気をつけておきましょう。

100000人突破記念プレゼント企画はお知らせをクリックしてください。ご応募お待ちしております。

2011年05月13日

なみだ

CIMG2455

ハガキ 5月13日

なみだ

それは宝石

それはビタミン

それは海

そして宇宙

昨日の夜、ちょっとテレビつけたら、『秘密のケンミンショウ』やってて、山口県をやってましたね。

「下関周辺の山口県人は茶そばをホットプレートで焼くらしい。」

「え゛ー!」ってなもんです。

いやいやいや、焼くでしょ、いやいや当然でしょ。

茶そばと言えば瓦そばでしょ。

他県人から見ると不思議なんだろうね。

でも、番組内で実食したら、全員から絶賛でしたね。

うんうん。

あー、瓦そば食いたいー。

100000人突破記念プレゼント企画、お知らせをクリックしてください。

ご応募お待ちしております。

 

2011年05月12日

心はいつも

 CIMG2452

心はいつも裸でいたい

この作品は宇部市の書道用品店『山陽堂』さんにあります。

僕が35才くらいの作品です。

山陽堂さんでは、この作品をお店の紙袋にしていただいて十数年になります。

今日はその山陽堂さんから「使ってください」と和紙のハガキとレターセットをいただきました。

さっそくブログのハガキ作品にも使わせていただきますね。

ありがとうございます。

CIMG2454CIMG2453

山陽堂

宇部市厚南区中野

TEL 0836-41-6592

FAX 0836-41-4452

文房四宝そろっています。

いろいろ相談にも乗っていただけますよ。

山陽堂の文字は父・桂雪の揮毫によるものです。

上の筆・・・は僕の字ですが、字が若いなぁ。

何かいいことありそうな

CIMG2451

ハガキ 5月12日

何かいいことありそうな

(五月十一日若狭和紙をいただく)

通信教育のH,Yさんから若狭和紙のハガキが送られてきました。

さっそく使いました。ありがとうございます。

とっても書き味がいいですよ。

今日は月刊誌6月号の前半原稿作成や九州創玄書道会の会計の引き継ぎのための準備もろもろをやります。

あっそういえば、歯医者も行かないとなぁ。

先日から虫歯治療に通ってて最終の型取りが出来たのでと連絡があったので。ようやくこれで終わりです。

100000人突破記念プレゼント企画、お知らせをクリックしてください。

ご応募お待ちしております。

2011年05月11日

それがええ

CIMG2448

ハガキ 5月11日

それでええ

それがええ

ひぇー、昨日はすごい雨でした。

どんだけ降るんって感じ。

まだ雨がそんなにきつくなかった昨日の午前中、老眼鏡を作りに行きました。

いよいよ、というか、とうとう老眼鏡デビューです。

いままで本を読んだり、そして特にペン字の作品見たり、ペン字の手本を書いたりがきつかったんですが、ばっちりです。

「おーおー、よぅ見えるでー!」ってなもんです。

しかし稽古中は大変です。今までの眼鏡をかけたり、はずしてみたり、老眼鏡で小さい作品見たりとちょっと面倒なことになってます。

そんなこんなで昨日の稽古の終了が23時でした。

終わって風呂入って、布団入って、老眼鏡かけて文庫本を少し読みました。「おー、よう見える」

まぁでもすぐに、コテンと夢の中へ。

100000人突破記念プレゼント企画はお知らせをクリックしてください。ご応募お待ちしております。

 

2011年05月10日

あかつき

CIMG2447

ハガキ 5月10日

暁(あかつき)

なんと昨日は暑かったね。

夏のようでした。

防府教室のなかも暑かった。

窓はあけることが出来ないので、かといって冷房をいれるほどでもないような、まぁでも暑かった。

教室の帰りに映画でも観ようか、なんて思ってたんだけど上映案内を検索してみると観たい映画がなかったのでパスです。

玄游京都会のブログがあたらしくなり移転しました。

お知らせいたします。

http://genyukyoto.blog.fc2.com/

100000人突破記念プレゼント企画、お知らせをクリックしてください。ご応募お待ちしております。

 

2011年05月09日

CIMG2442 

ハガキ 5月9日

公園に寝っがって空を眺める

この青い空一面がまるで

僕のものになった気がするから

不思議です。

昨日は大濤錬成会、少人数ながらみなさん頑張って書きました。

書き始めにしては、みなさんなかなかいい調子です。

7月の書展が楽しみになってきましたよ。

100000人突破記念プレゼント企画、お知らせをクリックしてください。

ご応募お待ちしております。

2011-05-08 11.16.05

 

2011年05月08日

村情山趣

CIMG2441

ハガキ 5月8日

村情山趣

(村の風情に山の趣味。塵外のおもむき)

今日は大濤の錬成会。

7月に開催する大濤書展にむけてのものです。

みなさん、自己の表現が出来るように筆を持ってもらいたいと思います。

100000人突破記念プレゼント企画はお知らせをクリックしてください。ご応募お待ちしております。

2011年05月07日

大海に漕ぎ出せ

CIMG2440

今日の一作 5月7日

大海に漕ぎ出せ

サイズ 30cm×42cm

墨 桂墨

筆 兎髭筆

紙 徳地和紙

ピーンと穂先のきいた、ほっそーい兎髭の筆で書きました。

100000人突破記念プレゼント企画はお知らせをクリックしてください。ご応募お待ちしております。

幼年時代

CIMG2439

ハガキ 5月7日

空の奥深く

小さい星が

瞬いてゐる。

(百田宗治の詩『幼年時代』より)

連休間はけっこう大小いろんな作品書きましたね。

ただこのブログにはアップ出来ないけどね。

イメージはどんどん湧いてくる時もあるし、まったく湧いてこない時もあります。

イメージ通りにいかないことも多いです。

書いていくうちにイメージがどんどん変化していくこともあります。

自分で自分を乗せながら書きます。(書いてる瞬間はね)

気力はものすごく使います。

だから身体よりも精神的な疲れが出ます。

心地よい疲れです。

100000人突破記念プレゼント企画はお知らせをクリックしてください。

 

 

2011年05月06日

雲遊霞宿

CIMG2438

ハガキ 5月6日

雲遊霞宿

(雲処に遊び霞処に宿する。山水の景を愛して遊び廻る。)

今日は、宇部・岩国フルコース。

当会では今月、検定試験(昇段・昇級)の課題が発表されました。

挑戦される方は昇段、昇級めざして頑張ってください。

きのうはおかげさまで100,000人突破しました。

他愛もないブログにお付き合いいただいてありがとうございます。

これからも日々楽しくハガキ作品や今日の一作など書いていきたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します。

突破記念プケゼント企画は、お知らせをクリックしてください。

ご応募お待ちしております。

 

 

2011年05月05日

100,000人突破記念プレゼント企画

応募期間および抽選は終了いたしました

CIMG2436 

月光ほろほろ風鈴に戯れ(尾崎放哉)

CIMG2437

雑草花つけて強い夕風(尾崎放哉)

抽選で2名の方に(額入りです)

額サイズ 28cm×33cm

作品の紙サイズは半紙1/2程度です。

応募方法です

①コメント欄から入ってコメントに

プレゼント希望と書いて、

お名前、郵便番号、ご住所、お電話番号を送ってください。

なお、個人情報ですので、これは公開いたしません。

②お問い合わせから入ってメールにて

プレゼント希望と書いて、

お名前、郵便番号、ご住所、お電話番号を送ってください。

③官製はがきに

プレゼント希望と書いて

お名前、郵便番号、ご住所、お電話番号を書いて送ってください

送り先 756-0092

           山陽小野田市新生1-4-28

           矢田 照濤まで

以上いずれかの方法でご応募ください。

応募締切 5月20日(ハガキの場合は消印有効)

締め切り後にどこかの教室にて抽選いたします。

抽選方法はそれぞれに番号を設定して、番号札を抽選箱に入れて抽選いたします。

横浜のs.kさん、コメントありがとうございました。

いいことがあるかも・・・ですよ。

そちらは余震が続き不安な日々をお過ごしと思いますが気をつけてくださいね。

鳥歌花舞

CIMG2433

ハガキ 5月5日

鳥歌い花舞う

(春の形容)

極細の羊毛超長鋒で書いてます。

今日は祝日ですが、父が本部教室での指導日となっておりますので、一応事務所には出勤しております。

仕事はね、やればやるほどいっぱいあるんですよ。

午前中と夜は事務所にこもって、昼間は何か書こう。

明日は久しぶりの稽古日です(2週間ぶり)。

宇部・岩国フルコース。

 

2011年05月04日

燈燈無尽

CIMG2432

今日の一作 5月4日

燈燈無尽

(簡単にいえば一つの灯が燃え移り尽きることがないということ、禅語です。)

こういう気持ちで仕事に向かっていきたいですね。

サイズ 15cm×23cm

墨 今日も桂墨を磨りました。

筆 羊毛長鋒

紙 徳地和紙カード

今日は美術館巡りをしようと決めて、

萩市の浦上美術館のルーシー・リー展。

そして山口市の県立美術館の香月泰男・生誕百年『追憶のシベリア』展。

の予定。

しかぁーし。

萩市に近づくと渋滞。萩焼まつりでした。

車進みません。

家から出て3時間経ちましたが、美術館へは近づけそうにありません。

とうとう挫けました。

13時30分になっても昼食もとれず、だんだんイライラしてきましたので引き返して。まず道の駅へ寄ってうどん定食でも食べようと思っても並んで結局1時間程度かかりました。

それから山口市へ。

香月泰男『追憶のシベリア』へ。

よかったです。

勉強になります。

刺激をいただきました。

でも個人的には香月泰男の素描画が好きです。そしておもちゃも。

『追憶のシベリア』は8日までです。

素描画やおもちゃを見たことない方は、是非三隅町の香月泰男美術館へどうぞ。

今日の徳地和紙カードは美術館のミュージアムショップで購入したものです。

ルーシー・リー展はまだ会期に余裕がありますので、後日時間をつくっていきたいと思います。

そして福岡で開催中の山下清展も。

秋琴さん、コメントありがとうございます。また次の錬成会が待っていますね。がんばりましょう。

香月泰男展

土と草

CIMG2431

ハガキ 5月4日

母さん知らぬ草の子を

なん千万の草の子を

土はひとりで育てます

草があをあを茂ったら

土はかくれてしまふのに

(金子みすゞの『土と草』より)

さて、今日は何をしよう。

土曜日までにしたいことは

作品をいろいろ書く。

美術館に行く。

映画も観たい。

事務処理のたまったものを片づける。

さて、今日は何をしよう。

 

2011年05月03日

山容水態

CIMG2430

ハガキ 5月3日

山容水態

(山のかたちに水のさま。山水のありさま)

一昨日、昨日と黄砂がひどいね。

かすんで真っ白で遠くがぼやーっとして、自分の眼が悪くなったのかと思うくらいです。

結局昨日は毎日展の作品整理に1日かかりましたね。

やってるうちに「あっしまったぁ」とか「あれっ?」とかまた調べなおしたりとか、いろいろ時間くっちゃって。

CIMG2424

公募の作品は出品表の一部を作品の左下に貼り付けます。

いまからのりづけです。

CIMG2428

全部貼り終わりました。

CIMG2429

10枚ずつ程度に重ねてきれいにたたみます。

やっと梱包して発送できます。

ということで、本日東京へ発送。

2011年05月02日

CIMG2422

ハガキ 5月2日

つまらなそうに

夕ぞらを

雲は

ひとりで

飛んでたよ

(金子みすゞの詩『雲』より)

昨日は重源の郷の後、防府へまわり毛利邸庭園に行ったのでした。

躑躅がぼちぼち咲いていましたね。

ここ山陽小野田市では道路の舗道に躑躅が植えてあり、そろそろ満開できれいになりますよ。

昨日帰って来てから徳地和紙に書いてみましたけど、気持ちよかったので同じ墨をもう少し磨って、以前東京で(3月11日の午前中、地震前でした)購入した紙舗・直の和紙数枚(色もとても美しい)にも作品書いてみました。

なかなかいい書き味で気持ち良かったですね。

これはどこかに発表した時にでも公開します。

さて、今日は

土曜日に一日かけてやった毎日展の作品整理があともう少し残ってますので、それを片づけて公募は東京へ発送。会友以上の作品を硯山さんへ表装するため渡します。

2011年05月01日

月の光に抱かれて

 CIMG2420

今日の一作 5月1日

月の光に抱かれて

サイズ 100cm×65cm

墨 春日(江戸時代の奈良墨)

筆 黒鹿って筆だけど、黒鹿って何?

紙 今日たった一枚買った徳地和紙の二双紙

16時30分に帰宅。

徳地の『重源の郷』ってところに行ってきました。

行きは雨降ってたんだけど、着いたら止んで、そしてそのうち晴れて、とっても良かったですね。

マイナスイオン沢山吸ってリフレッシュ。

新緑が雨上がりでとても美しく、娘たちも喜んでました。

徳地和紙の二双紙を一枚と半壊紙版を3枚買いましたので、帰ってさっそく書いてみました。

CIMG2421

春日

コピー ~ CIMG2377

美しい遊歩道です。

コピー ~ CIMG2403

川の流れもいいですね

コピー ~ CIMG2373

娘たちや妻もリフレッシュ。

 

コピー ~ CIMG2365

徳地のアマガエル

コピー ~ CIMG2418

留守番してたチップは帰ったらうれしそうでした。

心安間放

CIMG2354

ハガキ 5月1日

心安間放(しんあんかんぽう)

(心やすらけく静かに気ままなること)

5月って、早ッ。ついこの前正月だったのに、あっという間です。

まあでもこういう心境で日々過ごせたらなぁとは思いつつ、絶対無理です。

仕事してれば、いろんなハプニングもあるし、心配事も山ほどとは言わないまでもあるこたぁあるし。

それが日々生きていくということなのでしょう。

今日は家族みんなでちょっと出かけようと思います。

生憎の雨です。

でも娘たちもたった一日でもこんな日を楽しみにしてくれてましたので幸せに感じますね。「心やすらけく」です。

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示