« 2017年05月 | メイン | 2017年07月 »

2017年06月29日

違う方向

20170629_081825

ハガキ 6月29日

違う方向から見てみろよ。

いつも同じ方からじゃなくてね

たまにゃ、違う方向からみるのもいいかな

新しい発見かあるかもね。

偏った見方にならんようにね。

 

 

2017年06月28日

ひかえ、おろう!!

20170628_180958

ハガキ 6月28日

ひかえ、おろう!!

ご存じ助さんの水戸黄門でのキメ台詞。

ここ最近、夕方17時からの水戸黄門の再放送をよく見てます。

勧善懲悪のわかりやすいストーリー展開

お決まりの印籠を出して一件落着のシーンではいつも

涙腺が弱くなります。

祖父が昔黄門さんを見て泣いてたのを思い出します。

俺も年とったよなぁ。

話は変わって

今日ニュースでやってたけど

大手ではないけどある航空会社のこと

搭乗するには自力で階段が昇れないといけないだって

身障者の方は車いす

仕方なしにその方は腕の力だけで昇り切ったらしい。

その間、乗務員は何もしないで見てたらしいよ。

サービスってなんだろうね。

僕も車いすの父と東京に行き来する中で、やっぱ飛行機でいやな思いをしたことがある。

その時は「こんなの身障者へのサービスでもなんでもないですよ。」とちょっと怒り口調で言ったことがある。

やっぱ健常者が考えたことってちょっとピントが外れてることがあるんだよね。

20170628_185629

昼間、下の娘夫婦の飼ってるこまるを預かってます。

こんな感じで勝手口入り口を見つめてじっとご主人様を待ってます。

けなげだねぇ。

2017年06月27日

生きてゐる証

20170627_080557

ハガキ 6月27日

動くことは生きてゐる証である。(香月泰男)

生前、桂雪がよく言ってました。

「いいかね象の1トンと石の1トンは違うぞ。石は動かんけど象は動くぞ」とね。

やっぱ重くとも動きを感じさせる生きた線を引かねばね。

話は変わって

藤井四段は凄いね。どんどん勝ち続けてほしいね。

2017年06月25日

美しさ

20170625_083658

ハガキ 6月25日

生きるという美しさ

やっぱ生きているっていうことが美しさにつながるんだよね。

決して見てくれじゃないんだ、線の生命感だ。

生きてなけりゃ。

 

2017年06月24日

こころに響く

20170624_082443

ハガキ 6月24日

こころに響く

昨日の夜、妻と松元ヒロさんのライブへ出かけた。

久しぶりによう笑うたなぁ。

約2時間の漫談?だったがあっという間だった。

人を引き付ける話術、身振り手振りが素晴らしい。

笑ってばかりだったが、時折戦争反対のテーマだったりすると

本当にこころに響く話術だった。感動もした。

プロの力を見せつけられた感じだったなぁ。

いいライブだった。

2017年06月22日

そういうことなのか

20170622_080420

ハガキ 6月2日

そういうことなのか

日常の生活の中でねふとした瞬間に

あっそういうことだったのか

なんて合点がいくことあるよね。

そんな時は気持いいよね。すっきりするね。

しっかし将棋、藤井君すっごいね。勝ってもなお淡々としている。

すごい人間力だね。

2017年06月21日

大地を潤す雨

20170621_065946

ハガキ 6月21日

大地を潤す雨

昨日は久しぶりに雨が降って、少しは潤ったかな

まだまだ降ってほしいがな。

昨日夜もう布団に入ってたんだけど、ぐらぐらっと揺れた。

今朝のニュースでは大分みたいだ。

震度5弱

またかよ。

大分そして近辺の方々お見舞い申し上げます。

20170620_205323

All My Loving

先週松江に行くときにSAでビートルズのCDを買って運転。

のりのり。

以前はマイケルジャクソンを聴きながら行ってたけど

乗りすぎて2年連続で捕まったもんなぁ。

今回は安全運転でゆっくりと

大丈夫でしたよ。

やっぱビートルズはええわ。

2017年06月20日

期待の証

20170619_220719

ハガキ 6月20日

期待の証

教室で時々語気強く「もっと自分に自信を持ってください」

なんて檄を飛ばすことがありますが

決して怒ってるんじゃないんです。

本当に自信を持ってほしいんです。

自分がやってきたことを自信に変えて筆を持ってもらいたいんです。

「うまく書けませんでして」なんていいながら遠慮気味に作品を

出されたりすると「もっと自分に自信を持ってください」となるんです。

そう、期待の証なのです。

親父の目

20170620_090421

ハガキ 6月20日

親父の目

僕の心の中には親父の目があります。

作品を鑑別したりする時には

時に迷うことだってあるんです

そんな時親父だったらどう見るかななんて

考えるんです。

親父の目をとおして見るのです。

決断をしないといけないときにも

親父だったらどう考えるかななんて思う

んです。

親父の思想を思い出すんです。

会を作ったのは親父だから、今でもやっぱり

そんなこと思います。

 

2017年06月19日

執着心

20170619_071035

ハガキ 6月19日

執着心

自分の作品に執着心を持つことは、いいことだと思う。

今よりももっといいものがかけるんじゃないか、いや書いてやる

なんて思ってね。

途中で妥協してしまってね、なかなか執着心が持てないこともあるけどね。

昨日は松江を後にして帰宅20時30分。

丁度娘夫婦2組がやってきて、疲れもぶっ飛んだぜ。

 

2017年06月18日

島根講習会

20170618_103414

金曜日から松江に行ってきた。

到着後、爽風書道会の皆さんとの懇親会。

娘婿さんのお店で楽しい時間を過ごしました。

土曜日から講習会

皆さん、検定や社中展の作品まで一生懸命に書かれてました。

みんなレベルが高くなってきたなぁと率直な感想。

書にまつわるいろいろな話もさせていただきましたが

参考になったかなぁ。

20170617_091424

窓からのロケーションがきれいでした。

日本海を臨む会場

すぐ近くには海水浴場もありました。

帰りに寄ってみると子ども達か゛、きゃっきゃっと海で泳いでました。

2017年06月15日

裸の心

20170615_082340

ハガキ 6月15日

裸の心

やっぱ心は着飾ってないで裸がいいよね。

その裸を磨いていきたいもんだね。

きれいな心を持っていたいね。

2017年06月13日

一歩でも

20170613_075302

ハガキ 6月13日

一歩でいい前進すれば

昨日は防府教室

帰りは恒例の映画へ

『美しい星』だ。

三島由紀夫原作なんで興味がありました。

なかなか面白い

不思議な魅力ある内容でしたね。

面白かった。

ある日UFOに遭遇したお天気キャスターしてるお父さん、

それがきっかけで自分は火星人だと覚醒してしまう。

息子も娘もそれぞれ別のきっかけで水星人、金星人だと覚醒してしまう。

お父さんは温暖化がすすむ地球をなんとかして救わなければと一生懸命になるんです。それが滑稽でもあり、切なくもあり。

子ども達も覚醒してしまってそれぞれの事情の中で生きていく。

地球人はお母さんだけ。

お母さんも生活に一生懸命。

家族の在り方なんかよく描いてました。

じーんとするシーンも。

20170612_145231

梅雨に入ったもののたいして雨が降らん。

ええんかこんなことで

降る時期にゃ降ってほしい。

ダムなんか干上がってきよるで

20170610_075227

そうなんよ。

なるようにしかならんのよ。

じゃけえ起こりもせんことで悩んだってしょうがない。

なるようにしかならんのじゃけぇ。

その時になりゃ、なんとか受け容れながら

やっていくもんじゃっちゃ。

今日は午後から3m×5mの大作を書いた。

発表は大濤書展です

7/1~3まで

防府市アスピラートです。

お時間のある方はお越しくださいませ。

2017年06月08日

さむっ!!

20170608_080848

ハガキ 6月8日

さむっ!!

梅雨入りしたと思ったら急に寒くなったね。

上着着ちょらんにゃやれん

今朝も寒くって布団かぶってたもんね。

体調に気をつけよう。

2017年06月06日

不健全・不完全

20170606_080735

ハガキ 6月6日

不健全・不完全・不純もそれなりの美しさを持ってゐる。

(香月泰男)

そうなんだよなぁ、未完の美というのがあるんだよなぁ。

むしろ未完の方が魅力があるよなぁ。

 

2017年06月04日

苦難を・・・

20170604_073925

ハガキ 6月4日

苦難を避けず直進せよ(宮沢賢治)

昨日は京都駅前のキャンパンプラザにて関西古典研究会

そして今日は山陽小野田市にて古典研究会。

講師陣も受講生も一生懸命頑張りました。

課題古典は争坐位稿そして開通褒斜道刻石

担当講師は芳霞さん、毅童くん。

京都もこの3人が行った。

2人とも解説はわかりやすく、すばらしい講師ぶりでした。

古典を勉強するのは線の鍛錬をするためです。

決して臨書がうまくなるためのものではありません。

それをいかに自分の創作作品に生かしていくかがテーマです。

そういう意味ではみなさんによく理解していただいたかなと思っています。

20170603_095229

京都会場の様子

会場が素晴らしい。

芳霞さんの解説風景です。

20170603_095232

みんな一生懸命書いてます。

はじめて書くという方もおられますよ。

でも大丈夫、やってれば意外といけますよ。

20170604_111000

山陽小野田の会場風景。

こちらも熱気があります。

講師・助講師も活躍です。

20170604_111015

どんどん作品が出来ていきます。

特徴をとらえながら、いかにその特徴的な線を自分の作品に生かすかね取り入れるか。これがなかなか難しいのです。

でもみんな頑張りましたよ。

勉強の仕方もわかったかな。

たった1日の勉強では、ほんのさわりしかわかんないと思いますが、それぞれが家に持ち帰り、この勉強を継続していくことが大事なんですよ。

きっとつぎに繋がっていくと信じています。

古典の勉強って難しくて苦難にも似てます。

でもそれを避けずに直進するのです。はい。

2017年06月02日

土に還る

20170602_071050

ハガキ 6月2日

土に還る

昨日は衣替えだったね。

相変わらず暑いね。

昨日の教室夜の部はやっぱ冷房を入れた。

昨日の昼は突然外でギャーッて鳴き声がした。

窓を開けるとまたキジが遊びにきてた。

それもつがいで。

キジの声ってすげえな。

20170601_133408

一昨日は映画を観た

『ちょっと今から仕事やめてくる』だ。

すっごくよかった。

生きてると理不尽なこともあるし、苦しい悲しいこともある。

でも生きていく価値はある。

そう思わせてくれる映画です。

ぜったいおススメです。

生きてるっていいなぁ。

20170530_171352

月刊誌『玄游』が創刊500号を迎えた。

よく続いてきたなぁ。

父がいたら喜んだろうなぁ。

創刊当初は印刷費も払えず苦労したと言ってました。

会員のみなさんに支えられています。

これからも頑張ってつづけていこう。

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示