メイン

2019年05月21日

20190514_151934

5月21日

俺にはこれしかないんだよ

2019年05月02日

好きな色

20190428_180417

5月2日

好きな色と似合う色とは違う

そうなんだよなぁ。両方が一致すると

いいんだけどなぁ。

書だってそう

好きな線と似合う線は違うんだよ。

そこが分かるまでには時間がかかると

思うんだけどねぇ。

やっぱ最終的にこの線にもどるのか

ってなることが多いよね。

でもそれまでにはいろんな線も

経験して見なきゃわかんないんだよね。

2019年04月23日

暖かい風

20190421_133228

4月23日

暖い風が私の顔を洗ひ

(中原中也の詩)

昨日は久しぶりに映画を観た。

「キングダム」だ。

中国の戦国時代の話だけど、

史記や三国志など知らなくても十分

楽しめるエンターテイメント作品だ。

ぶち面白かった。

2019年04月04日

不安

20190404_144316

4月4日

不安を楽しもうぜ

生きてりゃいろいろ不安になることも多々ある。

でもそれさえも楽しんでいこう。

それくらいの気持ちを持とう。

作品に対してもそうだ。

いろいろ悩み、不安になることもある。

でも自分を信じるのだ。そして楽しむのだ。

2019年03月14日

20190312_161100

3月14日

心に鬼を

東京に3/9-11いたんですが、ホテルにて早朝

テレビをつけたら教育テレビで歌人・馬場あきこさんの

インタビューをしてた。

戦争の中、歌を忘れなかったことや内容がとても興味深かった。思わず見入っていた。

そのなかで馬場さんが「誰の心にも鬼はいるんです。」

鬼とは般若のような感じ

怒りもあれば、悲しみもある。

俺の心にも鬼をすまわせなければ。

書の鬼をね。

2019年03月12日

夢見るだけじゃ

20190312_142808

3月11日

夢みるだけじゃ現実にはならない

それに向けて、どう行動するかだ。

久しぶりにWOWOWで『フラッシュダンス』

やってたんで、観たけど、何度観てもいい映画だ。

劇中のダンスシーンも素晴らしい。

セリフの中で

「夢みるだけじゃ現実にはならないわよ」ってのがある。

心に突き刺さる。

夢があるなら、それに向けて行動を起こさなきゃ。

努力しなきゃ。

書の公募展もそう。入賞したかったら、書きもせんで

賞に入りたいってばかり言ってたんじゃ、なんにもならん。

どうする?

努力しかないでしょ

どういう努力するかはその人次第。

書だけじゃなく、いろんなものから吸収する力がほしい。

2019年03月07日

驕らず

20190307_085411

3月7日

勝って驕らず、負けてくさらず。

これは相撲でよく言われますが

書についても同じことが言えると思います。

公募展などで入賞し、それによって自信をつける、

持つということはとてもいいことですし、自信は持ちなくてはなりません。

しかし過信してはいけないのです。

過信するということは驕りです。

過信すればアドバイスも耳には入らなくなります。

そして落選したり、入賞を逃してしまったりしてもけっしてくさらないという心が必要でしょう。

よし、次こそって思ってまた精進していく姿勢・心が

必要です。

しっかり心に刻みたい言葉です。

2019年02月28日

正義ってなんだ

20190228_141617

2月28日

正義ってなんだ

昨日は久しぶりに映画の時間が取れたので

観に行きました。

「七つの会議」です。

すごい面白い。

企業の癒着、偽装、隠蔽問題。

最後のシーンでは

この世から偽装や隠蔽は絶対なくなることはないと言い切ります。でもそれを少なくすることはできると。

それには個人個人の正義感かな。

企業だけに限らず、いろんな組織においても勉強になります。

野村萬斎さん、かっこええ。立ち居振る舞いが違うぜ。

2019年02月26日

好きなもの

20190226_105852

2月26日

好きなものがこころ満たすとはかぎらない。

難しいんだよなぁ

好きだからこそ悩むこともあるし

好きだから、それが直に心を満たすものになるとは限らないんだなぁ。

書もそういう存在かなぁ。

ほんとにこころ満たすものが書けたら最高だけどね。

心の充実感のある作品でなければ観る人の心動かす作品にはならないよね。

2019年02月07日

調整

20190207_145921

2月7日

なにかしら調整しながら生きている。

いろいろ仕事をかかえていると、なにかしら調整するもんだよね。

そのなかで優先順位をつけてやっつけていくもんだ。

でもその調整力もあまりうまくなくてもいいと思っている。

そのへん、不器用なくらいが生きてる実感がありそうだ。

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示