« 2008年09月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月28日

酔墨

2008_1028200810280005.JPG
ハガキ 10月28日
酔墨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
風邪ひいちゃいました。自己管理がなってないですねぇ。
昨日は防府教室が終わったのが21時ころで、ちょっと体がぞくぞくしてたもんで1時間かけて帰る気にもならず、ホテルに泊まってすぐ寝ました。
体調の悪いときは訳のわからん夢見ます。
以下夢の話です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自治会のオジサン達から、「まつりの看板を書いてくれぇ」って頼まれて、書いたのはいいけど、バランスとか大失敗しちゃいまして、僕は「どうしよう。どうしよう。」って悩んでるんです。
そしたらオジサンたちが寄ってきて、「大丈夫、大丈夫。これはねぇニセモノの看板で、これをこうやって剥がして・・・・・ほらっ、中からホワイトボードが出てきたじゃろ。これに書きゃええ。」
僕「・・・・・・」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ねっ訳分からん夢でしょ。ここで目が覚めました。
帰って妻に話すと「あきさん、しょぼい夢じゃねぇ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
話は変わって、たいきさんコメントありがとうございました。
「容疑者Xの献身」絶対観にいきたいです。
本はね、妻が何年か前に買ってて、(当然妻はもう読んでるんですが、ガリレオのシリーズはほとんど読んでるみたい)家にあるんですが、僕もちょっと読んでみようかなと思ってます。
でももうテレビシリーズを何回か見てるので湯川先生が福山さんのイメージで読んでしまうでしょうね。
妻が言うにはもうすでに読んでたのでテレビで見たとき、ちょっと福山さんのイメージとは違うなと思ったそうです。
「じゃあ、どんな人がイメージに合うん」って聞いたら、
「うーん、高校の時のねぇ、若くてネェ、ちょっと変わり者のねぇ、生物の先生」
だそうです。そんなこと言われてもわからん。
さあ、まだちょっと体調イマイチなので寝よっと。おやすみ。

2008年10月24日

気力の充実

2008_1024200810240001.JPG
ハガキ 10月24日
気力の充実
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
きのうは教育部の指導でした。
なかに幼稚園の年中さんのRくんがいる。
稽古が終わって、お父さんが迎えに来られるまで、助手のMちゃんと三人で待ってました。
僕「ねえ、Rくん。たべもので何が好き?」
Rくん「キャベツ!」
即答でした。
すかさずRくん
「今日ね、ウサギにえさをやるのにねぇ、キャベツやるんじゃけどねぇ、おいしそうじゃけぇ、僕もいっしょに食べた!」
僕「ふーん、そうなん。キャベツ好きなんじゃぁ。なにつける?」
Rくん「うん。そのまま」
可愛いです。
さて、明日から錬成会。
気力充実させて、挑みましょう。
気力が萎えてたらいい作品は生まれません。

2008年10月23日

荷物

2008_1023200810230001.JPG
ハガキ 10月23日
重さや大きさは違ってもみんな何かの荷物を持ってるよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その人の見た目と違って、重いものを持っている人もいるし、大きなものを持ってる人もいます。
持ってても、でもそんなこと、ぜんぜん感じさせない人もいます。
そんな人になりたですね。
おやすみ。

if

2008_1023200810220001.JPG
ハガキ 10月22日
if
もしも、もしも、もしも、もしも・・・・・・・
そんなことはおもいたくないよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もしもあの時、こうやっていたら。こう言っていたら。
もしもああなったらどうしよう。こんな展開になったらどうしよう。・・・・・
そんなこと考えないで精一杯やっていきたいですね。

2008年10月21日

あるていどの・・・・

2008_1021200810210001.JPG
ハガキ 10月21日
あるていどの精神の不健全さがなくては、詩人になることはもちろん、詩を味わうこともできないだろう。(マコーレイの言葉)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
水清ければ魚棲まずなんていうけど、そうだよねぇ。
まったく健全なんてどうなん?
僕?
僕はね、
いい塩梅の精神の不健全さ。自信がありますです。はい。

2008年10月20日

風に揺れる秋桜

2008_1020200810200001.JPG
ハガキ 10月20日
風に揺れる秋桜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
京都から帰ってきました。
すこし参加が少なかったものの、いい錬成会だったと思っています。
2日の朝は靴を持って行ってたので、1時間のウォーキング。
朝靄であたり一面乳白色。
歩くと髪の毛が少しずつ濡れていきます。
マイナスイオンをあびて気持ちいいウォーキングです。
道端ではコスモスが綺麗に咲いてます。
その日は、昼前からお祭りでした。子供の太鼓、4台の神輿、獅子舞。
太鼓の音を聴きながら錬成でした。
ちいさな子供たちは獅子が近づいてくると、ちいさな頭をひょこっと突き出して
獅子にガブッとしてもらってます。すこやかに育ちますように。
来月は京都で古典研究会です。また皆さんに会えるのを楽しみにしてますよ。
たくさん参加して欲しいですね。
マツリ.jpg
祭りです。
キョウト.jpg
錬成会風景
熱気がありますよ。日中は暖かかったです。夜はストーブをつけます。

2008年10月17日

2008_1017200810180001.JPG
ハガキ 10月17日 PART2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さあ、明日から京都です。
京都会の錬成会です。
皆さんに会えるのが楽しみです。
京都といえば・・・・・・・・・・
思い浮かんだ字は雅(みやび)。
発想が貧困?
日曜日の夜帰ります。
ではでは。

轍(わだち)

2008_1016200810170001.JPG
ハガキ 10月17日
轍(わだち)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日も朝のウォーキングとチップの散歩後にハガキ書きました。
今日はサザンを聴きながら。
なかでも『希望の轍』は大好きな曲のひとつです。
それで轍と書きました。
書の技術を習得・向上させていくのは、まさに轍ができるように、繰り返し繰り返し書いていくことでしょうね。
でも以前にも書いたように、人の心を動かすような作品は絶対に技術だけじゃないんですよね。書は人なりです。
最終的には、技術を捨てて、隠して書くようになるんじゃないかな。
だからどれだけのものが捨てられるか。
捨てるためには捨てるもの(技術)がいりますよね。
そのために一生懸命技術を習得してるようなものです。
ウォーキング中は曲を聴きながら、作品の構想・イメージを考えているときもあります。
けっこういろいろイメージが湧いてきて1時間なんてあっという間です。
以前、僕が歩いてるのを目撃された生徒さんが、後日「先生、歩いてましたね。でもなんかにやにやしながら歩いてましたよ。」
たぶんいいイメージが湧いてるときじゃないかなぁ。
けっして変な妄想はしてないですから。
早朝でも結構陽射しが強いときがあるから、サングラスしてるので、それでにやにやしながら歩いてたら。うーん危ないおじさんです。
気をつけよう。傍目には僕の頭の中はわかんないのですからねぇ。

2008年10月16日

2008_1015200810160001.JPG
ハガキ 10月16日
草    いのちいっぱいかがやいて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今朝もいつものようにウォーキング。
早朝は道端の草も朝露が朝日に輝いてきらきらしています。
自分では颯爽と歩いているつもりなんだけど、ときどき躓きそうになります。
それって足が上がってない?
だめじゃん。
ところで夏のプチマッチョ計画は、秋に持ち越されてます。

2008年10月14日

夢のような時間

2008_1014200810140050.JPG
ハガキ 10月14日
夢のような時間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3日間の書展も無事終了した3日間で2000名を越える方々にお越しいただきました。ありがとうございました。
6月に実行委員会の事務局会議を行なって、4ケ月に亘る仕事です。
お手伝いいただいた方達には本当に感謝です。
会期中は、ほんとうに夢のような時間です。
書展を観られて、入会したいと言われる方もおられた。
うれしいことです。
現代的で明るい書展ですねといわれる方も多かった。
これから更に会員一同精進を重ねて、更に更に生命感を求めていきたいです。
あっ12日の懇親会の前に会場からちょっと外にでて空を眺めると、みっ見事な空イッパイのうろこ雲、それも段差になって。
こんなのはじめて見ました。
ので、写真を掲載します。
2008_1014200810140019.JPG
鄭俊明さん、コメントありがとうございます。勇気が出ます。これからも頑張って書いていきます。また感想でもお寄せください。

2008年10月11日

玄游書展

2008_1011200810110001.JPG
第34回 玄游書展
1.5m×3m
今日から書展が始まりました。
午後からは沢山の方々に来ていただきました。
遠くは九州からも。ありがとうございました。
ワークショップも賑わいました。
多くの方に体験してもらって、楽しさも伝わったかな。
あと2日、もっともっと沢山の方に観て頂きたいと思います。

2008年10月08日

想像と創造

2008_1008200810080027.JPG
ハガキ 10月8日
IMAGINATIONとCREATION
想像できるから創造できる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
創造するためには、まず想像しなきゃね。
作品を創作するときも、まず全体像、景色がイメージできるかどうか。
それが大事だと思うんですけどね。
想像力を働かせるためには、いろんなものに触れて感じて吸収していくことが大事ですよね。
全体を抽象的にイメージできることも大事。
細かな部分まで具体的にイメージできることも大事。
どちらも出来ないとね。
また他に、仕事や人との係わり合いにしても、絶対想像力は必要ですよね。
今日の出来事、言動を思い起こして、想像して、三省、三省。
明後日は搬入です。よろしく!

2008年10月07日

金木犀の香

2008_1007200810070026.JPG
ハガキ 10月7日
金木犀の香
秋風が金木犀の香りを運んでくれる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日の朝、いつものように1時間のウォーキング。
家の前に金木犀の木がある。
帰りにその横を通ると、独特の甘い香りが漂ってくる。
なんともいえず、いい香りです。
家の庭の金木犀はどうかなと思って、その足で側に行ってみたけど、我が家の
金木犀はまだ香りません。
もう少し待っていよう。

2008年10月06日

三省

2008_1006200810060023.JPG
ハガキ 10月6日
三省
一日に三度、わが身を反省する。
三は、しばしばという意味もあって、何度となく反省すること。
また三は不忠・不信・不習の三つを指すとも言われています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日は月例審査でした。午後は毎日書道展九州展の会議のため北九州の毎日新聞社西部本社へ。
一時間会議をして、また月例審査会場へとんぼ帰り。
忙しい一日でした。
結構、日々反省すること多いですよね。
反省する気持ちがあればいいかなと思ってるけど、同じ事で反省は出来るだけしたくないよね。
反省して学習していこう。そううまくはいかないのが人間だけどね。
さて今週はいよいよ玄游書展です。
10月11日から13日までです。
山陽小野田市民館。
沢山のご来場、こころよりお待ち申し上げております。
みんな一生懸命心をこめて書いた作品です。是非ご覧下さい。

2008年10月01日

桃栗三年

2008_1001200810010022.JPG
ハガキ 10月1日
桃栗三年僕何年
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日、生徒さんから栗をいただいた。
そこで桃栗三年、僕何年。
ん?
どこかで聞いたことあるような、リズムというか・・・・
ん、今はやりの「ラーメン、つけめん、僕イケメン」に似てた。
ごめんなさい。人間が軽くて。
でも字は真面目に書いてるんですよ。
はて、何年経てば立派な男になれるのでしょう。

2008_0930200809300021.JPG
ハガキ 9月30日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いやーすごかったですね。龍虎の賦。
たくさんの方に来ていただきありがとうございます。
スタッフのみなさん、ありがとうございます。
芸術家としての気魄、生き様、見せてもらったような気がします。
横で見てても気力がすごかったですね。
僕にとっては、良い意味でショック。衝撃的な一日でした。
最近、あることに使う作品を100点近く書いてたんですけど、
「あーいかんいかん、こんなことじゃダメじゃ」なんて、反省させられます。
ということで、もう一度見直そうと思うのでした。
みなさんどうでしたか?
感想なんか寄せてもらうとうれしいです。
たいきさん、コメントありがとうございます。
あの日受けた、気持ちの高揚をぜひご自身の作品に生かしてくださいね。
楽しみにしてますよ。
2008_0930200809300013.JPG
一階から三階まで沢山のお客様です。
2008_0930200809300010.JPG
堀研先生です。
2008_0930200809300020.JPG
桂雪(父)です。

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示