« 2008年07月 | メイン | 2008年09月 »

2008年08月28日

反古の山

2008_0828200808270001.JPG
ハガキ 8月27日
アトリエに散らばる反古。涙、歓喜、苦悩、爆発、破壊、自由のカケラ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
作品を書くっちゅうのは、苦しくもあり、楽しくもあり、
でも最終的には、やっぱり楽しくてしょうがないのです。

2008年08月26日

もうあきだね

2008_0826200808260002.JPG
ハガキ 8月26日
風が樹々の言葉運びます「もう、あきだね」「うん、あきだね」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝晩涼しくなりました。
チップの散歩も少しは涼しくなりました。
今週は玄游書展の受付です。
受付が終わったら、いよいよ会期までいそがしくなってまいります。
体を壊さないように充分注意していこう。みなさんもね。

2008年08月25日

常に憶う

2008_0825200808250002.JPG
ハガキ 8月25日
常に憶(おも)う
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
禅語です。いつでもどこでも思っている。ということです。
今日は、堀研先生と父・桂雪と母とで9/28の書と絵のコラボの最終打ち合わせに芸術村へ行きました。
タイトルは『龍虎の賦』(書に取りつかれた龍と画にとりつかれた虎が出会った)
にしました。
絶対面白いコラボになること間違いありません。お楽しみに。
多くの方に是非見てもらいたいと思います。見逃すと絶対損します。
自信をもって言えます。

2008年08月24日

情熱に彩られた夢

2008_0824200808240002.JPG
ハガキ 8月24日
情熱に彩られた夢
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
行って来ました。玄游京都地区展。
ちょうどスケジュールがとれたので、みんなを驚かしてやろうと、こそっと行きました。
日ごろゆっくりお喋りすることのなかった会員さんとも、たくさんお話も出来たし、
行って良かったです。
作品はベテランから初心者まで、星をテーマにバラエティーに富んだ書展だったと思います。何人かには作品の解説なんかもさせていただきました。
急にお邪魔したのにもかかわらず、夜は宴を催していただいて、おいしいお酒もいただきました。楽しかったです。
これからも皆さんには、情熱に彩られた夢をもって、ますます精進してもらいたいなと思います。
先日から、あたらしい小説を読んでまして、『八日目の蝉』という本です。
寝る前に、少しずつ読んでたんですけど、昨日からの京都行きで、車内で読もうと思って持って行きました。
残りの半分を行きに読みました。
さて帰りに半分読もうと思い、
綾部から京都まで、結構読んであともう少し、面白いところです。
京都駅で20分の待ち合わせ。
新幹線のホームの待合室で、20分あるんだからちょっと読めるなと思って読み始めました。
だんだん佳境に入り、気持ちも入っていったのでしょう。
夢中で読んでました。アレッと気がついたら45分たってました。
「くそー!やってもうた!」
おかげで新山口まで帰るのに1時間遅れちゃいました。
まあでも本は読み終えました。読みごたえある小説でした。
最近やってもうたが多いです。
新山口まで妻が迎えに来てくれ、帰りの車中。
下の娘は陸上の記録会に行くって言ってたので、
「今日、ユキ(上の娘)は?」
妻「今日はオープンキャンパスで学校に行っちょるよ」
僕「ふーん」
5分くらい経ったでしょうか。
僕「今日、ユキは?」
妻「・・・・????」
コッ怖い。
「やってもうた」はよくあるし5分前に話したコトも忘れてる始末。
ヤバイです。もっと頭を使おう。楽しちょったんじゃいけんどー。
京都2.jpg
書展会場
京都.jpg
学生展

2008年08月21日

心模様

2008_0821200808210002.JPG
ハガキ 8月21日
心模様
雲ひとつなく青空よ
こころいっぱいに拡がれ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ココ最近いろいろ会う人に
「先生、痩せました?」ってよく聞かれます。
はい、確かに痩せました。
でもほんの数キロなんですけど。
5月6月とちょっと体調をこわしまして、その時に痩せたまま体重がなかなか戻りません。
今日体重を量ったら2キロやっと戻りました。
いろんな人に心配掛けてますけど、大丈夫ですよ。
毎朝6時すぎに1時間ウォーキングも続けてます。
なかなか夏のプチマッチョ計画も難しいですね。
日焼けで顔と腕だけは黒いです。
プチのプの字もいきません。このまま秋のプチマッチョ計画へ移行されそうです。
そのうちプチマッチョ2年計画とかに変更されるかも。
でもまあ、がんばって身体動かしてます。間違ってもプッチョマッチョにならないように・・・・。
そして心模様はいつでも青空イッパイで頑張ろう。

2008年08月20日

閃光

2008_0820200808200006.JPG
ハガキ 8月20日
闇夜を切り裂く稲妻。眠った意識のなかに閃光が走る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
作品を書いているときに、だんだん自分を追い込んでいき、書き込んで、そして行き詰ったそのときに、こんな風に意識の中に閃光が走るようなときがあります。
それまで書いている作品とは全く違うものが閃くのです。たまぁにですよ。
そんなこともあるということです。
さて、今日は下の娘の誕生日イブ。
あすは夢見る15歳。
娘のリクエストで今晩の夕食は瓦そば。と誕生ケーキ。
2008_0820200808200004.JPG
小さな幸せです
2008_0820200808200005.JPG

2008年08月19日

逃げるなよ

2008_0819200808190003.JPG
ハガキ 8月19日
逃げるなよ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やろうと思ったことからは
逃げるなよ。
やらんにゃいけんことからは
逃げるなよ。
あたえられたことからは
逃げるなよ。
期待から
逃げるなよ。
いやだと思ったことからも
逃げるなよ。
前向きに、前向きに、
そしたら楽しめる。
休みたいと思ったら休め
でも、逃げるなよ。
「おい、お前」
「えっ?オッオレ?」
そうです。自分自身に言っているのです。

2008年08月18日

スイカ

2008_0818200808180001.JPG
ハガキ 8月18日
真っ赤に熟れた西瓜がシャリッ・ショリッと口に心にしみる真夜中十二時
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近、西瓜を良く食べます。ほとんど毎日食べてます。
先日は、妹のお義父さんが作られた黄色い西瓜を食べました。これも良く熟れて、甘くて美味しかったです。西瓜は大好きです。
今日の話題はそれだけです。はい。
ハガキも「スイカじゃけぇその色なんじゃろ。そのままじゃん!」って言われそうです。
発想が貧困です。すみません。

2008年08月14日

まだまにあう

2008_0814200808140001.JPG
ハガキ 8月14日
まだまにあう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いま、お盆休みです。
でも月刊誌の原稿をせっせと作ってます。
いつもいつも、締切りいっぱいいっぱいで仕事してます。
僕のだらしないところですが、仕事をあとにまわしながら、『まだ間に合う、まだ間に合う』なんて思いながらやってます。
でもね、いい意味では『まだ間に合う』って前向きですよねぇ。
諦めて無いんだから。うん、まだ間に合うんですよ。
そう思いながら日々仕事してます。

2008年08月12日

不失花

2008_0812200808120019.JPG
ハガキ 8月12日
失せざる花(無くならない花)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世阿弥の『風姿花伝』のなかの言葉だそうです。
いつまでもなくならない花、まことの花ということです。
芸の稽古につとめ励んで『失せざる花』にならなければならないということだそうです。
年とともに内面的・精神的な美、人間的な魅力を深めるよう精進せよということだそうです。
まさにそうですよね。内面をもっともっと磨いて、それがまた作品に自然にあらわれるようになりたいものです。
さて、今日は午前中、山陽小野田市の市民憲章の除幕式がありました。
揮毫は父・桂雪です。
市民憲章は昨年作られたのですが、それを作るときから父も関わっておりました。
いたって短い文章で、わかりやすく素晴らしい市民憲章だと思います。
地元に住んでいるものとして、山陽小野田市が魅力的な市になるよう、われわれは文化的な面からも微力ながら頑張っていきたいと思います。
2008_0812200808120004.JPG
除幕の瞬間です。
2008_0812200808120018.JPG
2008_0812200808120015.JPG

2008年08月11日

稲穂の海

2008_0811200808110005.JPG
ハガキ 8月11日
あおい稲穂の海を吹きぬけてゆく真夏の風
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は朝から秋吉台芸術村へ。
こんど9月28日に、そこで父(桂雪)と画家の堀研先生が書と絵のコラボをやるので、その会場になるホールの下見と写真を撮りに行ってきました。
詳しくはまた9月に入ったら告知しますが、みなさん今から予定空けておいて下さい。絶対に見ごたえあるものになります。
午後は防府教室なので、そのまま教室へ。
秋吉から防府までの道で田園風景もありますが、車から見ると、あおい稲穂がさわさわと風に吹かれています。
今日のドライブのお供は、以前B・Hさんからいただいた浜田省吾のCDです。
心地よいドライブでした。
あっ、以前よさこいのチーム名を書いてTシャツになったの紹介したことがありますよね。同じ字でそのチームの旗が出来たそうです。教室に持ってこられたので、写真を紹介します。タテ2mヨコ4mの大きいものです。
ゲイジュツムラ.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ゲイジュツムラ2.jpg
芸術村入り口です。
ゲイジュツムラ3.jpg
会場のホールがある本館です。

2008年08月10日

黄金の夕焼け

2004_0101200808100002.JPG
雲の切れ間を縫って黄金の光を放射する夕暮れの太陽
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
毎日書道展の60回記念鹿児島展に出品した作品です。
半折1/2の作品です。

2008年08月08日

これでいいのだ

2004_0101200808080001.JPG
ハガキ 8月8日
これでいいのだ(赤塚不二夫のバカボンのパパの言葉)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今日は午前・宇部、午後・岩国教室。
昼から岩国へ向けて高速を走る。
もう眠くて眠くて、ときどきうとうとしてました。
昨日は、娘を夢見る18歳と書きましたが、今日は夢見るオッサンです。
これはいかん、このままだと永遠に夢見るオッサンになってしまう。
佐波川Pで1:30分。よし30分は休めるなと思って、車の中でちょっと横になりました。・・・・・・・
気がついたら2:30分!
「ドヒャー、うわっうわっ。やってもうた」
岩国教室は3時からです。
眠気覚ましのドリンクをキュッと飲んで、飛ばしましたね。何㌔かは書きません。
飛ばしてる時に何故か昨日のニュースでの赤塚不二夫さんの葬儀の様子を
思い出しました。
そういえば子供のころは、赤塚不二夫さんのギャグマンガよく読んでたよなぁ。
ニャロメとかベシはいまでも書けますよ。
子供の頃の写真にはシェーのポーズしたやつもあります。
タモリさんの弔辞のなかで「あなたは、すべての物事について肯定的に、前向きに受け入れられてました。それは見事に一言で言い表してました。すなわち『これでいいのだ』と」と言われてました。
うーん、よく考えてみれば、そうだよなぁ「これで いいのだ」
まさに禅語のようです。バカボンのパパは深い。いやいや赤塚不二夫さんは深い。
そんなコト思いながら教室へ。
あと15分くらいで着きそうなときに、生徒さんに電話して「すみません15分くらい遅れそうです。」
心は焦ってます。一般道でいよいよ教室に近いあたりにくると50キロ制限の道を40キロでのんびり軽トラが前を走ってます。
僕は焦ってます。イライライライラ・・・・・・・。
追い越し禁止の道です。でもエエイ行っちゃおうか、いやいや、いけんいけん。
なんて心の葛藤をしながら後ろをぴったり走ってました。
うーん、ガマンの限界・・・なんて思ったその時、道路そばの空き地でパトカーが

ウワッ良かったー。
そのとき限界で追越してたら、まずアウト。もしその前に追越してても、たぶん飛ばしてるからスピード違反でアウトでしょう。
そのときまた思い出しました。「これでいいのだ」いやいや「これでよかったのだ」
ありがとう。軽トラのオッチャン。(オッチャンかどうか知らんケド)
そんなわけで教室終了時間も当然オーバーしちゃいました。
岩国教室の方には、ほんとご迷惑かけました。
さて帰り。また夢見るオッサンにならないように矢沢の永ちゃんのCDをかけます。
なつかしい歌を聴きながら快適に帰ります。カーオーディオからは永ちゃんの渋くてカッコイイ歌声が「飛ーばすぜ、ハイウェイ」「稲妻のハイウェイ」聞こえます。
たまに聞くと、20代の頃を思い出します。
今日は早く寝よっ。
明日は朝早くから、仕事が待ってます。通信教育の手本も書かなくっちゃ。
すみません、遅れちゃって、明日には送ります。
おやすみ。

2008年08月07日

やま

2004_0101200808070001.JPG
ハガキ 8月7日
やまはなつ にゅうどうぐもの ぼうしがにあう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・谷川俊太郎さんの『やま』より
きょうは旧暦の七夕。
そして我娘の18歳の誕生日。夢見る18歳。
山陽小野田市の七夕花火が開催なので、娘達はそれぞれ遊びに行ってます。
妻はバザーの参加で行ってます。
僕は仕事で家にいます。
20時すぎ花火がドーンドーンと鳴り出しました。
チップはビビッてそわそわ。仕方ないので散歩に連れ出しました。
さてさて、報告し忘れてました。
先日の大濤書展のチャリティーで16万円を寄附することができました。
毎日新聞を通じて寄附させていただきました。
色紙を希望してくださった方の気持ちをそのまま寄附させていただきました。
ありがとうございます。今日の毎日新聞に寄附の記事がでてました。
おまけに昨夜、娘の誕生日ケーキを家族で食べました。(一日早いけど、今日はみんなバラバラなのでね)
やの・やまもとさんコメントありがとうございました。喜んでいただけたら、なによりです。
2004_0101200808070003.JPG
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2004_0101200808070002.JPG

2008年08月05日

簾外の薫風

2004_0101200808050002.JPG
ハガキ 8月5日
簾外の薫風に燕語り、庭前の緑樹に蝉鳴く
(すだれの外では温暖な夏の風がそよぎて、燕が鳴き、庭前の青々した樹間では蝉が鳴いている)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
っていうような爽やかさじゃないですよねぇ。毎日毎日・・・・ねぇ。
雨も降らんし、我が家は東側の窓には、よしずをかけてます。
風はクソ熱い夏の風。
庭の蝉は朝早くから、ワシワシ・・・・、ミーンミーン・・・・、ジージー・・・・、
風流を通りこして、うるさいうるさい。蝉の鳴き声だけで暑さが増すような気がします。
せめて作品は涼しげにと思って書きました。

2008年08月04日

潮風

2004_0101200808040001.JPG
ハガキ 8月4日
潮風  しおかぜがとおりすぎます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は、防府教室。
いつものように途中、海の見えるPでちょっと休憩。
ギラギラ暑いのですが、爽やかな潮風が体を通り抜けます。
稽古が終わって、帰路に。
30分くらい走って、「ん?」
忘れ物に気付きました。
また教室にもどります。合計40分は無駄に過ごしちゃいました。
大濤展のブログハガキの発送、もう少し待って下さい。
2、3日内には送りますからね。
lilyさん、初コメントありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

2008年08月03日

星ひとつ

2004_0101200808030001.JPG
ハガキ 8月3日
暗闇のなか たったひとつの星が光っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は錬成会。ちょっと人数は少なめでしたが、みなさんなかなかいい作品を書かれてました。
皆さんが書いているところを見ると、自分も書きたくなってきます。
錬成会が終わり、県知事選の投票へ。
これも一県民としては、絶対に行きますよ。
夜、番犬にもならない癒し系愛犬チップと散歩。
今日は昔懐かしい、ドナ・サマーを聞きながら散歩です。
のりのりのテンポで歩きます。夜空を見上げると曇ってて真っ暗。
ひとつだけ星が光っています。
一昨日、鹿児島から先日絵付けした薩摩焼が送られてきました。
20センチ四方の陶板です。
下の写真。いずれ額にいれます。
2004_0101200808030002.JPG

2008年08月02日

汚れのない心

2004_0101200808020003.JPG
ハガキ 8月2日
真っ白な汚れなき心
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は時間があったので、夕方から妻、娘達と映画を見に行きました。
『崖の上のポニョ』です。
ストーリーもいたって単純で、解り易かったです。
小さな子供達も沢山見てました。あちこちで、子供達の笑い声が聞こえます。
僕はというと、笑うこともあるけど、宗介とポニョが可愛すぎて泣けてしまいます。
小さな子供達は心も純真無垢だから素直に見て楽しめるのですね。
僕は、やっぱり心が汚れてるもんで、純真なものを見るとうるうるします。
明日は本部、芝英書道会の錬成会。よく動こう。

月別バックナンバー

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2
著作権表示