« 2014年09月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月31日

心の灯

CIMG8562

ハガキ 10月31日

心の灯

昨夜は父・桂雪の夢を久しぶりにみた。

東京の街でお酒を飲んで、ふたり肩を組んで歩いていました。

悩んでいることも相談しました。

なんかすっきりしました。

悩んでいることも、その答えも自分の潜在意識の中にあるもんだろうけどね。

 

2014年10月30日

かなりあ

CIMG8560

今日の一作

久々です

サイズ 35cm×45cm

墨 澄懐(呉竹精昇堂)

紙 筑前秋月和紙

筆 狸

唄を忘れた金糸雀は象牙の船に銀の櫂

月夜の海に浮べれば忘れた唄を思い出す

西條八十『かなりあ』

墨は昭和58年製で玄游会オリジナル墨です。

現在製造していません。貴重な墨です。

30年経ってますからね。なかなかいいです。

CIMG8561

雲遊

CIMG8558

ハガキ 10月30日

雲遊

今日は月刊誌の発送日だ

スタッフが集まって作業をしていただきます。

ありがとうございます。

昨日は、老眼鏡につける紐を買った

それで首にかけてると老眼鏡を探し回る無駄な時間も無くなる。

さっ、今日も溌剌と

 

2014年10月29日

移りゆく景色

CIMG8556

ハガキ 10月29日

移りゆく景色

色彩が見事に変化をとげてゆく

昨日はうっかり、ブログ更新忘れちょった

さて、先日松江に行く途中

広島の千代田あたりで紅葉の綺麗なところがあった

ああ秋だなって感じでしたね

今朝は寝覚めが悪い

また悪夢だ

23時半に布団に入ったんだけど

夢を見て

どうしても鄭道昭が書けん

どうやって筆を使ってええかわからん

それでふっと目が覚めて24時半、

ええいくそっ

と思ってまた寝る

一時するとまた夢

さっきの続き

どうしても鄭道昭が書けん

筆がもたつく、腹が立つ、また目が覚める

2時

くそっ、また寝る

またさっきの続き

鄭道昭が書けん、もたつく、腹がたつ、目が覚める

3時

くそっ、トイレにいく

くそっ、気分を変えよう

スマホでマイケルジャクソンのダンスをユーチューブで一時見る

30分後、また寝る

7時までぐっすり寝れました。

が、ちょっと寝不足感

2014年10月27日

やさしさって

CIMG8554

ハガキ 10月27日

やさしさのなかには、かなしみもふくまれています。

悲しさを知ればこそ、尚優しさも持てるのかねぇ。

さてさて、昨日は一日朝から、家からも一歩も出ず、自分の部屋に籠っていましたねぇ。

昨日は、いろんな作品書きました。

夜中まで書いて満足して布団に入ったんですが

悪夢(?)をみました

書いた作品がいろいろ映像で出てきまして

あそこは、こうしたほうがいいとか、

ここは、こうすべきだったとか、

いろいろ自分でダメだししてるんです。

おかげであまり眠れませんでした。

 

2014年10月26日

心を届けます

CIMG8553

ハガキ 10月26日

心を届けます。

よう眠れた~

いままでぐっすりでした。

ここんとこよく眠れます。

朝はすっきりです。

よし、今日は作品書こう。

草園さん、コメント(如)ありがとうございます。

昨日は突然おじゃましちゃいました。

 

2014年10月25日

CIMG8551

ハガキ 10月25日

禅の言葉では、語ることと黙っていることとを超越した絶対の黙

今日はもともと秋季研究会の予定だったのか゛11月に変更したので、予定が空いた。

ということで、

妻とドライブがてら松江へひとっ走り

先ほど帰ってきました。

松江のイングリッシュガーデンの回廊で爽風書展を鑑賞して、回廊をぐるっと一回りして他にもいろいろ観ました。

すぐ側は宍道湖で見事なロケーション。

庭も美しい。

天気も最高に良かったね。

CIMG8548

作品も一回展よりだんだん増えて、いいことです。

この輪が広がっていきますように。

書の楽しさが伝わっていきますように。

CIMG8549

ご社中の皆さんと、

西川さんのご主人、娘さん、お孫さんも一緒に。

それにしても、俺タレ目だなぁ。

2014年10月24日

CIMG8544

ハガキ 10月24日

如(真実のありのままの姿)

松江では明日から爽風書展(西川草園さん主宰)が2日間ある。

宍道湖畔のイングリッシュガーデン

沢山の方に観ていただけますように。

 

2014年10月23日

無功徳

CIMG8542

ハガキ 10月23日

無功徳(むくどく)

何かを求める心でなした善事には、真の意味では功徳がない。

見返りを期待するなっちゅうことですね。

ついつい、ね

やってあげたのに、なんて思ったりね

でもそれを全く思わないっていうのも、難しいね

小さいことでは見返りを期待してることはあるよね。

これしたんじゃけぇ、これをやってよ

とかね。

みんなが無功徳の気持ちをもってれば、凄いんだろうけどね。

まぁ、今日も頑張るかぁ。

2014年10月22日

あたりまえのしあわせ

CIMG8541

ハガキ 10月22日

あたり前のように飯をくって、あたり前のように寝る、なんてしあわせなことなんだろう

毎朝

起きると、まずトイレ、そしてこのはがき作品を書く

歯を磨く

それから熱いお茶を一口

りんごを1/8ほど食べる。

この一口のお茶とりんごのうまいこと。

そしてブログの更新です。

決まったことを毎朝できることの感謝

そして、妻へも感謝。

 

2014年10月21日

ただの字さ

CIMG8539

ハガキ 10月21日

ただの字さ

所詮、ただの字かもしれません

しかしそれから、何かを感じていただけるなら

これほどうれしいことは、ありません。

さて、昨日は

妻に弁当をつくってもらい、午前中は所用で出かけて、高速で防府教室へ。

途中佐波川Pで昼食

妻の作ってくれた弁当を開けてと・・・・

箸のケースを開けると、

箸がない

しょうがないので、売店で小さな一番安いおにぎりセットを買って、割り箸をもらってそれから食べました。

さて、それから防府教室へ

13時50分について、皆さんを待ちます、待ちます、待ち・・・

14時になって・・・誰も来ません。

ん?

いつもならこんなことないのになぁ

みんな遅いなぁ

なんて思いながら

14時15分まで待ってて

ん?待てよ

ってんで、スケジュール帳を見ると

教室のしるしをしてるけど、なにやら消しているような。

あれっ?

結局、教室は休みだったのです。

なんだよー

往復2時間、もったいないことしたなぁ

こうなりゃ映画かぁ

とも思ったのですが

防府も宇部もちょうどいい時間に、観たいものもなく

妻に電話して

サンパークで待ち合わせ

新しいお茶やさんで、抹茶セットをいただいて帰りました。

妻はそのままショッピング。

なんだかまぬけな一日でした。

抹茶セットはうまかった。

 

2014年10月20日

無垢な字

CIMG8538

ハガキ 10月20日

無垢な字

土曜日の朝から京都の綾部に行ってました。

昨夜22時に帰宅。

京都会の秋季研究会です

京都会の皆さんに会うのは楽しみです。

30年近く毎年2~3回行ってますので

故郷に帰ったような気がします。

今回の会場は8年ぶりくらいかなぁ、やまの家でした。

なつかし~い

でも以前と比べると

だいぶ改装してあって

綺麗に変身してました。

CIMG8519

日曜日の朝。朝靄のなか幻想的です。

CIMG8520

やまの家です

CIMG8521

よこの小川も懐かしい

CIMG8522

CIMG8524

綺麗に生まれ変わっています。

CIMG8525

会場は熱気むんむんです

CIMG8536

とんびがポールの上で

ピーーーーヒョロロロロロロ

みなさん和気あいあいと

しかし筆を持つときは真剣に

いい時間を過ごしました。

いい字に出会いました

なんともいえずいい字です

いやいや無垢な字です

素朴とも違う

一生懸命ともまたちょっと違う

形容しがたい無垢な字です

そこには計算も何もありません

幼稚でもありません

20代の若者が書いてんですから

見ると心が洗われるような

自分もそんな字が書けたらなぁ

なんて思うけど

無理だろうなぁ。

CIMG8532

日曜日昼過ぎに記念写真

しっかし俺はつくづくタレ目だなぁ

2014年10月18日

美しいくらし

CIMG8517

ハガキ 10月18日

美しいくらし

物質的に満たされてなくたつて

美しいくらしはできる

精神的に美しいくらしをしよう

2014年10月17日

規格外

CIMG8515

ハガキ 10月17日

規格外をめざせ

作品においては規格にとらわれず

それからはみ出すくらいの意気込みがあってもいいんじゃないか

なんて思います

 

2014年10月16日

雲がおよぐ

CIMG8514

ハガキ 10月16日

雲がおよぐ

朝晩はよく冷えるねー

夜は風呂上りでも

靴下が必要

僕は寒がりで、冷え症です

昔と全く体質が変わったよう

昔は冷え症とは全く無縁で暑がりだったのに

さてさて、今日はスタッフ2人に手伝ってもらって一日仕事です。

気合い入れて頑張っていきましょう。

2014年10月15日

命を宿した時

CIMG8513

ハガキ 10月15日

命を宿した時、もはやそれは、ただの線ではない

書とはそういうもんだと思います。

逆に命を宿してなければ、ただの線になってしまいます。

ただの線を書くまい。

それはただ一生懸命に線を引けばいいかというと、そうでもないと思います。

作品の中には、なんでもない線が必要な時もあります。

でもそのなんでもない線でも気楽に書いた線でも

ただのなんでもない線と

脇役に徹した線とでは違うと思います。

微妙なんだけどね。

だから

主役の線も、脇役の線も命が宿ってなければ・・・・

と思うのです。

さて、今日は書展の賞品発送スタッフが朝から作業です。

よろしくお願いいたします。

 

2014年10月14日

ほんに爽やかな朝

IMG_1111

ハガキ 10月14日

ほんに爽やかな朝

書展も無事終~了

みなさんお疲れ様でした

沢山の会員の方が動いての成功です

そして特に理事長・実行委員長はじめ執行部の皆さんの心労は大きかったと思いますが、盛況に終わりまして、感謝感謝です。

昨日の表彰式も、台風が心配されましたが、無事子供たちの笑顔に会えましたし、何事もなく終了しました。

昨夜は早めに寝て熟睡したせいか、4時に目が覚めちゃって、実に爽やかな朝です。

IMG_1077

沢山の受賞した子供たちとご父兄の皆様

IMG_1078

会長挨拶ということで、いささか緊張気味

2014年10月13日

透明な心

IMG_1076

ハガキ 10月13日

透明な心

透明なことば

今回の書展では

僕は宮沢賢治の詩を

大作に仕上げた

賢治の詩は好きだ

詩というか文章が好きだ

心地よくて、透明な文章に感じる

透明な心を感じるのです。

第40回玄游書展作品

IMG_0963

蜂が一ぴき飛んで行く

琥珀細工の春の器械

蒼い眼をしたすがるです

私のとこへあらわれたその蜂は

抛物線の図式にしたがひ

さびしい未知へとんでいった

宮沢賢治の鈴谷平原より

サイズ 1.5m×3m

2014年10月12日

色彩は

IMG_0952

ハガキ 10月12日

色彩は心豊かにするが心豊かなモノクロの世界もある

昨日は書展初日

沢山の方に来ていただいた

夜には40周年の記念祝賀会

そのために

書展会場にも

京都や島根など遠くからも沢山

そういう方のために少し作品解説もさせていただいた

作品の解説をしながら

僕の思いもいれたつもりです。

夜の祝賀会は

盛大で

216名の出席で

心温まるものだったと思います。

祝賀会開催に当たり

準備から当日までの準備をしてくれたスタッフに心から感謝します。

さて、色彩は心豊かにしますが

心豊かにしてくれるモノクロの世界が書展会場にはあります。

是非お越しください

明日までです。

明日は16時までですよ。

 

2014年10月11日

楽しもうぜ

CIMG8469

ハガキ 10月11日

楽しもうぜ

昨日は無事展示作業が終わった。

朝8時から始めて夕方6時くらいまで。

みなさん本当に沢山集まっていただいて、そして精力的に動いていただいて、すばらしい展示ができました。

ありがとうございます。

さぁ今日から3日間楽しんでいきましょう。

そして今日は40周年記念の祝賀会。

盛り上がっていきたいです。

台風が気にはなるんだよね。

このままいくと、表彰式は大丈夫かな

撤去作業の時は大丈夫かな

とか

なんとかずれてくれー。

 

2014年10月09日

CIMG8458

ハガキ 10月9日

昨日は月食

20時までは宇部教室だったんで欠けていくのが写真撮れませんでした。

19時ころだったかなぁ

教室のお弟子さんと外へでて、しばし鑑賞。

20時に終了して、すぐ帰宅。

帰った時には完全に欠けてました。

赤くボヤーっとして幻想的でしたね。

ってことで、欠けたところから元に戻るまでを撮影しました。

IMG_0939

IMG_0940

IMG_0941

IMG_0943

IMG_0944

IMG_0946

IMG_0948

IMG_0950

さていよいよ書展です。

第40回記念 玄游書展

10月11日~13日

山陽小野田市民館

ぜひお越しください。

2014年10月08日

一歩進んで

CIMG8456

ハガキ 10月8日

一歩進んで二歩さがる

いやいや二歩どころじゃないかもしれん。

進むときは調子よかったら一歩どころじゃないんかもしれん。

まぁあせらず、ぼちぼちと。

いよいよ書展の搬入があさってに近づいてきた。

たくさんの方の協力によって向かっている。

感謝のひとことに尽きます。

各部での準備もばっちりだと思うけど

事務局は事務局で

忘れたことはないか

いろいろ再確認中。

2014年10月07日

なみだ一粒

CIMG8455

ハガキ 10月7日

大海のごときなみだ一粒

きのうは風がけっこう強かったね。

一昨日の深夜からけっこうな強い風がふいてて、1時半くらいから眠れなくて居間で座っていたら

風の音がすごかった。

書展の横断幕、大丈夫かいのぉ

ってんで、昨日の早朝、市民館まで見に行ってみました。

びくともしてなくて安心。

きのうは防府教室の帰り、映画にと思ったけど

まぁ書展や祝賀会も近いし、気分的に落ち着かんから、やめておこうと帰りました。

が、結局帰っても

おそい夕食食べて、ぼーとしてるだけだった。

2014年10月06日

静と動

CIMG8452

ハガキ 10月6日

静と動

静があるから動がある

動があるから静が引き立つ

明と暗

速と遅

黒と白

潤と渇

太と細

深と浅

開と閉

密と疎

これらを考えてみよう。

 

2014年10月05日

血が

CIMG8450

ハガキ 10月5日

そこに血が流れている

生命ある作品ってのは、息づかいが感じられて、あたかも血が流れているようなものだ。

近代詩なんて書じゃない

まだそういう考えをもっている人もいるようだ。

漢字だからとか

仮名だから

近代詩だからとか、

そんなもの関係ない

なにを書こうが

書は書だ

そしてなにを書こうが

そこに生命が感じられるか

血が流れているか

なにを書いたって、いいものはいい

感じないものは、なにも感じない

そこに漢字だろうが、仮名だろうが、近代詩だろうが、

そんなの関係ねぇ

ん?どっかで聴いたようなフレーズ

まっ、そう思っている。

今日は月例審査

血が流れているような作品がいくつあるだろうか。

たのしみだ。

 

2014年10月04日

爽籟

CIMG8442

ハガキ 10月4日

爽籟

朝晩は結構冷えるけど、日中はまだ夏みたいに暑い。

昨日も昼間はぶち暑かった。

教室で仕事するにも冷房を入れたもんね。

だもんで昨日はチップも娘に散髪してもらって涼しくなった。

CIMG8440

でも顔回りをされるのは、いやがってどうしようもない。

トリマーの娘でも手こずってました。

2014年10月03日

意識つて

CIMG8439

ハガキ 10月3日

意識って大切でもあるし邪魔でもあるよな

作品は意識がないと書けない。

でもその意識が見えすぎるといやらしい。

うーん、難しい。

書展も祝賀会もどんどん近づいてくる。

書展はたくさんの方に観ていただきたい。

10月11日~13日

山陽小野田市民館

ぜひぜひお越しください。

 

2014年10月02日

CIMG8438

ハガキ 10月2日

無って難しい

ヨコ3本

タテ4本

点4つ

単純な形だよね

表情を形の上で表情を持たせるのはなかなか難しいね

だから線質が大事なんだよね

 

2014年10月01日

気持いいのがいい

CIMG8437

ハガキ 10月1日

気持いいのがいい

僕が思う、いい作品とは

理屈じゃないんです、気持ちいい作品がいいんです。

それがたとえ汚くても綺麗でも

激しくても静かでも

乱れてても整理されてても

いい作品は

パッと見て気持ちいいんです。

そこには読めるとか読めないとか以前の問題だとも思います。

いい作品は読む前にビビッと感じるものです。

感じないものは

さて、なんて書いてあるのかな、と読んでしまいます。

読めて安心するだけです。

いい作品が発するものはそんなもんじゃないと思っています。

読ませる前に

感じさせるのです。

なにかを感じさせて、気持ちいいんです。

そんな作品が書きたい。

 

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示