« 春立つや | 緻密と大胆 »

不失花

CIMG7787

ハガキ 1月8日

不失花

失せざる花

(無くならない花)

世阿弥の『風姿花伝』の中の言葉。

「いつまでもなくならない花、まことの花」のこと。

若さの魅力は「時分の花」であって年齢とともに失せてゆくものであるから、芸の稽古に努め励んで「失せざる花」にならなければならない。と説いているものです。

年とともに内面的、精神的な美、人間的魅力を深め、「不失花」になるよう精進せよということ。(禅の語録より)

6日の一便にて東京に行ってました。

仕事までに時間がありましたので、まず上野へ

松坂屋にて『朝日二十人展』を観ました。

ものすごい人でしたね。

すごかったですね。

いろいろと思うことがありました。

都美術館へも行って『TOKYO書』の超大作群も観たかったのですが、月曜日だったので休館日だね。残念。

つぎに銀座へ。

毎日の『新春展』へ。

まず和光会場へ。

大家の先生方の作品をじっくり鑑賞。

つぎにセントラル美術館会場へ。

夢中になって観て回ったので写真ぜんぜん撮ってません。

すべて観てあらためて思ったことは

やっぱ線の鍛錬だよなぁ

ってこと。

自分は鍛錬をまだまだ怠ってるなぁと思いました。

それと渇筆ですね。

かすれの線の美しさに目を奪われる作品が多かった。

これもやっぱり線の鍛錬だね。

それとやっぱり内面的、精神的な美だね。

つくづくと感じた1日でした。

7日は一便にて宇部に帰ってきまして

そのまま宇部教室へ。

すべて仕事し終わったのが22時だったので、ハガキ作品を書く気になれなかった(鍛錬って言いながら、やっぱ甘いね)ので、風呂入ってすこしボーとして寝ました。

今回も3会場を巡って心になにか得るものがありました。

お知らせをクリックしてください。

 

コメントを投稿

※コメントを投稿するにはお使いのブラウザのJavascriptを有効に設定してください。

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示