« めぐりあい | 心を映せ »

田舎の絵

CIMG7749

ハガキ 12月15日

私は田舎の絵をみます。

さびしい時は絵のなかの白いみちを

まいります。

(金子みすゞの『田舎の絵』より)

昨日の夜は芝英書道会の総会、そして桂雪を偲ぶ会が催された。

芝英書道会とは桂雪の本部での教室です。

亡くなった後は僕が引き継ぎました。

それぞれが桂雪の思い出を語りました。

なかには涙で言葉に詰まる方も・・・

それぞれの方のなかに桂雪の言葉や精神が生きているんだなぁとつくづく思いました。

そんな父のような大きな指導ができるように僕も精進していきたいと思います。

 

コメントを投稿

※コメントを投稿するにはお使いのブラウザのJavascriptを有効に設定してください。

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示