« 2012年04月 | メイン | 2012年06月 »

2012年05月31日

第4回春渓会書展

明日から日曜日まで

長門市のルネッサ長門にて開催です。

是非お出かけください。

僕は明日は教室そして松江入り

土日は松江にて講習会のため会期中いけませんので

先ほど展示が終わったころお邪魔して作品を見せていただきましたよ。

たのしい書展になっています。

CIMG5072

会場入り口

CIMG5071

展示室風景

CIMG5069

子供たちの作品群

薄い杉板に書いてます。たのしいですね。

写真・コメントがかわいいです。

CIMG5070

印象に残った子供の作品

牛馬安全と書いてます

コメントを読むと

家で牛をたくさん飼っているらしく

その牛たちがこの子になついて、可愛くてしょうがないようです。

それで牛たちの健康を願って牛馬安全

CIMG5067

展示でお忙しいところをお邪魔して春渓会のみなさんと

CIMG5073

CIMG5079

地元油谷川尻ご在住の

賛助出品・中原白道先生の作品

97歳です。

素晴らしい

金冬心ばりの気力あふれる線状に感動します

それから同じく中原白道先生の仮名作品

CIMG5075

しばし見とれてしまいます

年々(としどし)にわが悲しみは深くしていよよ華やぐ命なりけり

僕がいうのも失礼かもしれませんが

線の透明感が素晴らしいです

先生にはお会いしたことはありませんが、お人柄が滲み出ているような感じを与えてくれます。

しまった、代表の山本春渓さんの作品の写真を撮り忘れた

みなさん、行って直に見てください。

かたちばっか

CIMG5066

ハガキ 5月31日

かたちばっか

きにしちょったら

かけんど

上っ面ばかり気にしながら書いてるとね、結局線に気が入らんのよ、

たしかに形は大事だけどね

でもね形はね、生命感のある線の集合体が形となって表れるのです。

まず形ありきじゃ説得力無い気がするんだけどな。

さて、5月ももう終わりです。

いよいよ夏突入だね。

2012年05月30日

うるおい

CIMG5064 

ハガキ 5月30日

うるおい

心がうるおっちょかんにゃね

乾いたらいけん

乾いたら、ろくなこと考えん

みんないろんなものを抱えてます

でもね、うるおいはなくしたくないですね

CIMG5061

ハイ、癒しの一枚

2012年05月29日

心如鉄石

CIMG5056

ハガキ 5月29日

心は鉄石の如し

(心の堅固なること金鉄岩石のごとき、丈夫な心)

心は丈夫で健康でいたいと思いますね。

朱墨で書いちゃいました。

 

 

2012年05月28日

僕の歩み

第4回春渓会書展 

ハガキ 5月28日

目の前を暗雲垂れ込もうとも僕は僕の歩みを止めない

長門市で今週金曜日から開催の第4回春渓会書展の賛助出品作品です。

今日硯山さんから写真がメールで送られてきましたので掲載します。

サイズ2.6×6尺

第4回春渓会書展(代表・山本春渓)

6月1日(金)~3日(日) 9時から18時、3日のみ16時まで

ルネッサながと 文化情報ギャラリー

長門の観光も兼ねてお出かけいかが。

青海島や金子みすず記念館などいいですよ。

ちょっと足をのばせば、大好きな香月泰男美術館もあります。

桂雪・第4回春渓会書展

桂雪の賛助出品作品『無為』

2.6×6尺

生きた美しさが一番

CIMG5055

ハガキ 5月28日

生きた美しさが一番

そうです、作品は生きた美しさが一番なのです

いくら形をとりつくろっても人の心には響きません

そうすると、やはり書き手の心のありようが大切になってきます

2012年05月26日

あしたへ

CIMG5047

ハガキ 5月26日

あしたへつながれ

杉原紙のはがきを加古川のHさんが送ってくださいましたので、さっそく使って書きました。

ありがとうございます。

とても書きやすいですね。

墨もいい塩梅に吸ってくれます。

さてと、今日は今から上京です。

六本木・国立新美術館です。

では行ってきます。

2012年05月25日

村情山趣

CIMG5046

ハガキ 5月26日

村情山趣(そんじょうさんしゅ)

(村の風情に山の趣)

いなか、いなかがええよ。

趣あるよ。

やっぱ生まれ育ったここ山陽小野田はええね。

さてと明日から防府で書展があります

防府の金重紅園さん主宰の茜雲会の書展です。

第10回記念 茜雲会書作展

5月26日(土)~27日(日)

防府市地域交流センター・アスピラート2F

桂雪と照濤は創玄展作品が賛助作品として展示してあります。

お時間のある方は是非。

僕はと言えば明日、明後日は毎日書道展の審査のため上京します。

 

2012年05月24日

僕のすきな街

CIMG5045

ハガキ 5月24日

僕のすきな街

ここんとこずっと忙しいもんで月曜日の教室の帰りにDVDをレンタルしまして夜映画を観ました。

『リアルスティール』

いやぁ面白かったなぁ

そして感動しました。

いい気分転換になりました。

SFなんですけどね。

人間の代わりにロボットがより暴力的にボクシングの試合をするんだけど、それと合わせて父子の絆が徐々に紡いでいかれるというような内容なんですけどね。

最後はもう感動でした。

大福うさぎさん、コメントありがとうございます。

はい、うさぎさんかなとは思いましたけど・・・ご丁寧にありがとうございました。

 

 

2012年05月23日

CIMG5043

ハガキ 5月23日

昨日も暑かったし、今日もいい天気

昨日、妻が本を僕に買ってきてくれました

「これ絶対ええけぇ」

妻は以前、図書館で借りて読んだらしい

気にはなってたんだけど

読ませていただきます

『蜩ノ記』

(命を区切られたとき、人は何を思い、いかに生きるのか)

時代小説です

読んでる方も多いと思いますが遅ればせながら

show-yoさん、コメント(生きた線であれ)ありがとうございます。

みなさんが興味を持っていただいて次回のご参加につながりますように

土曜日はお疲れさまでした

うさん、コメント(貴重な失敗)ありがとうございます

挑戦していく気持ちは持ち続けたいですよね

僕自身もそうありたいと思っています

共感してもらってうれしいです

2012年05月22日

貴重な失敗

CIMG5042

ハガキ 5月22日

失敗ってのは挑戦をするからするのであって挑戦すらしない人に貴重な失敗の経験なんて出来るわけがない

どんどん挑戦していきましょう

作品を書くんでもね

「ああこうやったらおかしいだろうな」と頭で想像して実際にはしない人、多いけどね

どんどん思ったことはやってみるといいと思います

ついついかっこよく纏めようとするから思いきったことができなかったり斬新なことをさけてみたり

どんどん失敗することだと思いますね

その中から新しい発見やアイデアが生まれるっちゅうもんです

書をする上でも失敗を恐れないでという話でした。はい。

2012年05月21日

達心志

CIMG5041

ハガキ 5月21日

心志(しんし)を達す

(心に思うことをはたす、目的を遂げる)

金環日食だぁー

いまテレビで見てます

すごいね、きれいだね

生中継を見てますが

雲に入った太陽が金環になった瞬間、雲から出て

奇跡ですね

いやーきれいきれい。

たいきさん、コメント(古典研究会終了)ありがとうございます。

お疲れさまでした。これからの引き出しの中身を作る作業、楽しみながら続けていってくださいね。

 

 

2012年05月20日

古典研究会終了

古典研究会が終わりました。

講師・助講師のみなさん

スタッフのみなさん

そして受講生の皆さんお疲れさまでした

いい一日でしたでしょうか

新しい発見があったでしょうか

心にお土産ができたでしょうか

書作をする時間が少なくこの時間内では臨書作品を完成させ尚且つ創作作品まで完成させていくことは非常に困難なことで、出来なくても無理はないのです

それでもなんとか時間内に作品を仕上げ、限られた時間の中で精一杯書いていただいたと思います

昨日も今日も僕は言わせていただきましたけど、今回の研究会で

心の中で喪乱帖と針切の引き出しができたのです

でもこの研究会でやったことはその引き出しのインデックスを付けたにすぎないのです

中身を充実させるのは皆さんが帰ってから、いまからの継続した勉強によるのです

この研究会はその勉強方法を知っていただくためのものなのです

そのきっかけづくりになったらと願っています

 コピー ~ CIMG5015

喪乱帖の担当講師の斎藤幽華さんの講義

コピー ~ CIMG5029

針切の担当講師の金重紅園さんの講義

コピー ~ CIMG5016

講義に真剣に聞き入ります

コピー ~ CIMG5024

書作風景、みな真剣に書きますが、悩みもします

だから勉強になるのです

コピー ~ CIMG5021

僕が参考揮毫してます

コピー ~ CIMG5032

1班の班活動

コピー ~ CIMG5033 

2班の班活動

コピー ~ CIMG5036

3班の班活動

コピー ~ CIMG5035

4班の班活動

コピー ~ CIMG5037

5班の班活動

このあと堀鴻烽さんの進行で全体合評会が行われ、

話題作の鑑賞をしながら話をしました。

生きた線であれ

CIMG5013

ハガキ 5月20日

生きた線であれ

昨日は京都で古典研究会でした。

一昨日の夜11時ころ京都入り

すぐに寝て朝目覚めもすっきりと会場へ向かいました

会場は京都駅前のキャンパスプラザ

素晴らしい会場です

今回の受講生は23名

講師・助講師含めて総勢30名でした

午前中は講義のみ(喪乱帖・針切)

午後は書作です

古典を勉強する意義も話をさせていただきましたが

皆さんにとって少しでもいいきっかけになればと思います。

古典の勉強もして生きた 線を目指しましょう

コピー ~ CIMG4990

午後の書作風景、みなさん真剣ですよ

コピー ~ CIMG4993

個人的に添削もしますよ

コピー ~ CIMG5002

参考に書いて見せます。これは針切の臨書してます

コピー ~ CIMG5007

書作後の班講評会1

コピー ~ CIMG5008

書作後の班講評会2

コピー ~ CIMG5009

全体合評会風景

さてと今日はここ山陽小野田での古典研究会です

会場はセントラルホテル

ガンバロ!

2012年05月18日

間美

CIMG4988 

ハガキ 5月18日

間美(かんび)

(しずかでよいこと)

しずかに

しずかに

心はしずかに

2012年05月17日

CIMG4987

ハガキ 5月17日

気合を入れて気!

と書きました

気が入ってるように見えますかねぇ

気合いだァー気合いだァー気合いだァー

ヨッシャー!!

2012年05月16日

天地春律を回す

CIMG4986

ハガキ 5月16日

天地春律(しゅんりつ)を回(かえ)す

(この世は春の時候となった)

真夏日になったりさむくなったり、わかんねー気候です。

昨日は夢で3尺×8尺の縦に3行でいい作品が欠けたんですよぉ

流れのある、振幅のあるやさしい近代詩

それで昨日の朝

「ええ作品が書けた!夢じゃけどのぉ」

妻「ふーん、夢で書けたってしょうがないじゃん」

はいそのとおり、ばっさりです

さてさて今週土日は古典研究会

土曜日は京都で

日曜日は山陽小野田で

いい研究会になるように頑張りたいと思います

今回の古典は

喪乱帖

針切

臨書から創作まで展開していきます

いつも言っていることですが

この研究会でいい作品を作ることが目的ではありません

勉強の仕方を学ぶのです

それがいい動機づけになったり刺激になったりしてくれれば嬉しく思います

「なるほど、こんな風に勉強するんだぁ」

なんて思ってもらえたら

そして

その勉強をこれから継続してやってもらえたらうれしいのです

がんばりましょう。

 

2012年05月15日

ひ・か・り

CIMG4985

ハガキ 5月15日

光光光光光光光光光光

ひかりあう・光

光る作品ってどんな作品?

当然線に生命感を宿していることですが

線を書いてないところ

つまり余白も大事な要素なんです。

これが生きてないと作品の景色が美しく見えません。

書かないところに意識をやる

これ難しいことですけどね

大きな余白

少しの余白

いろんな余白があります

余白があるから字が浮かび上がるんですよ

余白がなければ真黒です

だからね

どんな余白だろうと、広かろうが狭かろうが

作品の中でその余白が光っていることが大事なんです。

今日も寒いぜー。

2012年05月14日

悩める

CIMG4984 

ハガキ 5月14日

悩めることもしあわせのひとつ

なんかなぁ、ちょっと寒いねぇ

夏日になったり寒うなったり、おじさんは身体がついていきません。

悩みがあるのも

悩めるのも

生きてるから

そう思ったらしあわせです

2012年05月13日

花の薫り

CIMG4983 

ハガキ 5月13日

晴窓(せいそう)花気(かき)薫(くん)ず

(晴れて明るい窓に花気が薫薫におうている)

気持ちのいい天気が続いています。

昨夜は寝る時ちょっと寒かったかな。

昨日は大濤錬成会

みな一生懸命書いてました

とにかく気持ちを線に乗せて書いてもらいたいと思っています。

また来月も錬成会しますよ。

CIMG4981

CIMG4982

みな一心に書いてました

お互いにいろいろ書の意見交換もしながら。

さてと今日は月例審査。

会場はきらら交流館。

海のそばで最高のロケーションの中、審査に頑張ります。

月刊誌の原稿もまったく出来てないし、今日は帰って少しはやらないとな。

 

2012年05月12日

理屈じゃない

CIMG4979

ハガキ 5月12日

感じることは理屈じゃない

そうだよ、そうなんだよ

理屈じゃないんだよ

作品を見てビビッと感じるのは

部分的なものを見てだとか

形がカッコいいとか

この線がいいからとか

そんなもんじゃない

理屈じゃない

理屈じゃないと見れないような作品は書きたくないね

胸にずしんと感じる作品って

大胆だろうが繊細だろうが

大きかろうが小さかろうが

そんなこと関係なしに生命力を発してるものだと思うね

さて、今日は防府で大濤の錬成会

行ってきます

2012年05月11日

春風遍宇宙

CIMG4978

ハガキ 5月11日

春風宇宙に遍(あまね)し

(春の風はそよそよと天地間に充満している)

春だねー

今日は宇部・岩国・山口フルコースだぁー。

2012年05月10日

耕雲種月

コピー ~ IMG_0709

IMG_0712

硯山ギャラリー

耕月種月(こううんしゅげつ)

(雲を踏んで耕し、月をいただいて植える)

苦辛労役をいとわず、修行に精進すること。

お店に立ち寄られた折にはご覧になってくださいませ。

硯山 下関市細江町一丁目3-16

 

地図画像

泥臭い

CIMG4941

ハガキ 5月10日

泥臭い

臭いがするんだったら泥臭くて上等だよ

無味無臭よりよっぽどええよ

無味無臭の作品は書きたくないね

いくらかっこよくてもね

泥臭くっても人の印象に残るようなものが書きたい

あっ、臭いっちゅうてもねぇ

実際墨が腐って臭いのはいただけんねぇ

あれは強烈です

墨はいい薫りがいいね。

 

 

2012年05月09日

静和

CIMG4940

ハガキ 5月9日

静和(こころおだやかなこと)

先日、妻が僕のウォーキングシューズを見て

「なんなん!これ。底がないじゃん。買い替えーや」

僕も全然気がつきませんで

見てみると・・・

底がない。

物持ちがええというか鈍感というか。

ということで

昨日買いに行きまして

それゃもう、ウォーキングが快適快適。

やっぱ靴底、大事じゃね。

 

2012年05月08日

風のたより

CIMG4939

ハガキ 5月8日

風のたより

昨日の午前中は山口大学医学部付属病院へ。

父・桂雪が同病院へ書画を寄贈しましたので、その贈呈式へ。

入院中の方々に楽しく鑑賞していただき気力を持ってもらいたいという願いからです。

作品は約全紙1/2くらいかな。

彩色がしてあり楽しめる作品だと思います。

画も書と同じ線質で書いているので書とも違和感なく調和しています。

コピー ~ CIMG4936

気力でがんばろうや

コピー ~ CIMG4930

病院長の岡正朗先生と。

さてと、話は変わって

今朝寝起きは頭が重かったなぁ。

夢がねぇ

夢でね、書の線についての考察をしてるんですよ。

それがねぇ、映像がないんですよ。

言葉だけのセリフだけの夢。

これ目が覚めたら、けっこう疲れてましたよ。

目がさめて思い出してみてもなかなかいい感じの考察してるんですよね。

抽象的な内容なのでここで紹介するには文章にするのはなかなか難しいのでやめときます。

夢でも書をやってます、なーんてね。

たいきさん、コメントありがとうございます。待っていますよ。

がんばりましょう。

 

 

2012年05月07日

澄観

CIMG4924

ハガキ 5月7日

澄観

(明らかな観察)

GWも終わりましたね。

いろんな行事も無事終了いたしました。

今日から教室もまたはじまります。

昨夜はいい墨を磨って、いろいろ作品を書きました。

我ながら気持ちよく書けましたよ。

墨色もいい感じ。

アップはしませんが・・・・

いい墨ができると書くのも楽しいですね。わくわくしますね。

2012年05月06日

第30回宇部玄游書展PART2

CIMG4917

宇部玄游会理事長 長岡祥鳳さん

3.5尺×4.5尺 千載一遇

CIMG4918

宇部玄游会副理事長・事務局長兼務 池田知穂さん

5尺×5尺 勢

CIMG4923

本部からの賛助出品

本部理事長 堀鴻烽さん

3.5尺×4.5尺 竜王にのぼる月魄

CIMG4921

席上揮毫作品 長岡祥鳳さん

CIMG4920

席上揮毫作品 池田知穂さん

CIMG4922

席上揮毫作品 藤本芳霞さん

CIMG4919

席上揮毫作品 中尾圭沙さん

 

図書独娯

CIMG4916 

ハガキ 5月6日

図書独り娯(たのし)む。

(絵画や書物をひとり楽しむ)

絵画ではありませんが書作品をきのうは楽しみました。

14時から作品解説をいたしました。

ちょうど1時間の解説でしたが時間が足らなくなり終わりの方は超特急で飛ばしてしまってすみません。

15時からは席上揮毫

トップバッター、中尾圭沙さん

「魂のバトン」と揮毫

いい意味でいつも以上の力がでてましたね。なかなか良い線でした。

筆の開閉もリズムからよく表現できて呼吸も良かったね。

書作時に大切な気持ちも入り込んでました。

次に藤本芳霞さん

「禅」の一字。

ゆったりと大きなモーションから繰り出される練れた線、起筆から走筆に移るまでの力の溜めがよかったですね。

線も深かった。

それから池田知穂さん

風格の「昇龍」の二文字。

大きく息を吸ってから、それを吐きながらの息の長いそして深い一本目の線から徐々に躍動していき龍の最後の方のハーと息を吐き出しながらの気合の入った運筆は見ごたえありました。

最後に長岡祥鳳さん

長岡さんならではの軽快なリズムで「宇宙の夢のせはやぶさ帰還」と揮毫

テンポよく、しかししっかり間も取りながら縦2行におさめました。

じっくり紙に深く入れる線、ババーと紙面を躍動的に動いていく線、この調和が面白かったと思います。

4人すべてタッチやリズムが違いますので見られた方は楽しかったんじゃないかな。

しかーし、僕が揮毫時の解説してたんで揮毫風景の写真撮ってませーん。

CIMG4911

会場風景です。

2012年05月05日

人間

CIMG4910

ハガキ 5月5日

人間のおかしみ、かなしみ

人間だからこそのおかしみやかなしみがあるもんですよねぇ。

GWもずーと仕事でーす。

充実してますなぁ。

今日は宇部玄游書展へ

宇部市文化会館です。

たくさんの作品を観るのが楽しみです。

15時からの席上揮毫には是非たくさんの方に観ていただきたいと思います。

書くときの呼吸やタッチは見なけれゃわかりませんから。

 

2012年05月04日

第36回毎日女流書展表彰式・祝賀会

CIMG4909

福岡から帰ってきました。

入賞の皆さんおめでとうございます。

みないいお顔をされてました。

この入賞でまた励みに精進していただきたいと思います。

写真は表彰式後の祝賀会風景。

それにしても博多はどんたくですごい人だったなぁ。

祝賀会が終わってすぐに博多駅へ。

いつもは車なんで駅に行くこともないので、はじめて駅ビルの阪急百貨店に入ってみましたが、何を見ていいのかわかんなくて

すぐに出ました。

んで、すぐに新幹線に乗って帰宅。

明日は宇部玄游書展へ。

たくさんの方に力作の数々を観ていただきたいと思います。

お待ちしております。

14時からは解説、15時からは席上揮毫ですよ。

春可楽

CIMG4908

ハガキ 5月4日

春楽しむ可(べ)し

(春の花咲くときに行楽すべき)

今日は毎日女流書展の表彰式

書展は福岡県立美術館にて開催中。

表彰式会場はガーデンパレス。

福岡ではどんたくです。

今朝新聞見たらどんたくは国内最大の人出だそうです。

車じゃ絶対たどり着けそうにありません。

なので新幹線で行きます。

今日ご受賞される方々、おめでとうございます。

外ではおまつり、内ではめでたい表彰式。

2012年05月03日

あきらめない

CIMG4907 

ハガキ 5月3日

自分をあきらめない

あきらめからは何も生れないよね。

書でもそう

わかっちゃいるけど、自分にはできっこない

なんて思って

あきらめてる

なんて人いませんかねぇ。

作品についてのアドバイスをさせていただいたり

精神的なこと話しても

「はい。わかってるんですけどねー。難しいですよねー。私には無理です」って人もいますね。

あきらめずに挑戦しましょうよ

あきらめない

僕自身にも言い聞かせます。

 

 

2012年05月02日

第30回宇部玄游書展作品

IMG_0706

照濤賛助出品作

天地礼讃

タテ5尺×ヨコ10尺(全紙4枚)

IMG_0703

桂雪賛助出品作

青花雲龍文から白磁鉄砂そして李朝の素朴で存在感のある壺まで朝鮮の壺は日本人にとって常に憧れの的である

3.5尺×4.5尺

 

あゆみ

CIMG4906

ハガキ 5月2日

あゆみ

昨日は朝から出かけましたんで、ハガキが書けませんでした。

昨日、女流展の陳列後、近くの福岡硯山さんへちょいと寄りまして、

新しく硯をもとめました。

今朝さっそくその硯を使い古い墨を磨って、あ・ゆ・み

歩みを止めることなく前進していきたいものです。

2012年05月01日

第36回毎日女流書展

CIMG4900

朝から第36回毎日女流書展の陳列へ行ってまいりました。

会場は福岡県立美術館。

僕が実行委員長を務めさせていただいておりますので、これもお務めのひとつです。

明日から日曜日までですよ。

4日は表彰式・祝賀会へも出席いたします。

女流展ですから僕は出品したくても一身上の都合で出品できません。

力作ぞろいの女性のパワーを是非感じていただきたいと思います。

CIMG4902

CIMG4904

CIMG4905

なんかむしむしする日でしたが帰ったら雨が降り始めました。

 

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示