« 2012年06月 | メイン | 2012年08月 »

2012年07月31日

耕不尽

IMG_0878 

耕不尽

耕せども尽きず

そうです、心はいくら耕しても耕し尽くせないのです。

だから

耕し続けるのです。

これ小品です。

IMG_0877

真実の破片

CIMG5671

ハガキ 7月31日

真実の破片

やりきれない事実からも目はそらすまい

きっと答えは見つかるはずだから

うわっ、もう7月も終わりだぁ。

くっそ暑いなぁー。

朝はようから蝉の大群の鳴き声で

頭ん中が、ワシワシ・・・・ジージー・・・・ミーンミーン・・・・

どねぇかなりそう。

でもね彼らも一生懸命なんだよねぇ。

それ思うと、けなげにも感じますね。

命いっぱい鳴いて、そして一生懸命に。

僕も一生懸命に。

2012年07月30日

なぁんだ

CIMG5670

ハガキ 7月30日

なぁんだ

昨日の錬成会、無事終わりました。

みなさんお疲れさまでした。

いろいろとアドバイスさせていただきます。

最終的に鑑別した時に

結局錬成会で書いたものでなくて、家で書いてきたものが残る。

なんてことは、よくあります。

なぁんだ、この時間無駄だったのかなぁとか、

なぁんだ、言われたことが全然できなかったとか

思いがちだけど

そんなことはおりません。

この勉強がまた次に繋がっていくのです。

書の作品は技術だけではなく、精神的なことが大きく左右します

緊張して書くのと、リラックスして書くのとでも違ってきます。

アドバイスを受けると、やはり次に書くときは注意して書くもんだから

緊張もするしね、

そうすると自分のリズムが出し切れなかったりするのです。

部分的にはよくなっていっても

全体感では

なんとなく生命感が失われたりするものなのです。

それを通過してまたよくなってくるもんなんです。

なぁんだって、がっかりしないで次に進んでいこう。

なぁんだ、そんなことだったんだぁ。

2012年07月28日

花は咲く

CIMG5669

ハガキ 7月28日

花は咲く

そして

花は散る

それだけですよ。それだけ。

どんな花を咲かせるか、どんな散り方をするかは

みな違うけどね。

今日もはよから暑いでよー。

明日は本部教室・芝英書道会の錬成会。

がんばっちゃいますよ。

CIMG5663

チップも暑くって避難です。

2012年07月27日

疾風

CIMG5665

ハガキ 7月27日

疾風

いやー疲れる

疲れるねー

テレビ体操

今朝6時25分からのテレビ体操をしてみました

ほんだらねぇ

身体が動かん

模範演技のお姉さんのようにピシッピシッと動きまへん

しまいにゃ

ゼエゼエ言ってる始末

へとへとに疲れちゃいました

こんなことじゃいけんね

すこし続けてみようかとひそかに思う僕でした。

 

 

2012年07月26日

歩いてきた距離

CIMG5657

ハガキ 7月26日

振り返ってみれば歩いてきた距離がわかるかなァ

毎年、大濤書展では僕の一年分のブログハガキを展示してますが

その時、一年分を一気に見ると

あーこんな一年だったなぁ、この時はこんなんだったなぁとかね

思いだしますね。

自分を励ます言葉が多い月があったりとかね。

一年分の気持ちを思い出します。

これからの一年、どういう言葉を書いていくんだろぅ。

 

 

2012年07月25日

やるときゃやるが

CIMG5652

ハガキ 7月25日

やるときゃやる

ちゅうことは

やらんときはやらん

はいそういうことです。

いつもいつもやっちゃおれんよ。

でもやるときゃ一生懸命よ。

昨日は下の娘が学校からこまるちゃんを連れて帰りました。

久しぶりのこまちゃん。

少しは家の雰囲気にも慣れてきたようです。

こまる

学校ではこまるの子供がけっこういるらしく

学校ではブイブイいってるんだねぇ。

やるときゃやるねぇ。

超大作展示

昨日、硯山さんによって下関市の済生会下関総合病院に僕の超大作(3m×5m)が搬入・展示されました。

硯山さんのお骨折りと病院のご厚意により実現しています。

ありがたいことです。

作品は先日の大濤書展のものです。

会議室に入っていますので一般の方は観ることができませんが

会議室に入られた方の反響は大きいと聞いています。

うれしく思います。

賢治

そして母・小扇の超大作もおなじく済生会下関総合病院に入りました。

こちらは総合案内ロビーの二階にはいってます。

外からはすべてを観れませんが、二階にあがって通路に行けば観れますよ。

こちらの作品は先日の游ファイブのものです。

全紙9枚ですので1.5m×6.5mになりますね。

おこぜ

2012年07月24日

豁如

IMG_0845

第40回日本の書展

招待作家として出品いたしました。

豁如(かつじょ)

(心のひろびろとした貌)

サイズ 35cm×45cm

筆 羊毛長鋒

墨は少し薄めでではやわらかい滲みを出し、如ではすこしスピーディーに活躍させてみました。

CIMG5641

ハガキ 7月23日

東京から帰ってきました

第64回毎日書道展表彰式・祝賀会

そして23日は毎日書道展と金子卓義先生の書展の鑑賞。

表彰式

表彰式

会場はザ・プリンスパークタワー東京

全国からたくさんの方が集まりますね。

巨大スクリーンに受賞者の顔がどアップで映し出されます。

2012-07-22 18.41.53

公益社団法人創玄書道会主催の祝賀会

会場は帝国ホテル。

多人数でにぎわいます。

さて、23日は作品の鑑賞です

桂雪の前で

会場は六本木・国立新美術館

桂雪作品の前で

朝空に浮く薄月の幽

と書いてあります。

植田さん

毎日賞受賞の植田華琳さん

つゆ草の朝露キラリ輝いてあおい花びら美しく

全体的に線が力強く厚み、ふくらみがあり

白と黒のコントラストの美しい、立体感に溢れる作品です。

小野さん

佳作賞受賞の小野圭泉さん

蛇逃げて静かなり百合の花

濱崎さん

佳作賞受賞の濵﨑美梢さん

名も知らぬ遠き島より流れ寄る椰子の実ひとつ・・・

森さん

佳作賞受賞の森秀紅さん

金米糖の夢・・・・・

堀さん

会員の堀鴻烽さん

月魄の精

池田さん

会員の池田知穂さん

人生の双六・・・

照濤

そして僕、照濤です。

ことばに翼を

この言葉に翼をつけて君に届けたいだけ

今回は猪の毛(バリバリの剛毛)で書きました。

美術館前

国立新美術館を後にして銀座へ

向かうは和光ホール

和光本店の6階ギャラリーです。

『挑む・金子卓義の書』を鑑賞しました

とにかくスゴイ

絶対に観るべきです

そこには本物の線があります。

すべての作品が心にドーンと響いてきます。

感動しました。

13時過ぎに行きましたが

15時からの船本芳雲先生・赤平泰処先生・永守蒼穹先生によるギャラリートーク(卓義先生の思い出話・作品について・作品にかける想いなど)も聴いて

会場を後にしたのは16時過ぎでした。

『挑む・金子卓義の書』

会期・29日(日)まで

会場・銀座和光ホール

2012年07月22日

畏景

CIMG5619

ハガキ 7月22日

畏景(尊敬し慕うこと)

さってと今から上京しまっす。

今日は毎日書道展の表彰式・祝賀会

会場はザ・プリンスパークタワー東京

それから創玄書道会主催祝賀会

会場は帝国ホテルでーす。

受賞した会員さんとともに行きます。

明日は六本木・国立新美術館で毎日書道展の鑑賞

そして銀座へ

銀座では『挑む・金子卓義の書』が開催されてますので

これはぜったい見逃せません

生命感にあふれる線の勉強をします。

ぱっぱらぴーさん、コメントありがとうございます(闇)

喜んでいただけることが、なにより嬉しく思います。

これからもよろしくお願い致します。

2012年07月21日

CIMG5618

ハガキ 7月21日

心のなかに闇の部分だってあるのです。

誰だって心の中がぜーんぶきれいに澄んでいるわけじゃないですよ。

そんな完璧いないですよ。

闇の部分だってあるですよ。

闇の部分がのぞかないように日々いい生活を

日々人とのいいかかわりを

日々社会とのいいかかわりを

していきたいもんです。はい。

2012年07月20日

景風扇物

CIMG5616 

ハガキ 7月20日

景風(けいふう)物を扇(あお)ぐ

(初夏の南風が万物を長養する)

もう初夏じゃないけど、まぁええやん

この言葉を書きました。

昨日は大濤展で展示のブログはがき作品をご希望くださった方への

発送作業。

一応すべて写真に残します。

その後、封筒に日付を確認しながら入れていき、封をします。

この単純作業が以外に時間を食っちゃうんですよね。

全部で5時間くらいはかかったなぁ。

しまいにゃ、夜は妻に封筒にセロテープ貼る作業をやってもらって。

やっと終わりました。

今日発送します。

今日は午前中、校正やら書きものやら、資料整理やら

午後は山口へ

今は雨上がりだけど今日も暑くなるんだろうな。

2012年07月19日

CIMG5271

ハガキ 7月19日

生きてりゃいろいろ失っていくものです。

無いものや失ったものを嘆くより

いろいろ自分にいま有るものに感謝ってな感じかな。

しかぁし、そんなきれいごとのようには割り切れないのも人間。

ってか

さてと今日は本部教室の稽古と鑑別。

 

 

2012年07月18日

なんだかなぁ

CIMG5268

ハガキ 7月18日

なんだかなぁぼうっとしていたいときもあるっちゅうもんです。

書展も終わってそんな心境ですが

今日からはそうもいかず

月刊誌の原稿の締め切りが・・・・

やばいことになってます。

ちょっと今日は気合いをいれんとなぁ。

CIMG5266

飛んでます。

2012年07月17日

個展&ガラス展

書展も無事終わり、今日はなんとなく虚脱感?

なぁんか力が入らなくって午前中は事務仕事をぐだぐだと。

午後は思い切って休み。

ということで

宇部・菊川画廊へ岸田悦雄先生の絵画の個展へ。

岸田先生の絵はいつも思うのですが

色がとても美しく好きです。

特に暖色系の色づかいが好きですね。

コーヒーをよばれながら、しばしお話を。

その後

サンパークへ

CIMG5263

第5回現代ガラス展です。

いやー美しい

素人の僕から観て技術的なことはわかりませんが

美しいです

これどうやって作るん?

とかって考えながら観るというよりも

感じさせてくれる作品ばかりです

是非オススメです。

ガラス未来館の坂本さん、松尾さんの作品も展示されています。

偶然にも会場で会いましたので

それぞれご自分の作品を解説していただきラッキーでした。

 

こころからのありがとう

CIMG5262 

ハガキ 7月17日

こころからのありがとう

終わりました大濤書展

たくさんの方に来ていただきました

会員の作品もゆっくりと見ていただきました

おかげさまでお客様も途切れることなく来ていただきました

ブログはがきもすべて嫁入り先が決まり、ありがとうございます

毎年300枚以上のハガキ作品がいろんなところへ行きます

うれしいことです

そして最後に大濤の会員の皆さん、ありがとうございました。

コピー ~ CIMG5260

最終日の会場風景

コピー ~ CIMG5256

会員の方が指導している子供たちの作品。

写真と自筆のコメントもかわいい。

CIMG5261

今朝は暑い。チップもだるー。

2012年07月16日

どうでもいいと・・・

硯山ギャラリー

硯山ギャラリー作品

どうでもいいという人間からはなにも生れてはこない

そういう生き方からはなにも授かりはしない

祈るのだ願うのだ

赤ん坊のようにいのちの声をはりあげて呼ぶのだ

(坂村真民)

お店に立ち寄られた折にはご覧になってくださいませ。

硯山 下関市細江町一丁目3-16

地図画像

僕の手が

CIMG5251

ハガキ 7月16日

僕の手がうれしくなっている

今朝はいつもより早く目が覚めた

気持ちが昂っちょるんかなぁ

だもんで

ちょっと事務的な仕事を一件片づけて

ブログの更新も早めに

一昨日のライブの時や気持ちの高揚感で書作しているときは

やっぱ手がうれしくなっちょる

そんな感じですね

書展会場でハガキ作品を見ながら

「ブログみて元気になってます」

って言ってくださる方も

そんなお言葉に僕が元気をもらっています

ありがとうございます

さて最終日ガンバロ。

 

2012年07月15日

今日

CIMG5249

ハガキ 7月15日

今日

きょうという日は誰にとってもはじめて迎える日だね

だからねぇ

毎朝

起きた時は

ほんとは

もっと

わくわくどきどき

するべきなんだろうけどねぇ

おじさんになるとねぇ

そんな新鮮さは忘れるんよなぁ

いけんいけん

そんなんじゃいけんどぉ

明日もガンバロ

大濤書展

 CIMG5248

入口です

コピー ~ CIMG5233

初日会場風景

コピー ~ CIMG5220

ブログはがき作品の受付にもたくさん並んでおられます。

希望してくださるのは、とてもうれしいことです。

CIMG5223

ライブ制作前の瞑想のひとコマ

コピー ~ CIMG5228

約15分くらいかけて長文を揮毫

コピー ~ CIMG5238

ライブ後の作品前で

『わたしたちは氷砂糖をほしいくらゐもたないでも、きれいにすきとほった風をたべ、桃いろのうつきしい朝の日光をのむことができます』

宮澤賢治の注文の多い料理店の序文の出だし部分です。

大好きな文章です

CIMG5242

もうひとつの僕の出品作

白の世界に魂刻み

かずら筆でかいてます。

サイズ 135cm×105cm

CIMG5247

父・桂雪の賛助出品作

祥流

サイズ70cm×180cm

CIMG5243

僕の超大作の一部を切り取って

CIMG5244

CIMG5245

CIMG5246

今日2日目が終わりました。

たくさんの方に来ていただきました。

うれしいですね。

ブログを見て来てくださった方や県外の遠方からも来られた方がおられ、これまたすごくうれしいことです。

「ブログ見てます」と声をかけていただく方も多くこれまたまたうれしいです。

会員もみな一生懸命にそして楽しく書きました。

ぜひそんな作品をたくさんの方に観ていただきたいと思っています。

何かを感じていただけたら、さらにさらにうれしく思います。

明日が最終日です。

お待ちしております。

あっ最終日は16時までです。

昨日は社中の懇親会をしまして、

僕は遅くなっても帰るつもりで

なのでアルコールも一滴も飲まず

二次会では素晴らしいピアノ演奏を聴き

三次会まで

結局遅くなって泊まることになっちゃいまして

2日続けて同じ服。

昨日も今日も来ていただいたお客様

照濤は昨日と同じ服着てると思われたと思いますが

決してビッタレではありません。

2012年07月13日

書展準備完了

第8回大濤書展の準備が完了いたしました。

明日から3日間

是非お越しくださいませ。

CIMG5214

硯山さん、山陽堂さんのおかげでばっちり展示できました。

CIMG5215

中央の広く開いてる壁面はライブ制作の作品(3m×5m)

を展示するところです。

CIMG5216

一年分のブログはがき作品も展示しました。

CIMG5217

小品も

CIMG5219

明日のライブ制作の準備も出来ました。

お知らせをクリックしてね。

腹をしめろ

CIMG5213

ハガキ 7月13

腹をしめろ

いよいよ明日から書展だぁ。

最終日まで体調を崩さないように引き締めよう。

朝はちょっと涼しいんだけどなぁ

昨日も昼間はものすごくむしむししてたなぁ

チップも舌をだしてハァハァいってました。

CIMG5212

明日からたくさんの方に観ていただけますように

お待ちしております。

げっ、ハガキの日付書き間違えてる、13日です。

昨年の大濤書展の翌日分からこのハガキ作品までを

展示します。

お知らせをクリックしてくださいね。

2012年07月12日

凛と立つ

CIMG5211

ハガキ 7月12日

ドブ川に美しい鷺が一羽凛と立って遠く眺めていた

どこにいても凛としていたいと思いますね。

いよいよ明日は大濤書展の搬入展示です。

今日は本部稽古日、そして月刊誌の原稿を作ったり、もろもろの事務作業がまっています。

お知らせクリックしてください。

2012年07月11日

結局わからん

CIMG5210

ハガキ 7月11日

結局わからん。

だからおもしろい。

なんの世界でもそうだとおもうけど、

やればやるほど奥が深く感じられて

奥が見えなくて

わかったようで

結局わからん。

だからおもしろくって

続けてしまう、続いてしまうのかもしれません。

あー、今朝も涼しい。

2012年07月10日

守愚

CIMG5209

ハガキ 7月10日

守愚

(かしこぶらない)

今朝は涼しいね、ちょっと肌寒いかなぁ。

過ごしやすいです。

大濤書展の準備が・・・・準備が・・・・

僕の担当の仕事がまだできてまへん。

がんばろ。

14日の初日、僕のライブ制作します。

タテ3m、ヨコ5mの真っ白のあらかじめ額装してあるものに書きます。

そのまま展示になります。

5回展は漢字1字、6回展は俳句1句、7回展は漢字6文字

さて今年8回展は・・・

近代詩で長文を書こうかなと思っていますが、ただいま構想中。

あっ、あくまでも予定で構想中につき、変更の可能性も。

ブログハガキも一年分展示しますが、一年分を見てみると・・・

この一年もわれながらハガキをコツコツと書いたなぁと思います。

出張以外はほとんど書いてますからね。

お知らせをクリックしてね。

2012年07月09日

CIMG5208

ハガキ 7月9日

昨日の審査も無事終わりました。

一般部においては審査員8名で作品をみていきます。

なかなか厳しかったと思います。

だから逆にやりがいもあると思っています。

簡単に昇段出来るものだったらあまり意味がないと思っています。

今回よかった方も、そうでなかった方もまた次回も頑張っていきましょう。

いよいよ今週は大濤書展です。

いろいろ準備もせまってきました。

お知らせをクリックしてください。

2012年07月08日

わらってくれよ

CIMG5205 

ハガキ 7月8日

わらってくれよ

今日は検定・月例審査

審査員・バイトの学生さん、総勢52名で一日仕事します。

厳正に審査していきますよ。

さて、我が家のチップ

CIMG5206

家の中で一日ゴロゴロしていますが

部屋に朝陽が射しこんでいると必ずそこを見つけて、移動します。

眩しいんで、目をしょぼしょぼさせながら

それでも必ずいきます。

あれ、毛を日光消毒してんのかなぁ。

毛がフワフワでぽかぽかになります。

暑くないのかねぇ。

お知らせをクリックしてください。

2012年07月07日

第8回 大濤書展

 CIMG5201 CIMG5202

たくさんのご来場をお待ちしています。

毎年恒例になっております、ブログハガキ作品をご希望の方は各自封筒(ハガキが入る大きさの定形内封筒)をご用意され、80円切手を貼付したものを会場の受付にてお申し込みください。

それ以外は受付できませんのでご了承ください。

会場での切手代・封筒代の現金授受はいたしません

お一人一枚の申し込みに限らせていただきます。

初日10時から僕の超大作をライブ制作します。

作品はすぐに展示します。

2012年07月05日

やりきれない

CIMG5200

ハガキ 7月5日

事実はやりきれないことのほうが多いのかもしれません

すべて願いどおりにいけばいいんだけど

そうもいかないのが現実

やりきれなく

かなしく

せつない

そんなときも多いのです。

受け止めにくいこともありますが、

でも前を見ないとね。

2012年07月03日

ほかの誰でもない

CIMG5199

ハガキ 7月3日

俺は俺

ほかの誰でもない

君は君

ほかの誰でもない

いやー朝までゴロゴロと雷の音がすごかったねぇ。

そんな音をBGMで聴いて寝てるんだから、潜在的にきっと暗ーい気持ちになってんだろうね。

夢もろくな夢見ませんでした。

なにかに追われてるんですよね、それもとんでもなく大きな不安感をかかえて、何に追われてるのか、何故追われてるのかがわかんない。

でもとにかく追われててあっちこっち逃げて、あっちこっち隠れて。

いやー不安でしたね。

目が覚めたら心臓バクバクでしたよ。

2012年07月02日

呼吸

CIMG5197

ハガキ 7月2日

呼吸だよ呼吸

書いたものが息をしなくてどうする

東京から帰ってきました。

毎日書道展の審査でした。

僕は今回仕事はありませんので、

会員のみなさんの結果確認に行ったようなものです。

入賞することはほんとに至難です。

毎日賞・秀作賞。佳作賞とありますが

これから結果がとどきますが

入賞された方はおめでとうございます。

至難ですから入賞できなかった方がほとんどです。

いつも言ってますが、結果がすべてではなく

通過点です。

自分にしか書けない作品を目指していきましょう。

話はかわって

車、買っちゃいました。

今の車、もう10年以上乗ってるからね、

いろいろガタもきてるんでね、

今月末には新しい車がきますね。

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示