« 2009年08月 | メイン | 2009年10月 »

2009年09月30日

東奔西走

2009_0930200909300001.JPG
ハガキ 9月30日
北へ南へ東へ西へ
動けば努力は報われると思うのです。
さて、昨日稽古で僕がメガネをはずして、手本を書いていると
「先生、まつ毛が長いですね」と。
そうなんです、僕はまつ毛が長いんです。
もともと長かったんですが、
でもね、
たれ眼だし(まゆ毛もたれてるし)、まつ毛もカールしてなくて下向いてるし、なんだか長い効果がまったくありません。(顔がしまりません)
それに最近は毎日夜に目薬を差すんですが、その目薬の副作用の中に
まつ毛が長くなる、というのもあるんです。
なのでねぇ、最近けっこう長いんですよ。
妻に言わせると「あきさん、まつ毛ムダに長いねぇ」
そうなんです、僕は無駄にまつ毛が長いんです。

2009年09月29日

覇気

DSCF5943.JPG
ハガキ 9月29日
覇気(あふれるほどの意気込み)
覇気ある姿勢でいたいね。
僕なんか、たまに魂抜けてるようなときがあるもんなぁ。
まぁそんな時間も必要だとは思うんだけどね。
でも事にあたるときはビシッと覇気を出して。
先日の薬師寺の安田暎胤長老の話の中で永遠は一瞬の連続ですよ。ということばがありました。
永遠に物事を続けていこう、継続していこうと思うとけっこうしんどいけど、その一瞬一瞬を頑張れば
いいんです。ということだった。
一瞬一瞬の頑張りがつながっていけばそれが永遠になっていくんです。
僕も一瞬一瞬がんばっていこうと思うのでした。覇気を持って。

2009年09月28日

美をはかるもの

2009_0928200909280013.JPG
ハガキ 9月28日
計る測る量る図る
美をはかるものは心しかないと思うのです。
美を感じるのに法則などありません。
その人それぞれの心しかないと思うのです。
みんな感じ方が違います。
同じ花を見てそれぞれが「美しい」と声に出しても、その内容は違うと思うのです。
形が美しいと思う、色が美しいと思う、生命感が美しいと思うなど、みんな違うと思うのです。
作品もそれぞれの見方があります。それぞれの感じ方があります。
でも形や見た目で訴えるのではなく、心に訴えかけるような作品が書けたらと願うのです。
昨日は宇部市・宇部医師会・宇部歯科医師会・宇部薬剤師会主催の
「医・スペシャル  まほろばに生きる」と題した講演会がありました。
講師は薬師寺長老であられる安田暎胤先生です。
僕がポスターの題字を書かせていただいて、宇部医師会会長の福田信二先生のおはからいで安田暎胤先生との昼食会にも出席させていただきました。
その間のいろいろなお話、また講演を聴かせていただいて、本当に勉強になりました。
先生の著書の『五つの心』も購入させていただき、寝る前に一気に読んでしまいました。
以前にもブログで、当たり前のことは本当は当たり前じゃないんだとか、有難いとかに触れて書いたこともありましたけれども、
更にその感を強く思いました。
日々普通に過ごせることに感謝です。
昨年の11月に右目を出血しまして1月に手術をしました。
その間右目は最初は少しだったんですが、12月半ばくらいからは、ほとんど右目は見えない状態でした。
1月の手術でよくなり、今は右目も良く見えます。
なのでその時に思ったのが、普通に見えることがどれほど素晴しいことかというのがわかったんです。
また片目だと字を書くのもなんだか変な感じで筆が紙に接する瞬間がつかめなかったりしたんですが、普通に書けることがどれほど素晴しいことかがわかったんです。
なので2月に退院してからは、このブログハガキも出張以外はすべて書くように心から思うようになったのです。
昨日は本当にいい機会をいただいて福田先生に感謝です。

2009年09月27日

2009_0927200909270012.JPG
ハガキ 9月27日
委(ゆだねる)
玄游書展も近づいてきて各部の仕事も忙しくなってきました。
事務局会議から始まり、公募規定の発送、もろもろの印刷物・案内状作成、
台紙貼りなどなど
審査までには教育部や一般の受付作業、審査準備などなど
審査後には受賞者名簿作成・表彰式案内・賞状揮毫・賞品準備などなど
そして昨日は会場係、今日は表彰部、火曜日は賞品発送係と続いてゆきます。
たくさんの方たちのご協力のもと成り立っています。
ほんとうに感謝です。
皆さんとのこの絆を本当に大切にしていきたいと思っています。

2009年09月26日

熱情

2009_0926200909260011.JPG
ハガキ 9月26日
飛び散るほどの熱情
何か事にあたるとき、何か人に伝えようとするとき
情熱を感じられるか、情熱を伝えられるかが大切ですよね。
その本人に情熱がなければ伝わりません。
内に秘める情熱も外に向けての情熱もあると思いますが、
その情熱が伝わるようにしていきたいと思う今日この頃です。

2009年09月25日

2009_0925200909250013.JPG
ハガキ 9月25日
墾(たがやす)
今朝は2日分のお賽銭を持って、借金を返してきました。
自分をしっかりとたがやしていきたいものです。
花開くように土壌を良くしていくのです。
第35回記念玄游書展も近づいてきました。
10月10日から12日です。
山陽小野田市民館です。
準備も着々と進んでいます。
是非大勢の方に観ていただきたいと思っています。

2009年09月24日

2009_0924200909240012.JPG
ハガキ 9月24日

自分には崩してはいけないものと、いいものがあります。
崩していけないものは、美に対する考え方ですかね。
生命感です。
それを表現するために、いろいろと作風なんかは変わっていくものだと思います。
そのためにあえて自分を崩すということもあると思います。
それには、何か裏打ちされたものがないとね。
そのために日々勉強ですね。
技術的なこと、感覚的なこと、
精進していきたいと思うのです。
さて、ウォーキングでいつも神社におまいりして、帰るのですが、
今日はうっかりお賽銭を忘れてしまいました。
でもお願い事だけはしっかりしました。
今日はお賽銭借金しましたので、明日は二日分持って行きます。

2009年09月23日

遠くに灯が

2009_0924200909230011.JPG
ハガキ 9月23日
遠くに灯が見える あの場所までは歩いてみるか
今朝はいろいろと忙しくて更新が出来ませんでした。
やっとパソコンの前に座れました。
ではでは、また明日ね。

2009年09月22日

ひらめき

2009_0922200909220013.JPG
ハガキ 9月22日
閃きの予感
作品を書くときに、何かひらめく予感がするときがあります。
お笑い芸人のフレーズじゃないですけど
「なんだか今日いけそうな気がするぅー」
ってな感じです。
反対に何枚書いても、まったくひらめかないときもあるんです。
こんなときは結構つらいですね。
途中で気分を変えてみたりしながら、やってます。
でもね、結果的に作品の出来は、バンバンひらめいたときに書いたものが
いいかというと、そうとは限りません。
まぁ当然気分が乗って、ひらめいたときに書いた作品もいい作品になる確立としては高いんですけどね。
苦しみながら書いたものが以外によかったりすることもあるんですよね。
どちらにしても、その作品にこめる魂というかそういうものが関係してくると思いますね。

2009年09月21日

くりかえし

2009_0921200909210012.JPG
ハガキ 9月21日
繰り返し 繰り返し く・り・か・え・し
イチローの大記録も、コツコツと毎日同じトレーニングを続けているということも
大きな要因ですよね。
この繰り返しって簡単なようだけど、むちゃくちゃ難しいですよね。
技術力というのは、この繰り返しが大切ですよね。
そして繰り返しができる精神力を持ちたいですね。

2009年09月20日

もうちいと

2009_0920200909200011.JPG
ハガキ 9月20日
もうちいと 粘れや
自分に言っているのです。
作品を書くとき、決めるときは完璧を求めながらも、完璧はありえませんし
完全に満足するなんてこともないのです。
どこかやっぱり妥協する部分があるんですよね。
でも、どこの地点で妥協を許すかなんですよね。
作品書いて、まあよしよしなんて思ってても、次の日見ると、いろんなところが目に付いてくる。
そうするとまた書いてみたくなる。
そうして、粘りに粘ることもあるんですけどね、
いい作品を書きたいと思えば作品に対していい意味で執着心がでていきます。
だから、もうちょっと粘ればなんて思うこともあるんですよ。
粘ったらいいものが書けるかっていったら、また別の問題ですけどね。

2009年09月19日

2009_0919200909190011.JPG
ハガキ 9月19日
鋼 はがねのごとき意思がほしい。
ほしいって思ってるだけじゃだめじゃね。
そういう意思がもてるように頑張っていきますです。ハイ。
さて、今日からシルバーウィーク。
僕はずっと仕事です。
今年の後半期のスケジュール組むときに、この連休のことは全く頭になく、
すべて稽古の予定を入れてしまいました。
まあ、その後ほかの週もすべて予定が入っちゃいましたんで、どうにもならないんですが、生徒さんにはちょっと迷惑だったかなぁ。
来週は来られる方が少ないだろうな。
今日と明日は自分の作品作りです。
感覚を研ぎ澄まして、やったるでー。まぁ一日中書くわけでもないので、一枚一枚に神経を集中させますよ。

2009年09月18日

威風堂堂

2009_0918200909180011.JPG
ハガキ 9月18日
威風堂堂
威厳があって力強くて立派
自分には程遠い言葉にはあこがれるものです
ああ威風堂堂

2009年09月17日

見えないところ

2009_0917200909170011.JPG
ハガキ 9月17日
見えるところは一生懸命になるんだけどね
見えないところってねぇ
結構大事なんだよ 見えないところも一生懸命
作品を書くのは、文字を素材にするから、当然文字を一生懸命書くのは
当たり前。
でもね、それだけじゃ駄目なんです。
いかに余白を美しく表現するかも大切なんです。
それと線に生命感を与えるのは、その線を引くときの前後の動き・呼吸が
とても大切なんです。
だから、空間でも線を書いているんです。空間で線を描きながら実線を呼び起こしているんです。
見えないところを書く。書かないところに意識を働かせる。
そして見えないところ、書かないところが感じられるような作品って
すごいと思うんです。

2009年09月16日

霊機

2009_0916200909160012.JPG
ハガキ 9月16日
霊機(自由自在の働き)
昨日のチップの様子。
いつもはビビリのチップ。先日も書きましたが、小さな黒猫にもビビッてます。
しかし昨日はちがっていました。
なにやら小さな動くものに、ウーと突進。
やっつけた様子でひと段落。
娘が「あれゴキちゃんじゃん。チップはゴキちゃんには強いんじゃねぇ」
なんて言ってます。「あのゴキちゃん、どうにかしちょってね」
でもあとでよくよく見ると、それは小さな枯葉でした。
何だよ!お前は生き物以外だけには強いんかぃ!

2009年09月15日

2009_0915200909150011.JPG
ハガキ 9月15日

みがく
感性をみがく
腕をみがく
人間をみがく
磨けば必ず光ってきます。
磨くことを怠るまい。

2009年09月14日

眼生筋

2009_0914200909140011.JPG
ハガキ 9月14日
眼(まなこ)に筋(きん)を生(しょう)ず
眼光を凝らし続ける
目の玉に筋が張るほど一心に目を見開いてじっと見つめる。
いまテレビ見てます。
イチローの試合です。
9年連続200本安打達成まであと1本
すごいですね。
僕は野球にはあまり関心はないのですが、イチローはすごい。
すごいことを淡々とやっていきます。なにもかもがプロ中のプロですね。
心が強いのだと思います。
レベルはまったく違いますが、僕も書のプロとしての思考をしっかりしていきたいと思います。
一心に眼を見開いて何を見ますか?
でも眼だけじゃ見えないものもありますよね。心を開いて心で見なきゃいけないものもあると思います。
竹筆で書きました。

2009年09月13日

さかせよう

2009_0913200909130011.JPG
ハガキ 9月13日
花さかそうね
大きい花、小さい花いろいろありますが、人は自分の花を咲かせるために
がんばっているんだと思います。
それがいつ花開くことができるのか、わかりませんが
そのために一生懸命栄養をやり、水をやり、たまにテキトーな時もありながら、
咲かせようと努力していくのだと思います。
自分の花を持ちたいですね。
最近水やり随分サボってたなぁ、なんて時もありますけどね。
まぁ、いつもいつも栄養や水をやりすぎても、うまくいかないこともあるからね。
休みながらでも、心をこめて咲かせようと努力していきたいと思うのです。
話はかわって、昨日妻が「ねえねえ、しゃっくりが止まらん」と言ってきました。
僕「ふーん、あのさぁ豆腐は何でできちょる?」
妻「大豆」
妻はピタッとしゃっくりが止まりました。
何年か前、僕が止まらなかったときに叔母が僕に同じように「豆腐は何でできちょる?」と突然聞かれて「豆腐」と答えたらすぐに止まったんです。
その時に叔母が「これやったらねぇ、止まるんよ」って教えてくれました。
100%ではないけどかなりの確率で止まります。
お試しあれ。

2009年09月12日

いろづいてゆくこころ

2009_0912200909120011.JPG
ハガキ 9月12日
ほのかにもいろづいてゆくこころ
われながらあいらしいこころよ ながれゆくものよ
(八木重吉の詩)
今日は朝から雨で肌寒い。
明日は月例の審査です。
今日は準備もあるし、書展の賞状揮毫もあるし、いそがしい一日になります。

2009年09月11日

当たり前

2009_0911200909110024.JPG
ハガキ 9月11日
当たり前ってぜんぜん当たり前じゃなくって
普通にそばにいる事
普通にすごせる事が
どんなにすばらしいか。
最近我が家にちいさな黒猫がうろちょろしてます。
ちょっと油断して、勝手口が開いてる隙に入ってきてゴミ箱あさってたりすることがあります。
我が家にはチップがいるのに、おかまいなしです。なめてます。
チップはチップで、その黒猫にびびってます。
目の前にいるのに吠えもしません。びびってじっとして見てるだけです。
昨日なんか、勝手口の網戸をカリカリと黒猫がやってたらしいんですけど、
チップは柱の影に隠れて顔だけ出して、びびりながら見てたそうです。
チップはまったく番犬になりません。
ただ癒しのためだけに我が家にいるのです。
犬としての当たり前の本能が欠けてるのかなぁ。
まぁそこが可愛いっちゃ可愛いんですけどね。長生きしてほしいです。

2009年09月10日

ちょっとしたこと

2009_0910200909100027.JPG
ハガキ 9月10日
ちょっとしたこと それだけ
ちょっとしたこと
楽しくすごくコツもちょっとしたこと
何かのヒントやヒラメキもちょっとしたことから
何かを始めるきっかけもちょっとしたこととから
ちょっとしたことでも感動できる
ちょっとしたことでも泣ける
ちょっとしたことで怒ることもある
ちょっとしたことで大笑いする
ちょっとしたこと それだけ

2009年09月09日

波紋

2009_0909200909090026.JPG
ハガキ 9月9日
波紋
朝・夕は涼しいですね。
朝は妻が起しに来て窓をサーと開けるんですけど、そしたら結構涼しくて、寒いくらいなんですよね。
そんな中で、薄い布団にくるまってもう少し寝るのが、もーぶち気持ちええー。
今朝は、4日ぶりにウォーキングにでました。
いつもサングラスして歩くんだけど、途中でレンズがボロッと外れて、
もうブルーです。帰りが眩しくて眩しくて。
でも雲ひとつない爽やかな青空でした。白い月がぽつんとひとつ。

波紋

2009_0909200909090026.JPG
ハガキ 9月9日
波紋
朝・夕は涼しいですね。
朝は妻が起しに来て窓をサーと開けるんですけど、そしたら結構涼しくて、寒いくらいなんですよね。
そんな中で、薄い布団にくるまってもう少し寝るのが、もーぶち気持ちええー。
今朝は、4日ぶりにウォーキングにでました。
いつもサングラスして歩くんだけど、途中でレンズがボロッと外れて、
もうブルーです。帰りが眩しくて眩しくて。
でも雲ひとつない爽やかな青空でした。白い月がぽつんとひとつ。

2009年09月08日

月を楽しむ

2009_0908200909080025.JPG
ハガキ 9月8日
月玩(もてあ)そぶべし。
(月を見て楽しむべし)
昨日はちょっと疲れが出たのかなぁ。
午後から結構体がダルかったなぁ。
気力が足らないのかなぁ。
気合入れないとなぁ。

2009年09月07日

越えろ

2009_0907200909070024.JPG
ハガキ 9月7日
越えろ
自分の中での目的地、到達点に行くまでには、さまざまな壁があります。
高い壁、低い壁、いろいろですが、それをひとつひとつ越えていかなければ
なりません。
作品には限界はないと思います。「あーもうこんなもんか」と考えるより
「いやいや俺はこんなもんじゃない」と奮い立たせて向かっていくのです。
越えていきましょう。
さて、昨日は無事審査会も終わりました。
学生展の作品もすべて台紙に貼り終え、作品は搬入を待つこととなります。
まだまだ会期までには、やらないといけない仕事が山のようにあります。
たくさんの方々の力をいただいてます。
みんな体調に気をつけてがんばっていきましょう。
2009_0907200909070003.JPG
第1部審査風景です。投票審査です。
2009_0907200909070008.JPG
第3部審査風景です。
2009_0907200909070010.JPG
第3部審査風景です。
2009_0907200909070017.JPG
目録記入作業です
2009_0907200909070019.JPG
第1部の第3次審査です。投票審査の高得点作品をいまから見ていきます。
2009_0907200909070023.JPG
作品を台紙に貼っていきます。これ大変な作業なんです。

2009年09月06日

心にしたがえ

2009_0906200909060001.JPG
ハガキ 9月6日
心にしたがえ
迷ったときは心にしたがおう。
と思うんだけどね、それもまた迷うこともあるんだよね。
作品書いてもね、どっちがいいかな、なんてじーと見てると、だんだん迷ってくる。
こんなときに自分の心にしたがえばいいのに、なかなか決めかねるときもある。
とうとう妻に「どっちが好き?」
なんて聞くことも、たまにはあるんです。

2009年09月05日

月夜

2009_0905200909050001.JPG
ハガキ 9月5日
ほんに明るい月夜です
昨日、仕事帰り、少し遅くなったのですが、車から降りてみるとなんとなく明るい。
見上げてみるとキレイなお月さんです。
さっそく淡墨でお月さんを、乾かぬうちに字を書きました。
微妙に滲んでゆく様もいい味になります。(作品がいいかどうかは別ですよ)
明日は書展の審査です。
その準備がまだすこし残っています。
今日はその準備を片付けて、通信教育の手本を書いて、作品も書いて、
やることはいっぱいあるなぁ。

2009年09月04日

2009_0904200909040001.JPG
ハガキ 9月4日

昨日の夜は、秘密の墨をつくりながら作品を書いてたんですけど、ちょっと匂うので、その墨を使うのを断念しました。
小品をいろいろ書いたんですけど、なかなかね、昨日書いたように引き出しがね・・・・・。
やっぱ、ちょっと勉強しなおしだなぁ、引き出しに入れるものを求めて。

2009年09月03日

2009_0903200909030001.JPG
ハガキ 9月3日

何かに迷ったり、つまづいたりしたときに帰る場所をもっていることは、とても大切なことのように思います。
日常生活の中でもそうですよね。
書も行き詰ったりしたときに帰る場所は古典なんだと思います。
しかし、古典を勉強してないと帰る場所が持てません。
古典を勉強することは、ただ形を見たりすることではありません。
深く掘り下げていくことも大事。
リズム・線質・タッチなどなど学ぶことは沢山あります。
そしてそれを学ぶことによって自分なりに吸収・消化して引き出しを作り、また増やしていくんです。
そういう引き出しを持ってないとやはり創作には繋がってこないかじゃないかと思うんです。決して形を真似るとか、そういうことじゃないんですよ。
どう引き出しをつかっていくか、またそんなことも意識しないで自然にいろんな引き出しから出して、使っているものだと思うんです。
古典に帰ってみることは、その引き出しの中をもう一度整理しなおしたり、確認したりということになるのかもしれません。
また帰ることによって、自分に足らない引き出しに気づくかもしれません。
その時はその引き出しに入れるものを探っていくことも必要なのかもね。
話は変わり、昨日はガラス造形作家の西川慎先生・池本美和先生と長い時間
話をしました。楽しくなり、ついつい時間が経つのも忘れていましたが、異なる分野の方と芸術について話ができるのは、本当に楽しく幸せな気持ちになります。
表現方法・技術もちろんぜんぜん違いますが、求めるものはやはり共通した部分が多いのです。
とても刺激になり、勉強になります。
さあ、今日も作品制作、頑張ろう。

2009年09月02日

心意気

2009_0902200909020001.JPG
ハガキ 9月2日
心意気(盛んでいさぎよい気だて)
今朝、チップの散歩しててふと思ったんだけど、
この夏、トンボを見てないなぁ。
いつもならシオカラトンボやムギワラトンボをよく見てたんだけど、
今年は見た記憶がありません。記憶がないだけで見てるのかもしれないけど。
みなさんはどうですか?

2009年09月01日

2009_0901200909010001.JPG
ハガキ 9月1日

つたえたいのです。魂を気持ちをつたえたいのです。
日々、玄游書展の仕事をしています。
なかなか会計も厳しいところもあり、赤字にならないように、経費の節減を一生懸命検討しています。
印刷物の経費節減、各行事にかかる経費の節減などなど、頭が痛いです。
でも成功させるために頑張ります。
会員のみなさん、どうぞご協力のほどお願いいたします。
書展では魂を伝えるような作品がたくさんあると思いますよ。
お楽しみに。

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示